松茸を食べたいという友人とおいしい和食やさんに行こうということになり、ご飯が大好きな私は土鍋炊きご飯がおいしいお店を検索。ネットで見つけてとても気になった「えん遊」さんに行くことに。

えん遊店内

 

 

 

 

 

 

 

 



25席の小さなお店、とはいえ店内はゆったりしたつくり。このカウンターの内側に厳しそうな2人の板さんが構えています。凛としていて、気持ちのいい空間。期待が高まります。

えん遊前菜

 

 

 

 

 

 

 

 



今回は贅沢をしようと意気込んできたので12,600円の「松茸と湯葉のコース」をお願いすることに。こちらは前菜。くみ上げ湯葉、嶺岡豆腐、もずくの山芋寄せ。紅葉麩の味付けまでもおいしい!

土瓶蒸し小

 

松茸のコースですから、もちろん土瓶蒸し。えびも入っていておだししっかり。松茸も大振りでおいしい。

 


えん遊刺身

 

 

 

 

 

 

 

 



お刺身はかんぱちとひらめ、たいら貝。かんぱちは本当に脂がノリノリ。つまの大根がまたおいしい。手で切ったのだろうか?とにかくとんがっててしゃきしゃきでおいしくてびっくり。

えん遊桶湯葉

 

 

 

 

 

 

 

 



このお店の看板メニューという「桶湯葉」。桶の中にはだしその他で割った豆乳とお豆腐が入っていて、下から固形燃料で暖めています。で、徳利の中のおだしをかけて食べる。本当においしい!

えん遊松茸七輪

 

 

 

 

 

 

 


 


松茸汗

 

続いて、友人はこれを楽しみにしていたという「松茸の七輪焼き」。2人で1本分くらいかな?大振りな松茸の香りがいい!小さい写真、よく見ると松茸の汗が光っています。



松茸天ぷら

 

 

 

 

 

 

 

 



続いて松茸の天ぷら。こちらはまた衣がさくっと揚がっていておいしい。
コースはこの後、土鍋で炊いた松茸ご飯で終了。なのだけれど、なんせおいしくてお酒もお箸も止まらない。単品をいくつか追加。

牡蠣の塩辛

 

 

 

 

 

 

 

 



これがとってもおいしかった!「牡蠣の塩辛」。下にはたっぷりの大根おろし。もちろん、一緒に食べることでおいしさが倍増。

白子ポン酢

 

 

 

 

 

 

 

 



つづいて白子ポン酢。こちらは「温製」と書いてあるのが気になって。暖かい汁の中の白子を横のポン酢でいただきます。こちらもいいお味。

えん遊酢の物小

 

ご飯の前に酢の物も登場。ゴマの入ったお酢で、さっぱりしていて、酢の物が苦手な人にもおいしくいただけそう。

 

松茸ご飯

 

 

 

 

 

 

 

 



えん遊漬け物小

 

ここでご飯が炊けました。もちろんエキスなどまったく使わない松茸だけで炊き上げたご飯は、香りもお味もほ〜〜んのり、なんだけどとにかくおいしい。特におこげは絶品!


えん遊安肝

 

 

 

 

 

 

 

 



えん遊蟹味噌

 

 

 

 

 

 

 

 



まだ食べるのか!と言われそうですが、蟹味噌(蟹肉たっぷり)と安肝も追加。こんなにおいしい安肝も久しぶりに食べたなあ。

かつおのたたき小

 

友人はかつおのたたきが食べたい!と言うことで。ホント、すごい食べっぷりです。さすがにお腹もいっぱいに。


 

えん遊デザート

 

 

 

 

 

 

 

 



〆のデザート。今回は赤肉メロンと柿。メロンはもう本当に熟れきっていて柔らかくておいしい。柿もしかり。これにお茶をいただけば、大満足。本当においしいお食事でした。

さて、今回1人12,600円のコースに単品も結構追加、さらにお酒も最初にビール1杯づつの後は日本酒をたくさん飲みました。4杯づつくらい飲んだのでは?と言うことでお会計は2人で40,000円ちょっと。満足ですが、普段使いには痛いよねえ。ちなみに、5,000円で桶湯葉と鯛の土鍋炊きご飯が味わえるお得なコースもあります。これにちょっとだけ単品を足したりしてみても良いのかも。でも、また行ってみたいなあ、と早くも思います。    茜

オススメ料理 : 桶湯葉・土鍋炊きご飯
オススメ度  : ★★★★★
予算  :  7,000円〜20,000円
西麻布・和食「えん遊」
TEL 03−3499−0032
東京都港区西麻布4-1-11 B1