【2007年9月訪問】

元です。

ジンギスカンはあくまで羊肉安くてなんぼ、という前提に立ちながら、羊の肩ロース、ショルダーロール、ラム塩タン、塩ラム、ラムカルビ、ラムステーキ、ランプ、ホルモンなど、色んな部位や食べ方を提案しているひげのうし。ジンギスカンながら洗練されたデザインの店内で、落ち着いて食べることができる。

070924ひげのうしメニュー.jpg

これ1ページすべてラム肉のメニュー。他にもラム肉のメニューがオススメメニューにあるあたり、幅の広さがすごい。正直はずれもあるけど、当たりの肉はなかなかのもの。

070924ひげのうし網と鍋.jpg

注文するメニューによってオーソドックスなジンギスカン鍋と、炭火の網それぞれ使い分けるように出来ている。網焼きで食べる肉は、ジンギスカンというより、もはや羊の焼肉という別料理。

070924ひげのうしプレミアムラム.jpg

9月のオススメとなっていた数量限定のプレミアムラム(1,260円)。ほとんど3桁のメニューが並ぶ中では、メニュー名どおりプレミアム。穀物で育ったサフォーク種という羊を使っているようで、柔らかくクセが無く、スッキリしている。こちらはジンギスカン鍋で。

070924ひげのうしラム肉ステーキ.jpg

すんごい厚みのラム肉の厚焼きステーキ(790円)。赤身の肉は焼く前からフワッと柔らかく、ステーキ風に網で焼いて柚子胡椒とレモンで食べる。この牛よりも豚よりも鶏よりもスッキリしたクセのない肉は、この厚みがあっても重たくないけど、ジューシー。焼肉屋にあっても嬉しいメニューだろう。

お腹いっぱい食べて飲んで、3,000円ちょっと。リーズナブル。

オススメ料理:プレミアムラム/ラム肉の厚焼きステーキ
オススメ度:★★★☆☆


【2005年年11月訪問】

週末は友人の結婚祝賀会のため札幌へ行った。せっかく札幌に来たのだからジンギスカンを食べようと言いつつ、どこという当てもなく札幌駅からひたすら歩く。狸小路を抜けている途中に「ジンギスカン」の文字を見つけて入ってみた「ひげのうし」。

ひげ店内

驚くほどおしゃれな店内。札幌でジンギスカンというともくもくで座敷かむきだしのコンクリートか・・・と思っていたのに。調べてみたら有名な方が設計している。それで納得の店内。

ひげジンギスカン肉

ノーマルなジンギスカン肉。生ラムとはいえ、厚みといい柔らかさといい、びっくりするおいしさ。とってもジューシー。

ジンギスカン鍋

野菜はもやしと玉ねぎ、キャベツを追加。ラムも新鮮なので「ミディアムレアで食べてください」とのこと。

ラム刺身

ついつい半分食べてしまったが、ラムの刺身。これまた臭みが全くなく、おいしい。

厚焼きステーキ

ステーキ切り口

またもや写真を撮る前に網の上においてしまった「厚焼きステーキ」もちろんラム。これは「表面をさっとあぶった程度で食べてください」とのこと。中はまだ生です。甘くておいしい!

ラムロール肉

さて、私が昔北海道で食べていたジンギスカン肉というとこういうもの。「ラムショルダーロール」とある。昔はこういう、型抜きされたようなまあるいお肉で薄いものだった(実際型抜きされている)。懐かしくて注文。でも昔食べたものより明らかにおいしい。

ラム塩タン

こちらも半分焼いてしまってから気づいた、「ラム塩タン」。ラムの舌なんて、初めて食べたけど、動物のタンはわりとどれも似ている感じ。食べやすくておいしい。

バー店内

この店は1階がカウンター、2階がテーブル席で3階はバーになっている。食後にそのまま3階に上がってちょっと飲み、お会計は全部一緒に最後にできる。

ジンギスカンをお腹いっぱい食べて、ビール3人で5杯にサワーやカクテルを2,3杯、さらにバーで2杯づつくらい飲んで全部で15,000円くらい。ジンギスカンだけだったら1人3,000円ちょっとか。やはり物価が違うとはいえ、こんなにおしゃれな店内で、しかもおいしいことを考えると、とてもお得。

さて、この店調べると支店が横浜にある。全体に100円づつくらい高いが、それでも都内で高くてイマイチな店舗も多いことを考えると今後人気が出る可能性がある。ちょっと遠いが機会があれば行ってみたい。   茜

オススメ料理 : ジンギスカン、ラム肉のいろんな部位
オススメ度  : ★★★★☆
予算  : 1,000円〜4,000円
札幌・ジンギスカン「ひげのうし」
TEL 011−281−2980
北海道札幌市中央区南三条西5