すっかりジビエの時期です。なんだか最近鹿が食べたい気分が続いたので、前々から気になっていた六本木の「オー・グルマン」へ行ってみました。

グルマン店内

こじんまりとした店内。小さいので全席禁煙です。小道にぽつんと、とてもいい感じにお店があります。暖かい雰囲気。

リエット小

こちらは、前菜を1品にするか、2品にするかでコースの値段が変わります。あまりにもおいしそうなものが多いので2人とも前菜2品の7,350円のコースにしました。

こちらはアミューズのリエット。とってもおいしい。
パンは熱々です。気をつけて!

グルマンリゾット

グルマン白子小

上は私の頼んだ「トリュフとセップ茸のリゾット」、横はお友達の頼んだ「間鱈の白子のグリル」。
どっちもとってもおいしい。そして、ボリュームもあって、食べ応えは十分。

 

グルマンコルク小

最初はまだボジョレー飲んでないから・・・と話していたけれど、記念的にボジョレーを飲むよりも、料理にあわせたおいしいワインのほうが良いね、ということになりお店の方に選んでいただいた。

やはりその方が大正解。



グルマンフォアグラ

続いて2人とも頼んでしまったのがこのフォアグラ。追加料金もなしでこんなに厚さのあるフォアグラ!びっくりです。下に敷いてある、カリカリのあめ色に焼いたりんごがなんとも言えずおいしい。これは最高!

蝦夷鹿

ハンバーグのようですが、私がすっごく食べたかった鹿です。
「蝦夷鹿の芯玉肉 網脂包み」芯玉肉とはお尻の部分のお肉だそう。赤みでほとんど脂肪はないけれど、とっても柔らかい。ない脂肪分を網脂で包むことで補って、しっとり仕上がる。

グルマン雉

ちなみに、友達の食べたのは「雉」。胸肉かもも肉を選べるけど、今回は胸肉。脂の部分がたっぷりでおいしかった〜〜こちらは血を使ったソースなので、鹿よりもジビエらしい野生の味を楽しめると思う。この雉だけは、プラス1,575円。

タルトタタン小

それにしても、しっかりボリュームがある料理たち。
大食いの私でも、結構満腹。雉を2切れももらってしまったからか。でもすっごくおいしかった、大満足。

デザート、私はタルトタタン。これも結構大きかった。

ミルクレープ小

友達は栗のミルクレープ。私はモンブランは大好きだけど、モンブランじゃないから、とこれにしなかったの、ちょっと後悔。

マロンクリーム、すっごくおいしいんだもん!

グルマンコーヒー小

最後のコーヒーまで、とってもおいしくて、本当に「堪能」しました。

途中、2回くらいシェフが出てきてくれて、大きな体に似合わずとっても優しく話しかけてくれます。店員さんもみんな優しいし、素敵なお店。

小食の方は前菜が1品のメニューにしよう!
絶対、また行きます!!


オススメ料理 : 今はジビエ、フォアグラ!
オススメ度 : ★★★★☆ (4つ半!)
予算   :  7,000円〜20,000円
六本木・フレンチ 「オー グルマン」
TEL 03−5114−0195
東京都港区麻布台3-4-14