【2010年2月再訪】

元です。

銀座の貴重な文化財とも言える大衆食堂「三州屋」。一冬に一度はこちらでカキフライを食べねばと思う店。銀座周辺にいるときに、コアタイムに食べ損なったランチ店としても、遅めの営業をしているこちらは貴重。

カウンターに座って、「カキフライ」を注文し、おびただしい数のメニューを見回して「次回はあれもいいな」と思うのだが、結局冬場はカキフライに落ち着くのが毎度のこと。久しぶりに「鶏豆腐」も追加してみる。

R0022920

無愛想に盛られたカキフライだが、ボリュームも衣のサックリ感も、噛んだ後に広がるジュワーっとした牡蠣の豊かな風味も、すべて完璧ですな。

R0022921

タルタルソースは置いていない。佇まいも、最小限の要素で最大限の美味しさを提供するところも、古きよき食堂だ。

R0022922

やや頼みすぎの感もあるが、鶏豆腐も。添えられるポン酢につけるよりも、優しいそのままのお出汁を味わうのが好み。

ちなみに、年に1度ほどやってくる「夕方明るいうちに仕事を終えて飲む」という状況でもこちらは活躍してくれる。


【2007年12月再訪】

元です。

銀座の中にあって、銀座のイメージとは一線を画すThe大衆割烹。僕はもっぱらランチで利用しているのだが、メニューひとつひとつがしっかり美味い。「三州屋」で検索すると、新橋やら八重洲やら六本木やらあちこちにあるようだが、僕が行くのは銀座1丁目の並木通りじゃない方。

これらって全部系列店?

いつもは定食に肉豆腐をプラスするのが多いけど、kyah朕さんのブログに影響されて牡蠣フライモード。

071204三州屋カキフライアップ.jpg

相変わらず美味いここの牡蠣フライ。衣が立っていて見るからにサックリなんだけど、衣自体は薄くてもったりしない。中の牡蠣もなんとも大ぶりでふんわりクリーミーな牡蠣。ソースで食べる牡蠣フライはごはんが進む。

071204三州屋カキフライ定食.jpg

1,100円でごはん、赤だしなめこのみそ汁、お新香が付く。ぶっきらぼうなおばちゃんの対応も、相席前提の手狭な長テーブルも、この店の味わいとして好感が持ててしまう。velviaもitociaもマロニエゲートもいいけど、こちらも岩戸と並んで銀座の貴重な資産。

オススメメニュー:鶏豆腐、牡蠣フライ(ランチ)
オススメ度:★★★☆☆
予算:1,000円くらい(ランチ)
銀座・割烹「三州屋」
03-3561-7718
中央区銀座1−6−15


拡大地図を表示


【2005年3月訪問】

050125三州屋のれん

三州屋 京橋での仕事後、銀座まで足を伸ばしてランチ。銀座とはいっても、いい意味で”らしくない”お店。ぶり照りの定食と先輩が「これを食べろ」と言う鶏豆腐を食べる。

 050125三州屋ぶりてり

050125三州屋鶏豆腐