しずる!写真グルメガイド

オススメのレストランとメニューを写真で紹介する”本能直撃”グルメガイド。

感動の結婚式とちびっ子紳士

元です。

友人よう君と景子ちゃんの結婚式で麻布十番へ。初めての子連れ結婚式だったが、うちのガキンチョは意外にも紳士で過ごしてくれた。いちごをもらいに各テーブルを回ったことを除いてはね。結婚式の参加者は、新郎新婦やそのご家族、友人たちが、みんなそろって人柄がいい。挨拶も、催し物も、ひとつひとつそのいい人柄が全面に出てくるもので、いちいち心があったまる。誰もが”こんな結婚式をしたい”と思えるだろう最高の式だったな、うん。

意地汚い僕としちゃあ、ラトゥールの70年代ビンテージが飲めたことも印象的だったのだが。

NEF
 
空も晴天の祝福。 続きを読む

代々木上原・中国料理「飄香(ぴゃおしゃん)」4

【2010年6月訪問】

元です。

銀座三越への出店2店目となった飄香。メニューの構成には違いがあるのと、銀座価格でやや高めなのを考えると、やはり代々木上原に行きたくなる。乳酸発酵唐辛子、トーチ、紫蘇、黒酢、山椒などの調味料と素材を巧みに組み合わせ、一皿ごとに新しく、同時に完成された料理として供されるお店。四川をベースにしながらも、創意溢れる温故知新の数々。中国料理にありがちな、のっぺりした近い印象が続くことは一切なく、料理を食べるたびに新鮮な驚きと美味しさに感動してしまう。 

辛いものもあるのだが、「辛い」という印象より「香辛料の味と風味がする」という印象が不思議。本来唐辛子がもつ旨みと甘みを上手に引き出しているのかもしれない。

DSC_0801

例えば、黒酢の酢豚上海スタイル(1,600円)は、黒酢を煮詰めすぎない軽やかな使い方が特徴的で、素材の味がしっかり立っている。ざっくりと大ぶりに切った野菜の味も食感もとてもいい。 続きを読む

恵比寿・カレー「吉柳(きりゅう)」3

【2010年10月再訪】

元です。

恵比寿の駒沢通り沿いという分かりやすい場所ながら、看板も見つけにくく、細い階段を上がったところにひっそりとある吉柳(きりゅう)。外観や内装からはなんのお店かわかりにくい和風のカウンターとお座敷のお店。カレーがメインのお店だが焼魚定食もあり、節操無くも見えなくないが、ここのカレーはスパイシーでなかなか美味しい。カレーのお米が、白米、麦、玄米、七穀から選べるのも特徴的。 

チキンカレー02
 
ランチで食べるカレーにはお味噌汁と食後にチャイが付く。チキンカレー(850円)をオーダー。続きを読む

美瑛に負けない豊洲の景色

元です。

“美しく、明朗で王者の如し”という意味から字を当てられた美瑛(びえい)。こちらの風景のスケールと美しさはまさに名前の通りだ。富良野や、旭川とセットで語られることが多いけど、実は美瑛メインで十分な町。景色以外にも食も充実してきている。ここ数年は食関連の雑誌でもこの土地の名前を見るようになった。地産地消レストランや、オーベルジュには最高の土地だしね。

出張だったのでここで食を楽しむことはできなかったけど、移動中の景色だけで十分楽しめた。

DSC_0414

空は広いし、緑の土地のゆるやかな曲線は心がなごむ。セブンスターの木や、ケンとメリーの木とかは、実物見てもピンとこないのだけどね。 続きを読む

新橋・割烹「ひろ作(ひろさく)」4

【2010年3月訪問】

元です。

とんでも無く素晴らしいランチはこの店をささずしてどこを、という「ひろ作(ひろさく)」。2,000円(現状は値上がり?)で7品出てくる上に、どれも丁寧に手をかけて出される。昼からお酒が欲しくなってしまうこと請け合いの上質ランチだ。締めの蕎麦も美味しく、この蕎麦だけでお店がひとつ成り立つかも、という具合だ。

せいろ01

席について、一皿食べるごとに顔がほころぶ。 続きを読む

人形町・ラーメン「げんまん ど・みそ」3

【2009年12月訪問】

元です。

大分前ですが。人形町のラーメン天「げんまん ど・みそ」。京橋の優雅なイタリア料理「フィオレンツァ」の正面にある入り口から出口までが一方通行の狭小ラーメン店「ど・みそ」。それが人形町に進出したのが昨年だ。

ど・みそは、店名通りみそラーメンが主力だが、げんまんど・みそには担々麺がある。胡麻よりも味噌の味が立った担々麺。

DSC_1224

とろみのある濃厚なスープによく合う、太めの縮れ麺。抑えめの辛さ、干しえびの香ばしさ、ネギのしゃきしゃき感がとっても美味しい独特の担々麺。 続きを読む

赤坂・焼肉「草の家(くさのいえ)」3

【2010年10月訪問】

元です。

赤坂ランチ焼肉の草の家(くさのいえ)。老舗の焼肉店で正直ナメていたのだが、実は抜群のハラミをランチから食べられることに感動。今まで軽視してたのを謝りたくなってしまう。ずっとすぐ側にいて待っててくれていることに安心しきって、つれなくしてた女性の、素晴らしい一面を発見したことで、これまでを取り戻すかのように愛情を注ぎたくなる、そんな感じ。

ランチメニューには乗ってないかもしれないが、お願いして夜メニューの塊のハラミをお願いする。 

ハラミ03

ボリューム感があまり伝わらないけど、結構な大きさ。焼くのに時間が掛かるから、昼からロースターと真摯に向き合う状態に。 続きを読む

最上階の台湾と地に足のついた台湾

元です。

久しぶりの出張は台北。なんせ15年ぶりなんで、その当時はなかった台北101に、時間を見つけて行ってみたりする。ドバイのブルジュ・ハリファに抜かれるまでは、世界一の建物。尋常じゃなく視野が高いし、眼下の建物はミニチュアにも感じ無いほど小さい。そう考えると、スカイツリーの展望台は、東京タワーのイメージとは全く違う新しい体験かもしれない、と完成する前の勝手な疑似体験。

DSC_0041

日本語での音声ガイドもあって親切。 続きを読む

西麻布・無国籍料理「HALE海’s(ハレカイズ)」3

【2009年12月訪問】


元です。

和食だとか、ハワイアンだとか、無国籍料理だとか。この店のカテゴリーは色々なな言い方があるかも知れない。だけど僕にとっては、”何を食べても美味しい創作料理の居酒屋”と捉えるのが一番しっくりくる。 西麻布らしく深夜まで営業していて、豊富な料理メニューは、ウニ、イクラ、牡蠣、白子、串焼き、パスタ、なんだかどれも直球で胃袋を刺激してくれるメニューばかりだ。お店は肩肘はらないワイガヤの雰囲気。これを居酒屋と捉えないで、なんと捉えるのか。

そして、何を食べても居酒屋とは思えないほど手をかけた美味しい料理が食べられる上に、リーズナブル。遅くまで働く人々の明日の活力をチャージする箱のイメージがぴったりだ。

愛媛産スミイカの刺身うに風味のアイオリソース750
 
スミイカの刺身だが、胡瓜や海苔、糸唐辛子でアレンジされている上に雲丹風味のアイオリソースで食べる(750円)。これひとつとってもヨダレが出そうだ。

 

続きを読む

牛込神楽坂・イタリア料理「CARNEYA(かるねや)」3

【2010年7月訪問】

元です。

荒削りながらも、肉への愛と今後の期待を抱かせるイタリア料理のCARNEYA(カルネヤ)。 CARNE=肉、という店名の通り、肉に拘るお店だ。「ヤキニクチーナ」という焼肉メニューカテゴリーがあるところに、お店の「肉を食べて欲しい」という姿勢が見られる他、前菜やパスタ、メインといったメニューにも、肉がずらりと並んでいる。

焼肉はワインとの相性が抜群なのにもかかわらず、いろんなワインと合わせて焼肉を楽しめる店は、高級接待系に限られる現状がある。焼肉を中心とした肉とワインを楽しむ店としても価値がある。

カルネヤオールスターズ5800-01

そしてヤキニクオールスターズという、盛り合わせのお肉メニューがあることも嬉しい。 続きを読む
しずる写真
食べログに参加してます
Blog内検索

しずる!検索 WWW検索
Twitter
問い合わせ
最近のコメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
しずる!人気レストラン
月別の記事
エリア・料理別記事
しずる!写真グルメガイドとは?

しずる【sizzle】とは、もともと英語で肉の焼ける「ジュージュー」という擬音語。「本能的に食欲をそそる、官能に訴える」という意味の言葉。

とにかく食べる事に貪欲な2人が、東京を中心にお勧めのレストランを、”本能を刺激する写真を通じて”紹介するガイドです。お店だけでなく、そのお店のオススメメニューを紹介。

【オススメ度】の目安

★★★★★ カテゴリーの最高峰で、他の追随を許さない店。最後の晩餐ならココ。
★★★★☆ 複数の観点で満足度が高く、通い続けたい愛すべき店。
★★★☆☆ 特徴が立っており、人に薦めたいと思う優良店。
★★☆☆☆ 基準となる可も無く不可も無い、多数派を占める店。
★☆☆☆☆ 存在意義を感じない店。

*文章・写真の無断転用を禁じます。使用したい場合はメールを下さい。
げんプロフィール

げん

食べる事、特に焼肉が好き。大勢で食べ「全メニュー制覇」を狙う「焼肉倶楽部」/癒し系ラウンジ「Lounge406」(終了)/オトナの修学旅行・オトナの運動会など「オトナ企画」主催。

ランキングなど

食べログ グルメブログランキング

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログパーツ
  • ライブドアブログ