スキーにばかり明け暮れて、最近おいしいフレンチやイタリアンを食べていない・・・・・・ということで、久しぶりにフレンチを食べに。

カシュ 外観前々から気になっていた、四ツ谷にある「メゾン カシュカシュ」へ。

 

 

四ツ谷と四ツ谷三丁目の間くらい、交差点を曲がってから人通りの少ない、暗い道を少し歩く。あっているか、不安になる頃にお店が現れた。

 

 

 

 


カシュ 中

 

 

 

 

 

 

 

 

店内は思ったより広かった。入口を入るともう一度入口がある、そんな造り。平日だったので、思ったより空いていた。

カシュ シャンパン

カシュ オリーブ 小

食前酒は友人はシャンパン、私はキールロワイヤルのカシスを頼む。食前酒のキールロワイヤルはカシス、木苺、桃の3種類もあり、どれもおいしそう。
食前酒とともにオリーブが出される。こちらもおいしいし、空腹にちょっとオリーブを入れることで落ち着いて料理を待てる。

カシュ パン 小

カシュ リエット 小

小さい写真が続いてしまうが、ここでパンが運ばれてくる。

そしてパンとともに出されたのが豚肉のリエット。リエットが出てくるお店には期待が膨らむ。柔らかくてとてもおいしい。

カシュ あさりスープ

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は3,600円の前菜・メイン・デザートのプリフィクスをいただくことに。選べるメニューは限られているが、プラス料金を支払えばグランドメニューからも選べる。
まずは選べるメニューの中から前菜はそら豆、春キャベツ、アサリのスープをいただく。春らしい一品。とても良い香りで、パスタが好きな私としてはこれにこのままパスタを入れてしまいたい気分。アサリもたっぷりで食べ応えも充分。

カシュ メイン

 

 

 

 

 

 

 

 

私はメインをプラス1,000円でグランドメニューからチョイス。
なんと言っても大好物の2品、鴨胸肉のローストとフォアグラのリゾットの盛り合わせ。この盛り合わせだと、ちょっとコッテリしちゃうんだけど、でもリゾットはホントにおいしかった。鴨の下には野菜もたっぷり。

カシュ チーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

お店の方と相談して、今回は白ワインをボトルでいただいたのだけど、まだワインも残っているし、ということでチーズをいただくことに。手前はミモレット。18ヶ月と聞くと食べたい!と思ってしまう。右手にあるウォッシュチーズ、名前を失念してしまったがとっても癖のある、濃厚な味で本当においしかった。ダメな人はダメだろうが、ウォッシュが好きな人なら絶対食べてほしい。
予断だが私はイタリア料理のほうが好きだけど、チーズだけはフランス。理由はなんと言ってもウォッシュチーズ。イタリアのものはココまでくさいものはそうない。

カシュ デザートワイン 小

デザートの前にデザートワインもいただく。

「とにかくこてこてなくらいあま〜〜いワインが好きです」といって、選んでもらったこちら。
なんと1971年のもので、飲んだらその後が残るくらいのコッテリさ。甘さもとても濃くておいしい。

友人はさわやかな甘さのマスカットのワイン。

 


 

カシュ デザート

 

 

 

 

 

 

 

 

デザートは本日のデザート、みかんのコンポートとパンナコッタ。2層になっていて、下にパンナコッタ、上にみかんの層ができている。デザートもしっかりと甘い味。全体的にしっかり味付けがされていて、ワインに良く合う料理という感じ。

カシュ コーヒー

最後にコーヒーかエスプレッソ、ハーブティーなどが選べるが、こちらにもプティフールがたくさん。

オレンジピールはやわらかくてとてもおいしかった。
生チョコも甘すぎず。
最近辛党になりつつある私にはこのプティフールくらいでもちょうどいいかも。

今回は2人で食前酒1杯づつに白ワインのボトル一本、赤と白のグラスワイン1杯づつとデザートワインまで堪能、料理はチーズの追加で 21,780円。この内容なら十分満足できると思う。カジュアルすぎず、気取らすぎず、ちょっとおいしいもの、というときに使えるお店。カップルの率も高かったので、男性にも満足の味と量だと思います。

オススメ料理 : ワインに良くあうしっかりフレンチ
オススメ度 : ★★★☆☆(3つ半)
予算 : 5,000〜20,000円
四ツ谷・フレンチ「メゾンカシュカシュ」
TEL 03−5363−5263
東京都新宿区若葉2-7