【2006年6月再訪】

前回食べれなかった「おまかせのお肉」を求めて再訪。ラストオーダー22:30と、焼肉屋としては早めの時間だが、その前に滑り込む。

060614マルタケ店内.jpg

店内の様子。当日電話をしたのだが、空いているとのこと(水曜日)。30席ほどのこじんまりした店内。

060614マルタケ店員さん.jpg

名前を伺うのを忘れたが、店員さんたち。真ん中の若い方が、お肉の相談にのってくれる。お客が少ないことをいいことに、彼と色々話しながら焼きを進めた。

まずは激安キムチ(300円)と、ユッケ(850円)を食べながら肉を考える。

メニューにないいいところのお肉盛り合わせは、その日によって相場が変わるようだが、この日は100g3,000円とのことで、2人用で、1人200gでお願いする。初めての時は、だいたいこの量が適正ということだ。内容はその日によって変わる。

060614マルタケ肉盛り合わせ.jpg

そしてこれがそのお肉。見た瞬間、絶対おいしいに決まってるビジュアル。手前は黒タン。その左は特選カルビ厚切り、その左上は同じ特選カルビを薄切り(といっても厚い)。真ん中の細長いのは、特選ロース、一番後ろのでっかくそびえたっているのは、リブロース。全てさしの入り方がこの上なく美しい。そして見た目のボリューム的にも圧巻。

060614マルタケ肉アップ.jpg

あまりに美しいので写真もう1枚。まぶしく光る。

060614マルタケ肉パスポート.jpg

お店の方が、牛の血統書を店に持ってきてくれる。「栃木県産牛肉パスポート」とある。通常は前沢牛を扱っているが、おまかせ用には、芝浦で目利きをし、その時のいい肉を仕入れるようだ。人は海外に行く時に証明として必要なパスポート、肉牛の世界でもあるんですねえ。写真では見にくいが、生産者、と蓄年月日、生年月日、親の血統、飼料などが書いている。そして「最優秀賞」のハンコ付き。

この牛くんは、平成15年9月16日生まれ、3歳弱の子牛くんだ。

060614マルタケ肉須賀さん.jpg

そして、生産者の須賀さんの証明書も持ってきて見せてくれる。須賀さんは、自分が育てた牛を食べている客が、自分の写真を見ていることを知ってるだろうか?

060614マルタケ焼きアップ.jpg

これは、特選カルビを焼いている様子。いずれの肉もとんでもなくウマイ。そして食べてみると、お腹いっぱい。全部食べきる前に相当お腹が膨らむ。脂が大好きな人ならば、顔がほころびっぱなしだろうが、すこし重くなるので、最初に相談する時に、「あっさりしたものも入れてほしい」「ハラミを入れてほしい」など、要望を伝えておいたほうがいいかもしれない。

060614マルタケカルビクッパ.jpg

お腹いっぱいにもかかわらず、シメにカルビクッパを注文。おそらく砂糖を使った甘くて、辛いスープで、韓国料理らしい味付け。ごはんをずるずる啜る。

いや、念願の肉を食べて大満足。やはりこのお店、メニューから注文するのと、お任せで頼むので、まるで違うお店に見える。2人で2杯ずつ飲んで、17,000円くらい。評価改訂!

オススメ料理:お通しのキャベツ、おまかせのお肉盛り合わせ
オススメ度:★★★★☆
予算:4,000〜9,000円


【2006年3月訪問】

元です。

今回は一番好きな焼肉。焼肉界ではメジャーなYakiniquestで気になっていた御茶ノ水の「マルタケ」へ。リーズナブルな上質肉を出す店とあり、期待が膨らむ。

060312マルタケ外観.jpg

人通りの少ない路地の角、キッチンジローの隣に、赤くボヤッと浮き上がる「焼肉ランド」の文字。そしてデスカウント卸売ショップとある。お弁当も出しているようで、地元密着型の店舗のようだ。

060312マルタケメニュー.jpg

気取りのない、メニュー。上のつくもの以外は、すべて3桁の肉たち。それ以外も全てかなりリーズナブル。このメニューを見ながら注文をしたのだが、それが間違いだった、ということに気付くのは店を出る時。

焼く様子(動画)は続きで。

060312マルタケキャベツ.jpg

お通しで出てくる山盛りキャベツのサラダ。フレンチドレッシングがかかっている。

060312マルタケキムチ300.jpg

キムチ(300円)。かなり辛め。しかし驚くのは300円という値段。

060312マルタケユッケ850.jpg

ユッケ(850円)。ゆずらの卵が乗っている。ロース肉のざっくりとユッケにしてある。まずまずの味。

060312マルタケマルタケカルビ1300.jpg

まるたけカルビの塩(1,300円)。いわゆる中落ちカルビだが、出てきた時から美しいサシの入りように感心。これはうまかった。

060312マルタケ塩カルビ800.jpg

上カルビが売り切れとのことで、カルビを塩で(800円)。コチラも並とは思えない美しさ。ボリュームも1人前としては多め。満足度が高い。

カルビを焼く様子。動画、なんとなく撮ってるのは面白い。

他にも肉は、ハラミ、ツラミ、しめにはカルビうどんを注文したが、コチラはあえて特筆するものはない。

お会計は、お酒もほどほどに飲んで、2人で、8,400円。かなり安い。もともと卸ということもあり、リーズナブルに満足できた。しかし、肉に関しては普通においしい程度、なんとなくの違和感を残しながらお店の方と話してみた。

実は隣の席に、すべてメニューにはない、サーロイン、黒タン、特選カルビが出ていたのだが、それが見た目ですぐに分かる素晴らしい肉たち。これが食べたかったなあと思いつつ、それをお店の方に告げると、「もともと常連さんが、量はいいから、いいところをちょっとづつ食べたい、というのに答えて出していたのが広がったみたいなんですよ。」と。「言っていただければ、1人6,000円で200gくらい、その日のいいところをお出ししますよ」とも。ああ、失敗。ちゃんと最初に相談するべきだったか。次回は絶対リベンジすることを誓って店を出た。

このお店、通常メニューで頼むならば、ハラミも含む内臓系には手を出さず、正肉系のみをひたすら頼むべき。それでも、リーズナブルにそこそこの肉をおなかいっぱい食べられる満足はできる。しかし、はやりここは、最高の肉をお任せですこしづつ食べるのがいい。行く時は、メニューを一瞥したら、それを閉じる。そして是非「お任せしたいのですが」と相談しなければいけない。

焼肉ランド マルタケ
オススメ料理:(食べてないけど)お任せのいいところ
オススメ度:★★★☆☆(今回のメニューでの評価、くやしい)
予算:4,000〜6,000円(お任せならもうちょっと高め)
御茶ノ水・焼肉「マルタケ」
03-5280-0507
千代田区神田駿河台3-7-5