【2010年2月再訪】

元です。

週末の友人達とのランチで向かったダバ・インディア。オープンの12時直前には、店の前に客がわらわらと集まってくる。

DSC_0621

インド料理は特別好きなジャンルでもない、と思っていたが、その考えを覆されたのがこちら。カレー以外の魅力的なメニューが揃い、インド料理の新しい魅力を教えてくれる。

DSC_0629

タンドリーチキンは、しっかり辛いけどもヨーグルトの酸味や香辛料の味わい深さ、肉のジューシーさ、とってもいいね。

DSC_0628

こちらのお店で最も印象に残るメニューであるドーサ。マサラ、キーマ、オニオンなど選べるが。このクレープ部分がそもそも抜群にウマイ。家でも作りたいという妻が調べると、豆の粉を使っていて、素材を仕入れるのがどうやら難しいみたいだ。屋台の焼きそばを作るような鉄板で、しっかりした量の油で揚げるように焼き上げる。

DSC_0626

マサラドーサと、もうひとつは、オニオンチーズドーサ。

DSC_0625

他のテーブルに運ばれる料理、気になるよなー。坊主のおふたりさん。他にも定番のミールスを味わって帰る、実に満足。

DSC_0624

グランドメニュー。実にバラエティの広いインド料理。

DSC_0623

週末のランチメニュー。ミールスを頼んで、グループで行く場合は、その他の単品でドーサを頼むことが多い。


【2008年12月再訪】

ミールス、ドーサ、パパド、インド料理の新しい魅力を教えてくれる南インド料理のダバ・インディア。いわゆるインド料理の内装とは違う、天井が高くブルーのキーカラーで洗練された店内もなかなかよい。ミールスのカレーを好きな味にブレンドする”卓上ミックス”の楽しみもあり、そして何よりウマイ。

インドカレー好きの妻と週末の早めディナー。子連れの我が家にとっては、店の前にパーキングメーターがあり、ランチや早い夕食でちゃちゃっと食べて家路につけるこの店はうれしい。

081227ダバインディアミールス

休日のホリデイランチミールス(1,600円)。インド料理の礼儀(?)にならって今回は手でバスマティライスとカレーを手で混ぜながら頂く。カレーは色々混ぜて試すが、結局全部混ぜ、がウマイと思う。酸味の立ったカレー、香ばしさが立ったカレー、辛みが立ったカレー、色々混ぜて、ぶつかり合うのでなく高めあっているタイプ。煮込み料理ってのはそういうものかも。

081227ダバインディアドーサ

子供用には、プレーンドーサのハーフ。ハーフでもビッグサイズ。ココナッツのペーストは、うちの子もパクパク食べる。

081227ダバインディアミールスカレーなど

やっぱりココ、間違いない。


【2008年8月再訪】

元です。

平日ランチ経験のみのこの店に、夜初訪問。わかったのは「ああ平日昼だけじゃ、この店の魅力は全く持って理解できてなかったな」ということ。インドカレーの店というカテゴライズでは、店に失礼ってもんだ。ドーサはスナック的だし、ミールズは現地では庶民の定食なのかもしれないけど、インドの新しい美味しい味を教えてくれるということでは満足度の高い店。

080803ダバインディア外観

土曜日の17時の予約をその昼間にしようと電話するが、「予約席はいっぱいです」とのことで、フリ席狙ってオープンの17時に店に訪問。お店を出た18時ごろにはお店は一杯だったから、ビジネス街という立地を考えるとかなりの人気店ってことだ。

080803ダバインディア内装

群青色のキーカラーでデザインされたお店は、インド料理店と聞いたときのイメージからかけ離れた、洗練されたオリエンタルスタイル。店主のセンスのよさが窺い知れる。

通された一番奥の席は変則的なフロアの作りで狭いのだけど、天井が高いのと、青い壁のおかげで窮屈に感じない。子供連れにうれしいベンチシートに子供を腰掛けさせてゆっくり楽しめるお店。

080803ダバインディアキーマドーサ

ドーサもミールズもという欲張り用のためのダバセット(2,800円)を注文すると、最初にドーサが現れる。鳥挽肉のキーマドーサを選ぶと、チャツネとサンバル(インドネシアのアレとは違うもの)がついてくる。ドーサが何物かはこちらに詳しいが、美味しいクレープというか、ガレットに近いかな。周りがサクサクで、中はしっとり。これが美味い。また、その他に一緒についているワダは、ドーナツですな。

080803ダバインディアダバミールズ

次いで出てきたダバミールズには、(隠れて見えないが)インドのバスマティ米と、プーリ、パパド、カレーは、チキン、魚、海老、サンバル、ラッサムスープと野菜のスパイス炒めがついてくる。

080803ダバインディアダバミールズまぜまぜ

これを、好みで米に掛けて混ぜ混ぜしながら食べる。ココナッツやクミンなど、ひとつひとつのカレーにはそれぞれ特徴が立っていて個性があるんで、人によっては得意じゃないものもあるかも知れないが、この複数のカレーを混ぜていくとボディ感が強くなって深みも増してなんとも美味い。

ヒロキエさんのように手で食べるのが礼儀かも知れない、と思わせる混ぜ混ぜご飯。そうそう、コメントいただいたコエダさんによると13時すぎならランチでもドーサ可能ということなんで、次回ランチではそちらを頂くとしましょう。

オススメ料理:ドーサ、ダバミールズ
オススメ度:★★★★☆(見直し)


【2008年1月再訪】

元です。

京橋ランチの人気店ダバ・インディア。南インド料理のお店。銀座のカイバルと、日比谷のグルガオンと系列のお店。

080109ダバインディア.jpg

3種類のカレーのついたランチセット。1,000円だったかな?平日ランチでしか来たこと無いのだが、ここは南インド料理のお店。カレーも美味しいのだけど、もっと食べるべきメニューがあるようだ。

AllAboutによると、南インドの庶民の味、ミールスやドーサが食べられるお店とある。ランチでも食べれるのかな?次回チャレンジしてみたい。

オススメ度:★★★☆☆(まだランチでちょろっといっただけ)
予算:1,000円(ランチ)
京橋・南インド料理「ダバ・インディア」
03-3272-7160
東京都中央区八重洲2-7-9 相模ビル1F


大きな地図で見る


【2005年6月訪問】

ちょっと前になるが、京橋のダバ・インディアでランチ。

050520インドカレー看板.jpg

050520インドカレー.jpg

3種類のカレー(看板の三つが全部載っている、1,000円)を注文。外で待つ人がボチボチいて人気店なんだろな、と。個人的にはレモンチキンカレーが一番好みでした。マトンポテトはとにかく辛い。豆はあまり好みではない、という中、レモン風味のさっぱり感がよかったな、と。

京橋ダバ・インディア
03-3272-7160
東京都中央区八重洲2-7-9 相模ビル1F