元です。

昨年「クリスマスは、暖炉のあるログハウスで過ごしたいよね」なんて会話がキャンプ仲間で盛り上がり、さっそく探して行ったのが修善寺の貸し別荘。いつものキャンプと違って、料理は持ち寄り、キッチンで料理をして振舞うルールにした。器にこだわったサングリアあり、チキンの丸焼きあり、一斗缶で登場する牡蠣あり、ジンジャーブレッドハウスありの楽しい夜。僕は、ワッキーさんに教えてもらった超簡単ジャークチキンを前日から仕込んで、当日は焼くだけ。

吹き抜けのログハウスは子どもにとってはツリーハウスのように楽しいらしく、ほっといても全く平気なんで、親たちも幸せ。 

NEF

ご近所岩見ファミリーが大きなキャリアで運んできたのは、華やかなカットのボウルとグラス。サングリアもこういう衣装を着せられて幸せそう。
NEF

7ファミリーorカップルでの宴席のはじまり。

NEF

坂西家は一斗缶で牡蠣を届けてくれた、焼いてホクホク。

NEF

我が家のジャークチキンは、KALDIで買えるグレースのジャークシーズニングに、一晩漬け込んで、後は焼くだけという手軽さ。オールスパイス、ニンニク、エスカリオンなどをベースに作られたスパイシーな調味料だが、これが実に美味しい。妻のアイデアでパクチーを散らすと、フレッシュな香味がついてまたいい。

NEF

アントン家はサラダと、

NEF

立派なジンジャーブレッドハウスを。子供たち釘付け。

NEF

お馴染みワッシーは寒空の下、炭を起こして丸鶏を焼いてくれる。クリリン夫婦は、タコスやシュトーレン、ごうカップルは、ベーコンなどを仕入れてきてくれて酒が進む。そして深谷カップルは、クリスマスケーキを。豪勢なラインナップで、体が膨らむぜ。

NEF

かいと君からは、バイオリンでのクリスマスソングも披露され心が豊かになる夜。

NEF

敢えて懐かしのプレゼント交換などもやってみたりして。

NEF

美味しそうなドレッシングをゲット。

NEF

子供も大人も思い出に残るな、これは。

NEF

キャンプもいいが、こういうのもいいね。

NEF

よし、また行くぞと。