【2009年2月再訪】

元です。

コース制になったと聞いてから、そういえば行ってなかった淡路牛一頭買いの優秀店「くにもと」。一頭買いは、安くお肉を提供できるメリットがあるけど、枝肉と違って、牛そのものを見て美味しさを判断する目利き力が試されるし、すべての部位の処理を適切に行える技術も必要。一頭買いのお店は結構増えたけど、他店は割りと品質が安定してない印象があるなか、このくにもとは相変わらず素晴らしい。

一頭買いだけにいろんな部位が色んなカットで出てくるのだけど、網が七輪から浮くほどの炭火の盛りで、火と肉の距離が近いもんだから、焼き方如何で、失敗するリスクも高い店だともいえる。お酒も会話も楽しみたいのはもちろんだけど、特にこの店では網に対する集中力が必要だ。そのかわり肉質、タレの質が高いもんだから、うまく焼ければ、大きなリターンを得られるのだ。

この最高のお店に向かったメンバーは、Yakiniquestのgypsyさん、漢の粋のkyahさんと奥様、ゴージャスカレー姉妹の叫子さん、kyahさんの友人の皆様と奥様たち8人。愉快な会となった。

090204くにもと上出来

まずは、1人前3,600円の上出来コースを注文。それに単品を加えていくスタイルに。1人分は150gくらいとのことなので、1.5人前〜2人前くらいの分量。親切にも部位の札がついた四角い箱で提供されるプレゼンテーションには、気持ちがアガる。

090204くにもとキムチ

キムチとビールでスタート。

090204くにもとサラダ

サラダ。

090204くにもと赤味刺

コースと一緒に頼んだ赤味刺し。肉の赤身の味が美味しく、後の引きがいい。提供される温度もいい。

090204くにもとタン

タンも別注。タンは、通常、上や並で分類されてメニュー化されるけど、こちらはタン下からタン先まで、一皿で出すスタイル。味わいの違いを一皿で確認できるこのスタイルも珍しい。当然タン下を最初に、徐々にタン先へ(実際にはタン中くらいまでだろうか)。こちらも間違いない味。

コースの中では、ハラミ(塩)、肩ロース(タレ)あたりが美味かった。しんたま(塩)もすっきりでなかなか。

090204くにもと切り落とし盛

そして、コースになる前からこの店を特徴付けるのが切り落とし盛り。いくつかの部位が、一緒にタレにもまれて出てくる。「これ、なんだろうねー」などと話をしながら焼きを進める楽しみのある、そしてどれも美味しくお得な一皿。

090204くにもと紅カルビ

別注の紅カルビは、ちょっとノスタルジーを感じるような、辛味と甘みの強めの味付けで、ご飯が食べたくなる味。

090204くにもとハチノス

ハチノスで最後。

酒を飲んだので1人9,000円ほど行ったが、満足度は高い。くにもとはコースになってもちゃんとくにもとだった。子連れNG、全員揃ってからの入店、飲み中心NGなどのルールは顕在。肉に向かって真摯に向かうものが味わえる喜びのある店。しかし、肉の仕入れ、メニューなども同一なので、全く同じとお店がいう新店の方はいったことがないが、どうなんだろうか?カラダが固いので、テーブル席の新店の方が、うれしいのだが。


【2005年9月訪問】

元です。

愛用している焼肉サイトYakiniquestと、尊敬する先輩Icydogさんのブログで気になっていた、浜松町の焼肉、「くにもと(本店)」へ。

050827くにもと店内.jpg

店は、2階建ての一軒家で、すべてお座敷。「全員そろってから入店してください」「2次会に向くお店ではありません」など、頑固系張り紙が目立つが、接客はいたって丁寧、快いお店だった。

050827ムンチュサラダ.jpg

ムンチュサラダ。

050827くにもとナムル.jpg

ナムル。ナムルの4種の野菜の中でどれが好きか?という話になったが、豆もやし派がどうやら多数みたい。僕自身は、ぜんまい、僅差で豆もやし。大根とほうれん草はややランクが下がる。

050827くにもとチャンジャ.jpg

ビールにも、マッコリにも、韓国焼酎にもよく合うチャンジャ。タップリ乗ったきゅうりの千切りと食べると、しつこくなくさっぱり。

050827くにもと炭火.jpg

炭火は、網が浮くほどタップリと。この強くて近い火の遠赤外線が、この店の厚切りだけど質のよい肉を、うまく、ミディアムレアに焼いてくれる。

050827くにもとタン塩盛り.jpg

タン塩盛り。中、上、特上3種類あるこの店のタン塩。この日は在庫の関係で、3種盛りのみ。かなり厚切りのタンは、歯ごたえ十分。とてもウマイ。

050827くにもと上カルビ.jpg

上カルビ。この厚くて、サシのキレイなお肉をさっと炙って食べる瞬間はかなり贅沢。顔がほころぶ。

050827くにもと焼き.jpg

上カルビ(奥)の焼く様子。

050827くにもと赤味刺し.jpg

赤身差し。これもかなりいけます。

050827くにもと中ハラミ.jpg

中ハラミ。ハラミ好きとしても納得の上質ハラミ。

050827キリ落し平もり、肩ロース、リードボー、ハラミ.jpg

切り落とし(平盛り)。大盛りも存在する、いわゆる余り肉盛り合わせ。余り肉とはいえ、カットの際の端っこに残るお肉で、形はともかく、質には全く問題ない。むしろ、ボリュームがあってお徳な盛り合わせ。このときは、肩ロース(奥)、リードボー(喉の肉、左)、ハラミ(右)の3種。

淡路牛の1頭買いだからこそこのお得なボリューム感が出せるのだろう。1頭買いでは、六本木や銀座の遊牧も有名だが、その日出せる肉の部位は安定しないものの、それを上回るコストパフォーマンスで十分満足度は高い。

050827くにもとビビン麺.jpg

〆は、「オリジナル」という言葉に引かれ、ビビン麺を。ユッケやワカメなどが具材に乗ったところがオリジナルのようで、辛味はそれほど強くない。絡めてあるタレは梨の甘みがきいており、デザートのようなサッパリしたビビン麺。

かなりの品質の高いお肉を、お腹いっぱい堪能した。お酒もバッチリ飲んで、2人で13,000円。お店を出るときは、ご主人が外まで出てお見送りしてくれた。

ホスピタリティーあふれる接客、質の高いお肉、落ち着けるお座敷、リーズナブルな値段、都内でもトップクラスの焼肉屋だと思う。

オススメ料理:上出来コース、切り落とし盛り、紅カルビ、赤味刺
オススメ度:★★★★☆
浜松町「くにもと(本店)」
03-3578-1129
港区浜松町2-12-2