元です。

今年の寒い冬、周りからはいつも以上に「鍋、鍋」と聞こえてくる気がする。それに呼応するように、最近都内で増えてきたモツ鍋の店も増殖を続けている。

この日に行ったのは、西麻布のモツ鍋「表邸」。会社の超グルメの先輩Kさんのオススメ。オープンは2005年11月、まだ新しいお店だ。

星条旗通りと六本木通りの間の住宅街にひっそりと佇んでいるお店。西麻布という立地から想像できる通り、これまで行ったモツ鍋屋の中では群を抜いて洗練されて上品なファサードと内装。モダンな和テイストで、個室も多く、オープンの席も仕切りがある上、間取りに余裕を持たせており、プライベート感の強い作り。

060112表邸箸袋.jpg

店名のデザイン。

メニューを開くと非常に豊富なお酒と料理。ビール、シャンパン、ワイン、ウィスキー、日本酒、梅酒、カクテル類が、それぞれ複数用意してある。中でも焼酎は充実しており、3M(魔王、森伊蔵、村尾)がはじめにどーんと並び、芋を中心にずらり。値段もそれなり。

料理もモツ鍋を食べなくても、お酒のお供に事欠かない。

060112表邸ごま鯖.jpg

まずはつまみで五島産の胡麻鯖(1,200円)。こちらのお店主素材の産地がメニューに乗っている。1品ごとにこだわりがあるのだろう。

060112表邸ユッケ.jpg

佐賀伊万里牛のユッケ刺(1,180円)。

060112表邸酢モツ.jpg

モツ鍋屋の定番、酢モツ(600円)。

060112表邸白子ポン酢.jpg

たら白子の湯引き(1,080円)。白子ポン酢は個人的に大好き。

060112表邸明太子玉子焼き.jpg

原口商店極上だし巻き明太子(1,400円)。明太子入り玉子焼きもモツ鍋屋の定番だが、コチラは、明太子の量が多いバランスで、よりお酒のつまみ向き。おいしい。

060112表邸牡蠣フライ.jpg

気仙沼の牡蠣フライ(1,200円)。大ぶりのカキのフライ。これもこのお店で是非食べたい、と思わせるおいしさ。

060112表邸モツ鍋塩.jpg

いよいよモツ鍋。醤油、塩、味噌があるが塩を選ぶ(1人前1,350円)。天然塩とスパイスの味付けでにんにくは使わない、割とあっさり味。具材はモツ以外ほぼキャベツのみ。モツ鍋がくどい、重いと感じる人にとってもさわやかに食べれるモツ鍋だ。食べるのはほとんどキャベツにもかかわらず、飽きずに箸が進む。ヘルシーなモツ鍋。

060112表邸モツアップ.jpg

モツ自体ももちろん美味しいが、少な目の量やキャベツメインだと思うと、出汁の役割が強いのか。

いずれの料理もおいしいつまみで、お酒がどんどん進む。お酒がどんどん進むと、つまみもどんどん進む。そうすると値段も結構いくのだが、それでも満足度が高いお店。デートでも接待でも、グループでも楽しく美味しく過ごせるいい時間だと思う。モツ鍋にお金をかけるなんてという方には高めだと思うが、質の高いかつモツ鍋が食べられる居酒屋としたらいいお店。

表邸 (ひょうてい HYOTEI)
オススメ料理:モツ鍋(塩)、出汁巻き明太子、牡蠣フライ、胡麻鯖
オススメ度:★★★☆☆
予算:8,000〜15,000円(お酒の選び方で差がでる)
西麻布・モツ鍋「表邸」
03-6406-0506
東京都港区西麻布1-5-18