【2010年3月再訪】

どちらかというとぶっきらぼうな、男ばかりで迎えられるのに、料理からはおふくろの気遣いのようなものを感じさせる中国料理店。カウンターとテーブルで20席足らずのこじんまりしたお店がまた居心地よい。

黒板に書かれた日替わりのメニューを眺めて好きなものを注文するのもよいが、一人の夕食には2,100円の夜定食がお勧め。選べる前菜、野菜炒め、選べる麺かご飯ものとデザートは、お腹いっぱいになる幸せな夕食だ。

DSC_2388

はっきりした強い味の中国料理店が多い中で、やさしい味わいと野菜を上手に取り入れたメニューが印象的。かといってぼやけた味ではなく、狙いすました焦点にピッタリと合った美味しさ。

DSC_2378

選べる前菜のうちのひとつはピータン豆腐。

DSC_2382

こちらは蒸し鶏。その他、焼売、春巻きも選べる。

DSC_2385

その日の野菜炒めは、空芯菜の黒酢炒め。黒酢の甘みがいい感じ。

DSC_2386

そしてご飯ものは、担々麺、酸辣湯麺、炒飯、チリ玉炒飯から選べる。選んだ酸辣湯麺は、とろみがしっかり、辛みと酸味がマイルドな食後感のいいタイプ。

DSC_2389

こちらはチリ玉炒飯。

DSC_2391

塩漬けの桜がいいアクセントになった杏仁豆腐のデザートもついて2,100円。こちらの夜定食は、満足度が高い。足繁く通える味と値段で、活躍間違いなしのお店。


【2009年12月再訪】

元です。

夜に来たいと思いつつ未だにランチのみのこちら。野菜を上手に取り入れる優しい印象の中国料理。この野菜使いが味わいのオリジナリティにもなっている。

DSC_1322

ジャージャー麺のランチ。餡には芋が入り、その甘みで全体を優しく包んでいる。

DSC_1321

煮物とご飯もついて、食後にはデザートも。摺りりんごの乗った杏仁豆腐も美味しかった(1,000円)。

夜にも2,000円の定食があり、残業飯にも使えるかも。次こそ夜に来るぞと。


【2009年3月訪問】

元です。

赤坂ランチシリーズ。野菜素材を巧みに入れ込んだ料理が印象的な中国料理のうずまき。カウンターとテーブルで20席ほどの家庭的なお店。器や内装に家庭的な和の印象があって、料理にもそれがあらわれている気がする。BGMはジャズ。

090317うずまきアップ

こちらは坦々麺。胡麻が利いたタイプのしっかり坦々麺だけど、しゃきしゃきの水菜や松の実が乗って、見た目と食感が軽くなっている。

090317うずまき坦々麺

シュウマイやライスがついて1,200円。一緒についてくるシュウマイには何か根菜が入っていてこれも食感がいい。

090330うずまき鶏とトマトの汁そば

こちらは鶏とトマトの汁そば(1,000円)。トマトの酸味が爽やかなあっさりとやさしいラーメンだ。

他にも南瓜が具材に入ったジャージャー麺や、野菜マーボー麺、など野菜が入った、おふくろの気遣いのようなものを感じる中国料理店。

中華 うずまき (中華料理 / 赤坂、溜池山王、六本木一丁目)
★★★☆☆ 3.0

オススメ度:★★★☆☆
予算:1,000〜1,200円
赤坂・中国料理「うずまき」
03-3584-2116
港区赤坂5-5-11 赤坂通り50番ビルB1