元です。

以前渋谷に住んでいた時によく通った焼肉屋、ぱっぷHOUSE(ぱっぷハウス)。全然知らなかったが、そのぱっぷhouseの渋谷店にフランチャイズの別館が出来ていた。

本店に電話したところ「いっぱいなんですが、別館に問い合わせてみたらいかがでしょう?」とのこと。どうやら1年くらい前にオープンしたという。

060331ぱっぷ外観.jpg

お店の正面にでっかく書いてある「処女牛」という言葉にちょっとドキッとしたものだが、それは別館も健在。東急プラザの裏あたりのお店がゴチャッとしたエリアにある。

店内はポップ。とても焼肉屋の内装ではなく、赤や白が基調になっている。40席ほどか?

060331ぱっぷ網.jpg

コンロは炭火の無煙ロースター。

希少部位が食べれるお店としては老舗のひとつに数えられる、このお店の処女牛は続きで。

060331ぱっぷユッケ.jpg

ユッケ(1,000円)。青葱をたっぷり絡めるスタイルになっている。

060331ぱっぷタン塩.jpg

タン塩もこのご時世に健在。生タンの質のよい歯ざわり。

060331ぱっぷカルビ.jpg

カルビ塩(1,200円)。

060331ぱっぷイチボ.jpg

ぱっぷHOUSEは、希少部位が裏メニューとなっているのが有名だが、別館の方ではメニューに載っていた。

イチボ。お尻の肉で、高級なステーキ屋ではステーキによく使う部位。これがこの大きなサイズの皿でドンと!これが最高にウマイ!とろける美味しい最高のお肉。ちなみに、希少部位はかなり高い(はず)なので、お財布が心配な場合は確認した方がいいだろう。しかし、高くてもそれ以上の美味しさとボリュームで大満足できることうけあい。

060331ぱっぷサーロイン.jpg

サーロインもこのサイズ。牛脂を存分に楽しみきれるおいしさ。

060331ぱっぷミスジ.jpg

ミスジも最高のサシ。先日行ったジャンボとは違い、かなり厚めのカットで贅沢。これも最高の歯ざわり。奥に映っているのは岩塩。テーブルで削って肉にまぶしてくれる。高級な希少部位を、大きなサイズや贅沢な厚いカットで存分に食べる魅力は、ぱっぷhouse以上の店はないのかもしれない。

060331ぱっぷハラミ.jpg

ハラミ。

060331ぱっぷ寒大根とタンのスープ.jpg

寒大根とタンのスープ。

外観のポップさにだまされず、高級焼肉に来たと思い、財布を気にせず希少部位を食べまくる、そのためのお店。この日は4人で40,000円。1人1万円以上の価値は、間違いなくある。

「おいしいけど、高い店」「高いけど、おいしいお店」この2つは近いようだが、大きな違いがある。ぱっぷhouseは間違いなく後者。その満足度をコストパフォーマンスと考えるなら、これほどお得なお店はない、とも思える。

肉好きならば、ボーナスの袋(いまどきないか)を握り締めて、「希少部位のオススメをどんどんだしてください」と言ってその年の最高の満足を得る、ということもこのお店だからできることだ。

ぱっぷHOUSE 渋谷別館 (パップハウス)
オススメ料理:イチボ、ミスジ、ササミ(この日は品切れ)
オススメ度:★★★★☆
予算:6,000〜15,000円(希少部位の注文程度により差が大きい)
渋谷・焼肉「ぱっぷHOUSE 渋谷別館」
03-5784-9779
渋谷区道玄坂1-11-3 フォースワンビル2F