元です。

文字通り味わう広告というのがあるようだ。なめると味のするシートを広告に使うというアメリカの例。ガムの広告、スナックの広告など、味を伝えたい直接的な広告以外にも、食べ物をテーマにしたテレビ番組や映画の広告、のように、伝えたいメッセージやテーマを”味覚”に変換して伝える、という手法としても面白い仕掛けが出来そう。