しずる!写真グルメガイド

オススメのレストランとメニューを写真で紹介する”本能直撃”グルメガイド。

大井町・しゃぶしゃぶ&すき焼き「B&M 151A」3

【2011年1月再訪】


元です。

「ブロガーおすすめのひとり飯」でも紹介した、格安しゃぶしゃぶがオススメのB&M151A。大井町周辺では昔からメジャーなステーキハウスB&Mの別業態。オススメはしゃぶしゃぶだし、ディナーはそれ目当ての人が多いが、昼はハンバーグやステーキが主体。近くに寄ったついでに子連れランチでここに来たのだけど、久しぶりなもんで、やはり昼からしゃぶしゃぶを選んでしまう。価格は昼も夜もほぼ同じだが、内容は夜の方がいいので、夜のほうがオススメ。夜のほうがお得というのは珍しいパターンだ。

こちらは、白ワインを鍋に入れるようなしゃぶしゃぶの食べさせ方や、前菜やデザートの手の込みようが特に光っている。それが、豚バラの場合2,000円を切る値段の中に収まっているから驚くね。

NEF

豚バラしゃぶしゃぶ(1,980円)は、SPFポーク使用。

 

続きを読む

枝川・焼肉「大喜(たいき)」3

【2011年2月再訪】

元です。

ご近所のリトルコリアンタウン枝川。コリアンタウンとはいっても静かな住宅街の中に5〜6軒の韓国料理と焼肉店が点在する、ちょっと不思議な場所だが、豊洲の発展とともに、このエリアのメジャー度も高まっている。いくつかあるお店の中でも僕がNo.1と思うのが大喜。中でも、特選カルビと特上ハラミがオススメ。”特”のつくメニューだが、値段も1,000円台と決して高くない。今回は、会社の豊洲付近住人が集まった会にて。

DSC_0162

特選カルビと上タン塩、特上ハラミの盛り合わせが運ばれると、幸せな気分に満たされる。

続きを読む

赤坂・韓国料理「一龍別館(イチリュウベッカン)」3

【2010年11月再訪】


元です。

疲れているときや二日酔いの赤坂で、「体に優しい食事がしたいなあ」というときの最初に思い起こす店、一龍別館。一龍本店も、別館と同じビルに移っていて、1階の雪濃湯(ソルロンタン)専門店と4階の色々揃えているお店、という体制になっている。

DSC_0504

ネーミングがピッタリの、見るからに体に優しい白いスープが、体に染みる。

 

続きを読む

TAP PROJECT 2011 協力していただけるレストラン募集中!


【しばらくトップに表示させてもらいます】

元です。

食いしん坊も、自分が楽しむだけじゃなく、もっと社会性を持てないか?そんなことを思いながら、普段ブログを書き続けているわけです。でももっと積極的な社会貢献につながる活動もあるんです。それが、TAP PROJECT 2011という、レストランを舞台としたチャリティイベント。今年から僕もそのメンバーとしてお手伝いをしています。

「レストランで飲める無料の水を飲む時に、清潔な水が飲めない人々のことを考え、寄付をしよう」という、活動です。今年は3月19日〜27日の9日間限定。素晴らしいレストランから、続々と参加表明していただいていますが、より多くの飲食店に参加いただきたく、募集中です。それほど、面倒なことはないので、是非参加下さい。申し込みはこちらから

マダガスカル(支援先)の子供たちのために、ご協力お願いします。 

台湾・雲南料理「人和園雲南菜(ユィンナン・レンハーユェン)」3

【2010年10月訪問】

元です。

”雲南料理”というあまり聞きなれない中国料理の店で、近所の元CAさんが「台湾へのラストフライトは、絶対ココ!」と、強烈にオススメしてもらったのが、台北の人和園雲南菜(ユィンナン・レンハーユェン)。雲南地方で取れる珍しい食材や香辛料を使った料理を提供してくれる。これらが、シンプルだけど実に美味しい。ビールにあうつまみが多く、出張終りの空いた時間にぴったり。お店も品がよく会食にも向いていそうだ。

椎茸とタケノコ炒め02-1

最も印象に残ったのは、椎茸炒め(208元)。 ピリ辛のフライドポテトならぬ、フライド椎茸。筍の旨みが強く、砂糖の甘みと塩の具合、揚げ焼きされた香ばしさが抜群で、ビールにピッタリ。エリンギの食感のような椎茸のこの料理、東京でファーストフード化されたら売れるんじゃないか?続きを読む

池尻大橋・フランス料理「OGINO(オギノ)」5

【2010年11月訪問】


元です。

色々なジビエをこれでもかというほど、お腹いっぱい楽しみに行った11月のOGINO。熟成の深い鳩や、ジビエのパイも楽しむ。甘みも旨みもほろ苦さも全部一緒になった力強い味は、決して喉の通りのいいものではないが、命を取り込むエネルギッシュな満足感がある。また、魚料理の美味しさに新しく開眼させられた訪問にもなったぞ。

DSC_0469

いつも通り、妻と弟夫婦で訪問し、ワイワイと食べる。

 

続きを読む

親も幸せな子供の街、キッザニア

元です。
メキシコからスタートした、子供の職業体験エンターテイメント、キッザニア。オープンから4年を過ぎても大人気のテーマパークで、せっかく近くに住んでるのだからそのメリットを最大限活用するぜと、子供の適齢を待っていた。最近ようやく、行って意味がわかりそうな年になったので、予約をして行ってみたのだが、想像以上に楽しい。子供はもちろん楽しんでいるのだけど、親も相当に楽しいのだ。各アクティビティには、親は一切関与することが出来ないようになっているのもいいね。

NEF

親はガラスの外からアクティビティを見るのだけど、ユニフォームを着る子供は可愛く、たくさんのレンズが中の子供に向けられる。親にとっては、子供を写真館につれていくのと同じ楽しさが設計されているんだな。
続きを読む

恵比寿・イタリア料理「DAL-MATTO(ダルマット)」3


【2010年10月訪問】

元です。

夜遅い時間でも、しっかり美味しい料理を食べたい。そして深夜らしくワインをガバガバ飲みたい。そんな深夜族のための理想的な店として人気が続くDAL-MATTO(ダルマット)西麻布のお店に続く恵比寿店は、1階と地下の2階分のスペースを、食後のデザート&お酒のスペースと、食事のスペースとして2つにわけている。そのことでお店のオペレーションのよさと、客としての雰囲気の違いを楽しみを広げるという上手な工夫をしている。

コースは西麻布よりやや高めの5,500円。料理内容は仕入れの状況次第。

DSC_1218

友人の結婚式の打ち上げでお呼ばれした、大勢でのワイワイ飯。みんな酒飲みということで、こちらがセレクトされたと思われる。続きを読む

目黒・立呑ビストロ「SHIN」3

【2010年8月訪問】

元です。

立ち飲みらしいワイガヤの雰囲気で雑然としており、そのくせつまみの水準は高く、ワインも泡も含めて14種類グラスで用意している。それ故当然人気店で、常に人で溢れているし、人が入ろうと試みては諦めていく時間が続いていく。そんな立呑ビストロSHIN

だけどのこの雑然感がとても居心地いいのは、お店の方も活気があって、上手にお客さんとのコミュニケーションをとっているから。お店の中でというより、お店と一緒に飲んでいるような感覚を覚える楽しさがある。

この日は、Antica Trattoria Nostalgicaで食べた後、もう少し飲もうと食いしん坊仲間で。

DSC_0605

棚には、フランスのミシュランガイドが置いてあったりして、チラ見しながら飲んでみたり。 続きを読む

いわき・鮨「いとう」4

【2010年3月再訪】


元です。

もう既に1年ほど前の訪問だが、いわきのお気に入り鮨店いとうのお話。鮨の経験は浅いのだけど、こちらは自信を持ってオススメできる。ちゃんとした江戸前の仕事で旨い鮨を食べさせてくれる上に、つまみには地物を使い、鮨としての美味しさと地方ならではの味を楽しめる。シャリとネタのバランス、仕事の具合も好みにハマる。東京では1.5倍はするであろう値段のリーズナブルさも嬉しい。まぐろは近海の黒鮪を使っているが、鮨のお任せは5,250円〜、つまみ含めたお任せは8,400円〜だ。

DSC_2090

弟の住むいわきへ飯を食いに行こうと思い立ち、ワッシー夫婦と、ごうカップルも一緒に1泊旅行。とろろや半兵衛など、食べまわる。

 

続きを読む
しずる写真
食べログに参加してます
Blog内検索

しずる!検索 WWW検索
Twitter
問い合わせ
最近のコメント
しずる!人気レストラン
月別の記事
エリア・料理別記事
しずる!写真グルメガイドとは?

しずる【sizzle】とは、もともと英語で肉の焼ける「ジュージュー」という擬音語。「本能的に食欲をそそる、官能に訴える」という意味の言葉。

とにかく食べる事に貪欲な2人が、東京を中心にお勧めのレストランを、”本能を刺激する写真を通じて”紹介するガイドです。お店だけでなく、そのお店のオススメメニューを紹介。

【オススメ度】の目安

★★★★★ カテゴリーの最高峰で、他の追随を許さない店。最後の晩餐ならココ。
★★★★☆ 複数の観点で満足度が高く、通い続けたい愛すべき店。
★★★☆☆ 特徴が立っており、人に薦めたいと思う優良店。
★★☆☆☆ 基準となる可も無く不可も無い、多数派を占める店。
★☆☆☆☆ 存在意義を感じない店。

*文章・写真の無断転用を禁じます。使用したい場合はメールを下さい。
げんプロフィール
ランキングなど

食べログ グルメブログランキング

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログパーツ
  • ライブドアブログ