元です。

友人が珍しい魚を持ってきて家にやってきた。沖縄で採れるインガンダルマという魚らしいのだが、この魚の脂ののりが素晴らしく、相当に美味しいらしい。ムツの仲間とのことだけど、食べた食感は脂の乗り切ったトロからクセを引いた感じ。これだけ美味しいのに流通しないのは売買が禁止されているからとのこと。なんでも脂の質が体に吸収、分解されないタイプのもので、下痢の症状になるというのが禁止の理由らしい。

だから、沖縄の漁師さんや、そのコネクションがある人にしか口にできないものらしく、沖縄に住む友人の友人が手に入れて東京に送ってくれたものなんだとか。

我が家に冷凍でやってきた切り身の半分は刺身で、半分は塩コショウでソテーした。

081019インガンダルマ切身

刺身は、見た目はびん長マグロのようで、白くて見るからに脂が乗っている。食べると甘い脂が、まるで肉のようにあふれ出す。この脂がうまい。一度冷凍しているので若干身がくたびれているし脂もだらっとしてるんだけど、取れたての刺身はご飯が進みそうな気がする。

081019インガンダルマ刺身

もうひとつのソテーの方もなかなか。珍しいものをいただいた、ご馳走様。

詳しくは、参考リンクに。
・仲村清司の沖縄移住録
・千葉で楽しむ沖縄
・CAPTAIN DUCK