【2010年8月訪問】

元です。

リーズナブルなイタリア料理で、肉と、ワインとグラッパをワイワイ楽しむのに最適な西麻布のFiorenza京橋のリストランテに対して、こちらはオステリア。ガツガツつまみを頼んで、ガブガブ飲むのに、立地も価格帯もいい具合。この時もチームの宴会で伺う。

DSC_0892

グラッパの品揃えが複数あり、強い酒としっかり味の肉料理の相性もいい。
DSC_0883

前菜盛り合わせ。上は、メカジキスモークのカルパッチョ。右側は、鹿のテリーヌ、スパイシーで濃厚。右下は、ナポリ風牛肉のポルペッティーニ、松の実や干しブドウ入。ムール貝のフリテッレ、イワシのマリネ、真ん中は、ペペロナータ。

DSC_0884

「マロレッドゥス」というパスタ、羊とサフランのラグー。肉の味がグッと強い。通常はトマトソースで合わせることが多いそうだ。

DSC_0887

ベーコンも生クリームも使わないカルボナーラ。京橋のリストランテでも食べられる、しっかり味のパスタ。

DSC_0888

メカジキのメッシーナ風。松の実、ケッパー、干しブドウ、オリーブ、この辺の旨みと酸味と甘みのバランスはメイン素材を選ばないね。家庭料理でも応用が効く。

DSC_0894

牛肉のインヴォルティーニ。「包む」とうい意味の料理で、牛肉を薄くたたいて、香草が入ったパン粉を牛肉で包んで焼く料理。松の実類にオレンジの皮とオレンジの汁が入って爽やかな一品。 

DSC_0895

デザートはリコッタチーズのスフレとティラミスの木苺風味。

DSC_0899

酒飲み派は、グラッパぐびぐび。

DSC_0903

ゴルゴンゾーラドルチェ、ペコリーノディピエンツァ、タレッジョのチーズ3種。美味しく飲んで食べる覚えておきたいお店だ。

オステリア フィオレンツァ イタリアン / 広尾駅六本木駅乃木坂駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0

オススメ料理:肉料理、グラッパ
オススメ度:★★★☆☆
予算:8,000円
西麻布・イタリア料理「Osteria Fiorenza(オステリア フィオレンツァ)」 
03-6447-0144
港区西麻布3-17-25