元です。

恵比寿のランチは質が高くていい。会社が恵比寿にあったらと思ったことも数知れず。お昼前後に恵比寿で打合せがあると、ちょっと浮き足だったりする。この日も13時からの打合せの前に恵比寿ランチ。お店はイタリアンの「ebisu Rosso」。コンツェビルの横のタイトな階段を上がった2階に上がると、店の名前どおり赤くて、スタイリッシュな店内が目にまぶしい。

ここは橋本夕紀夫さんデザイン。月の雫橙家過門香など外食大手の店舗を数多く手がけているようで、スノッブで現代的なデザインが多いようだ。このお店もこじんまりとしていながらも、襟を正される雰囲気だが、広い窓から注ぐ光のやわらかさがカジュアルに感じさせる。

ランチは、997円と1,100円(?)の2種類。前者のパスタorリゾットのランチにしてみた。サラダとフォカッチャ、飲み物がつく。

051116Rossoサラダ.jpg

サラダは、しっかりと大ぶりのお皿で。よくあるような、「葉っぱ3枚入ってるだけじゃん」というサラダとは違い、ちゃんとサラダ。

051116Rossoフォカッチャ.jpg

フォカッチャ。モチモチとあったかくておいしい。

051116Rossoパスタ.jpg

パスタは、2種類ある中から、メカジキと小海老、白菜のパスタ、アメリケーヌソースを選んだ。パスタはスパゲティーニ。パルメザンチーズがかかっている。小海老は申し訳程度だが、メカジキは小振りのものが、ちりばめられている。

アメリケーヌソースって何ですかね??と思って調べてみると、海老や蟹を殻ごと煮込んで作ったソースらしく、ああ、小海老の風味だけではなく、ソースも手が込んでるのねと。ちなみに、パスタは大盛り無料なので、男性にはそちらをオススメする。

出汁と味があまり強くないので、個人的にはもっとズンとしたものが好みだが、上品で女性好みかもしれない。

最後には飲み物とビスコッティがついてくる。

パスタの茹で加減や、フォカッチャをつけて食べるようにクリームソースは多め(もうひとつのトマトクリームソースのパスタもソースが多めだった)だったりするところは気配りが細かいし、ちゃんとソースに手が込んでいて、カッコばっかりのお店ではない。お昼のレパートリーのひとつにいいお店だろうな、と。

お店を出る時に1,000円札を出すと帰ってくる3円はいらないような気が・・・。

オススメ料理:パスタ(ランチ)
オススメ度:★★★☆☆
予算:1,000円(ランチ)
恵比寿・イタリアン「ebisu Rosso」
03-3711-7500
渋谷区恵比寿南2-3-13 山燃ビル2F