【2010年10月再訪】

元です。

ジャンボ金竜山とともに白金・南麻布焼肉ゴールデントライアングルを構成するきらく亭。最近のこのトライアングルの安定を揺るがすお店の出現もあるが、それはさておき。このきらく亭のハイクオリティな肉質と、いつ行っても間違いない揺ぎ無い安定性は、頭が下がる思い。ビアバーだった一階にも店舗を拡張して予約が取りやすくなった今も、決して肉のクオリティが落ちることはない。ちなみに、居抜きで多少狭い1階になるよりは、予約の際に「地下で」という一言を忘れないでおきたい。

厚切りセット5000-01

1人5,000円のセットは、全て厚切りのタン、ハラミ、イチボ、ロース、ヒレのラインナップ。1人1切れとはいえ、圧巻の厚切り揃いで、お腹の満足感は結構なものだ。 

キムチ

素直にキムチからスタート。

レバ刺
 
見た目ではやや筋と色合いが気になったものの、味は間違いがなかったレバ刺。

厚切りセット5000-02
 
盛り合わせは、タン、ハラミのクオリティの高さが相変わらず。ヒレ、イチボもそこそこ。ロースはやや筋っぽかったが、最高のお店のひとつだな、やはり。

そして、こちらはつけダレの多彩さも魅力。胡麻油、おろしポン酢、山葵醤油、などタレを好みで食べ分けられるのも実にいい。

牛タン焼き

この安定性とお店の品の良さは、よろにくと並んで、人を連れてきて間違いのないお店だ。 


【2010年1月再訪】

元です。

夜の素晴らしさはいうまでもなく、昼もこちらは素晴らしい。年明けのランチ初焼きが、こちらのお店。ハラミ定食(1,100円)は、そのクオリティやタレのバランス、ボリューム感に満足。

R0022875

昼から気持ちが満たされる。


R0022874

 

サイドディッシュも充実。

R0022872

タン切り落としも気になるところ。

 


 

【2008年12月再訪】

元です。

さて、クリスマスも終り、年の瀬となってきましたが、最後は焼肉でしめていくのが僕らしいということで、何連発かで焼肉です。夫婦ともども焼肉好きな我が家は幸せな方で、彼氏は焼肉大好きなのに、彼女は好きじゃない、またその逆なんていう不幸なカップルが世の中にはいるもので、友人Gカップルもそう。その焼肉大好き彼女と肉嫌いの彼と一緒に行ったのがきらく亭

081213きらく亭特選厚切り盛合5000

注文したのは、特選厚切り盛り合わせ(5,000円)。前回の特選盛り合わせ(6,500円)よりもワンランクライトなセットだが、出てくるとボリューム感がすごい。

・特選タン塩厚切り(1切)
・特上ハラミ厚切り(1切)
・和牛ヒレ(50g)
・特選ロース厚切り(1切)
・イチボ厚切り(1切)

それぞれは1切れづつだけど、かなりおなかいっぱいになる厚切りっぷり。

081213きらく亭店内

店内は、品のある雰囲気で、2回に1回は有名人もいたりする。

081213きらく亭ナムル950

ナムル(750円)。

081213きらく亭チャンジャ

チャンジャ(850円)。

081213きらく亭レバ刺1050

レバ刺(1,050円)。この日はやや臭みが気になった。

081213きらく亭厚切りタン

厚切りタン。4枚でほぼ網を覆い隠すボリューム感。周りをサクサクに焼くと、間違いないおいしさ。

081213きらく亭ヒレ

ヒレ。これも贅沢な量。ステーキ屋にいったらこの値段ではすまないだろう。

081213きらく亭厚切りハラミ

厚切りハラミ。この店は厚切りタンとこのハラミが特にうまい。

081213きらく亭厚切りロース

厚切りロース。ロースは厚切りでなくともいいかもしれないと思うが、これはこれでジューシー。満足な食事でした。

 


 

【2008年11月再訪】

元です。

今回、お酒なしでこの店の幅広い肉のクオリティの高さ、コストパーのよさを確認したことで改めて見直した店、きらく亭。メニューの値段を見て「安い!」とはならないのだけど、オーダーして出てきた肉を見た時(特に厚切り系)のボリューム感と味を楽しむと、結果「リーズナブル」と感じるのだ。

今回は、食べることが好きな弟夫婦と我が家で、昼焼肉として伺った。お互い車なので、酒なし。

今回認識を新たにしたのは、特選盛り合わせ(6,500円)をオーダーしたから。こちらは、1人分の値段なので、一見高いのだが、むしろの出てきたときのボリュームとクオリティが値段を凌ぐ。内容は、

・特選ロース焼きしゃぶ(1枚)
・和牛ヒレ(50g)
・特上ハラミ厚切り(1切)
・イチボ厚切り(1切)
・特選タン塩厚切り(1切)
・特選カルビ(2切)

これでしっかりお腹いっぱいになるのだから、厚切り肉の大きさ、焼きしゃぶロースの大きさが推して計れるだろう。

081103きらく亭特選もり

4人前の注文が一皿に乗る様はインパクト大。

081103きらく亭タン

まずは、タンから。黒毛和牛の生タンを乗せると、4枚にも関わらず網の上での存在感が強い。炭火×厚切りは、うまく焼ければ最高の仕上がり、下手をするとひどい仕上がりになる、最もハイリスクハイリターンなパターン。表面にしっかりした焼き目をつけて肉汁を逃がさないようにしながら、後半は中への火の通り具合を見極める。表面だけの焼き加減で判断すると、厚切り肉の場合大概中への火の通りが弱くなる。ちなみに、この店の炭火は並べ方、大きさを上手に揃えてあり、網の位置による火加減の差がさほどない。この辺は親切。食べると、間違いないうまさ。お店の方に焼いてもらえるならできるだけお願いしたほうがいい。

081103きらく亭ハラミ焼き

ハラミも相当な厚切り。牛独特の赤味の肉汁が美味しく、ハラミ好きにはたまらない。タン同様、表面の香ばしさと中への火の通し方のバランスが重要な部位だが、うまく焼けたので実にうまい。お酒が入りすぎて集中力のない時に焼くともったいないのだなあ、と改めて思うこちらのお店の厚切り系。山葵醤油がやはりベスト。

081103きらく亭ヒレ

続いてヒレ。小ぶりのステーキとして出しても問題なさそうなクオリティとボリューム。ちょっとしたステーキ店に行けば、数千円となるヒレが、焼肉店(というかきらく亭)になった途端この値段で食べれるのはかなりリーズナブル。一緒に出されるにんにく醤油が合う。

081103きらく亭ヒレ焼き

ヒレも焼いていて気を使う。写真はないが、イチボもステーキとして使われる部位。ヒレのような上品さは無いけど、がっつりかぶりつく醍醐味十分。味わい深い。

081103きらく亭カルビ

カルビはこれでもか、というサシの入り具合。弟は思わずライスを注文。

081103きらく亭ロース

焼きしゃぶとして極薄切りで出されるロース肉。最初巻いた状態で出されたので分からなかったが、広げてみると、網にはすべて乗らない大きさ。薄切りながら食べたあという満足感が強いロース。

081103きらく亭ロース焼き

これをさっと炙っておろしポン酢で食べる。

その他、〆物をなどを注文して終了だが、ほぼこの肉のオーダーだけでお腹いっぱいになる。すべていいお肉で通して1人8,000円はリーズナブル。お酒が入っても10,000円くらいだろう。評価を上方修正。いろんな部位の秀逸な肉でお腹を満たしたい、幸せに浸りたいと思った時はこの店で迷わずこのコースを。

オススメ度:★★★★☆

 


 

【2007年12月再訪】

元です。

金竜山、ジャンボに近い南麻布の優秀焼肉店「きらく亭」。小奇麗な店内と安定的な肉のクオリティの高さで使い勝手がいい。会社から近いのもあって何度も行ってるのに、載せてなかったなあと。

071212きらく亭特上ハラミ厚切り2500.jpg

ここは何を食べても外れないのだけど、特上ハラミ厚切り(2,500円)はなかなか食べ応えがあっていい。ハラミは厚切りにすると臭みが出る場合も多いから、肉の質を問う「厚切り」は実力を試されるんではないだろうか。

071212きらく亭ユッケ.jpg

ユッケも、オーソドックスだけど、ちゃんと美味しい。

071212きらく亭特選タン塩厚切り2500.jpg

特選タン塩厚切り(2,500円)。同じ質の肉もカットの厚さにバリエーションがあって、いろんな楽しみ方ができるのもこのお店の特徴。タン塩は月島の凛がその厚さで有名だったりするが、最近薄くなった凛のそれを考えると、厚切りのタンを楽しめるお店は他にも結構ある。きらく亭の厚切りタン塩もそのひとつ。この食感素晴らしい。

071212きらく亭上カルビタレ2300.jpg

上カルビ(2,300円)は、タレで。米がよく合いそう。1人8,000円ぐらいだったかな。安くは無いけど、クオリティから考えたらリーズナブル。

へえ、きらく亭のお肉送ってくれるんだ。

 

オススメ料理:特上ハラミ厚切り、特選タン塩厚切り
オススメ度:★★★☆☆
南麻布・焼肉「きらく亭」
港区南麻布4-11-26 南麻布ビルB1F
03-3442-0729

 


大きな地図で見る