元です。

素人の、素人による、素人のためのワイン会も第6回。今回は我が家。前回とは違って、テイスティングをちゃんと楽しむモードに。冬の我が家では、人が集まると、築地で仕入れる牡蠣が主役に。今回は帆立も買って、泡やシャブリと併せてみる。今回も縛りは3,000円以内のワイン。

最近、ガーデンプレイスのPartyでも、家の前のジャスコでも、「神の雫」セレクトでワインが並ぶ。デイリーワインの価格帯と、「神の雫」で登場するワインの価格帯がハマるんだろうけど、しかし、あの漫画読むとワイン飲みたくなるねー。

090214chablis

牡蠣は、宮城だったかな。三陸産が殻つきでたくさん出ているのだけど、大ぶりのものを、30個購入。30個で1,500円と激安!帆立もこれでもかという大きさで、刺身で食べた貝柱のプリプリ度合いはとてもいいし、ヒモも肝も一緒にバター醤油で焼いたものもたまらない。

今回は、ワインに詳しいゲンから、シャブリ→生牡蠣→飲み込む直前にシャブリ、という味わいの変化の面白さを教授いただく。シャブリ後の牡蠣はミルキーさがより立って、そして牡蠣の後のワインは、味の変化があって面白い。