しずる!写真グルメガイド

オススメのレストランとメニューを写真で紹介する”本能直撃”グルメガイド。

【東北・北海道】

弘前・蕎麦「高砂」3

【2009年4月訪問】

元です。

桜祭りの弘前城公園から一歩足を踏み入れた趣のある日本家屋の一軒家。隣にあるルネッサンス様式の洋館「青森銀行記念館」が目印。大正2年創業のお店は古きよき清潔感にあふれている。大きな空間の中に、土間のテーブル席とお座敷の席が一続きになっているが、空間をゆったり使った席配置で落ち着きがある。蕎麦はシンプル。細めで喉越しのよい麺とあっさりめのつゆ。

東北旅行の食事処を全面的に頼っているloropianaさんからの紹介。

R0020152

ざるそば(700円)。ボリュームもしっかりしている。

続きを読む

いわき・うなぎ「魚栄」3

【2008年11月訪問】

元です。

うなぎといえば、11月に弟の住むいわきに行った際、食べログで全国うなぎNo.1に輝いている魚栄が美味しかった。老舗であろう古い日本家屋で供されるうなぎは、注文後に活の状態からさばかれるので、待ち時間は長い。ただ、電話での事前注文が可能だし、お店では家族(らしい)で分担作業をしているので、調布の鈴木のようなストイックさは感じない。電話予約の際、注文もしておけば、効率的。

081130魚栄うな重アップ

僕らはお店に入ってから注文したため、ゆったり待つことに。出てきたうな重は、厚みがあってふくっらしており、焼きがやや弱いかとも思ったが美味しいタレが甘すぎなければ、もっとうまいかもしれない。

続きを読む

いわき・うどん「玉藻」3

【2008年11月訪問】

元です。

うどんが続きます。弟の住むいわきに遊びに行った週末に食べてヒットした讃岐うどんの店「玉藻」。場所は小名浜。小名浜は日本一のかまぼこ生産を誇るようで、夕月かまぼこの敷地内(?)にお店がある。蕎麦では3たてのよさは明らかに実感できるけど、うどんでも実感できるんだ、というのがこのお店の印象。お店に入ると、ひたすらうどんを打ち続けるご主人(?)とうどんをゆでたり天ぷらをあげたりする店員さんの様子が見世物のように、カウンターの中に見える。

081129玉藻釜玉

シンプルな釜玉が見事。うどんの固さ、コシの強さ、滑らかさが完璧。会社の後輩が「うまい讃岐うどんはまるで刺身」と言っていた言葉を思いおこさせる。ちなみに、生醤油は更にうまい。

続きを読む

札幌・中華料理「茶月斎」

札幌担当ハムっす。色々食べ歩いてる私でも先日要約デビューしたもの、それが上海蟹。初雪の便りも聞こえた札幌の街中なのに静かなたたずまい、「茶月斎」サンにて堪能しました。

お通し

 

 

 

 

 

 

 

お通しに出されたのは??葱の入ったパイ。
パイの中が葱?!と思いましたが、食べると納得!
パイの脂っぽさも消えてさっぱりおいしく食べられます。

ピータン

 

 

 

 

 

 


まずは「ピータンと青南蛮」なんと350円!!ヤス!!安すぎでしょ。
ピータンは目をつぶって食べたらわからない?てくらい臭みもなくおいしいです。青南蛮は種ごとかじってしまい、ヒ〜〜〜〜〜となりました。

 

続きを読む

札幌・ラーメン「すみれ 本店」4

【2007年9月訪問】

元です。

札幌ラーメンを代表する、熱々でしっかり味のラーメン「すみれ」。表面を覆う厚いラードの下には、ラードに蓋をされて逃げられない熱を蓄えた激熱でしっかり強い味のスープと、そのスープに負けないムッチリ噛み応えのある縮れ麺がよく絡んで、「ラーメン食ったぞ」という強い印象が後に残る。

横浜のラー博で、衝撃的な美味しい出会いをしてから、池袋でもお店を出して東京でも食べれる味になったのだが、今回初めて札幌本店の味を堪能できることになった。あ、と思ったら池袋店閉店してる。再び札幌のみの味?池袋は本店やラー博に比べるとやや美味しさで劣ると思っていたのだが、その影響もあるんだろうか。

070928すみれ外観.jpg

本店はたっぷり駐車場もある、ラーメン屋とは思えない立派で大きな店構え。和食の居酒屋風の外観だ。中に入ると、待ち人数人だがすぐに回転して席につけた。

続きを読む

札幌・鮨「鮨の魚政」4

【2007年9月訪問】

元です。

5泊の札幌滞在中3日も通ってしまった、旅行中No.1のお店がここ、鮨の魚政。相当安く鮨が食べれるのだが、「北海道」「市場」というところから想像するようなでかいネタや、ネタの鮮度で勝負するのではない、ちゃんとした江戸前の握りが食べられる店。シャリとネタのバランスがよく、煮きりを塗って供される、ちゃんと料理として完成されている鮨なのだ。朝6時〜12時頃(ネタが切れるまで)という時間的な制約を補って余りある、コストパフォーマンスのよさと美味さが楽しめる。朝食として食べれば朝から満足度の高い幸せなスタートが切れること請け合い。

070925魚政外観.jpg

場所は中央卸売市場の丸果センター内。市場の入り口で警備員に止められて「鮨食べます」と言うと通してもらえた。センター内の一角にある魚政は、カウンターで10席程度。

3日分20数種類の鮨は続きで。

続きを読む

札幌・ジンギスカン「ひげのうし」3

【2007年9月訪問】

元です。

ジンギスカンはあくまで羊肉安くてなんぼ、という前提に立ちながら、羊の肩ロース、ショルダーロール、ラム塩タン、塩ラム、ラムカルビ、ラムステーキ、ランプ、ホルモンなど、色んな部位や食べ方を提案しているひげのうし。ジンギスカンながら洗練されたデザインの店内で、落ち着いて食べることができる。

070924ひげのうしメニュー.jpg

これ1ページすべてラム肉のメニュー。他にもラム肉のメニューがオススメメニューにあるあたり、幅の広さがすごい。正直はずれもあるけど、当たりの肉はなかなかのもの。

続きを読む

札幌・フランス料理「タグチジュンイチ」4

【2007年9月訪問】

元です。

洞爺湖ウィンザーホテルのミシェルブラスで野菜料理を担当していた方の独立店。ミシェルブラス氏の創作料理、絵画のように並べられた野菜やハーブの料理である「ガルグイユ」が有名だが、こちらの店でも野菜のプレゼンテーションが素晴らしい。しかしそれ以上に、素材の美味しさとそれを最高に美味しく引き立てる調理が施された完成された野菜料理が食べられるお店として素晴らしいと思うのだ。

富良野のビストロ「ル・シュマン」の方が「北海道のお店は、素材自体の美味しさに頼って、その素材を美味しく調理するという意識に欠けているところが多いような気がします」と仰っていたのだが、こちらのお店でその言葉を思い出した。こちらは、野菜の素材へのこだわりはもちろん、それを美味しく食べるということに心血を注いでいることがはっきり分かったから。この日は札幌ならではの最高のランチタイムが過ごせた日。

070929タグチ外観.jpg

円山方面へ向かう途中、細い緑道に面したマンションの1階にあるお店は閑静で、ガラスのファサードに映りこむグリーンが爽やか。「ミシェルブラス」という名前から想像するよりも随分とカジュアルなのも含め、店に入るところから心が和むのが分かる。

続きを読む

札幌・ラーメン「彩未」4

【2007年9月訪問】

元です。

11:00〜15:15と17:00〜19:30という短い営業時間や、市内からちょっと外れた立地という不利な条件にありながら、地元の方に非常に人気の高い札幌ラーメンの「彩未」。メニューの一番最初に書いてある味噌ラーメンがウリなのだろうが、味噌の味の強さよりも旨みが立っており相当美味い。上に乗っている生姜も新鮮だが、意外にもマッチングがよく、後味の引きをよくしてくれる。

札幌ではすみれ最強と思っていたが、それと並ぶ、いやそれ以上かも知れないお店だと思った。「すみれは美味しいと思うけど、ちょっと1杯食べるのはきつい」と思う人にはぴったりかも。

こちらは、地元で1店1店メモをとるほど、食に思い入れのあるグルメのリリーさんに紹介いただいたお店。

0709291彩未外観.jpg

夜の開店時間17時直前に到着すると店の前には行列が。駐車場に停めて店の前に行くと丁度のれんがかかる。行列必至と聞いていたのだが、運よく1回転目に入ることができた。

続きを読む

札幌・スープカレー「アジャンタ インドカリィ店」3

【2007年9月訪問】

元です。

札幌でオススメして頂いた、元祖といわれるスープカレーの店。お店には「インドカリ店」と書いてあるので、スープカレーはインドカレーがルーツということになるのか。カレーはサラサラのスープ状態なのだが、スパイスが効いていて、汗がじわじわ出てくる。スパイスの風味の強さとさらさら飲めるおいしさは台湾料理の薬膳鍋にも通じるものがありそう。

渋谷のスープカレー「」で衝撃を受けて以来、都内でいくつかスープカレーを食べたのだが、こちらのお店は一段とさらりとしたスープ。飲み物としてのスープとして成立している感じが強い。

070925アジャンタ外観.jpg

札幌中心地から車で10分ほど走ると、郊外の雰囲気の中にポツンとあるお店。お昼のピーク時間を過ぎた14時お客は数えるほど。席数は30席ほどか。

続きを読む
しずる写真
食べログに参加してます
Blog内検索

しずる!検索 WWW検索
Twitter
問い合わせ
最近のコメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
しずる!人気レストラン
月別の記事
エリア・料理別記事
しずる!写真グルメガイドとは?

しずる【sizzle】とは、もともと英語で肉の焼ける「ジュージュー」という擬音語。「本能的に食欲をそそる、官能に訴える」という意味の言葉。

とにかく食べる事に貪欲な2人が、東京を中心にお勧めのレストランを、”本能を刺激する写真を通じて”紹介するガイドです。お店だけでなく、そのお店のオススメメニューを紹介。

【オススメ度】の目安

★★★★★ カテゴリーの最高峰で、他の追随を許さない店。最後の晩餐ならココ。
★★★★☆ 複数の観点で満足度が高く、通い続けたい愛すべき店。
★★★☆☆ 特徴が立っており、人に薦めたいと思う優良店。
★★☆☆☆ 基準となる可も無く不可も無い、多数派を占める店。
★☆☆☆☆ 存在意義を感じない店。

*文章・写真の無断転用を禁じます。使用したい場合はメールを下さい。
げんプロフィール

げん

食べる事、特に焼肉が好き。大勢で食べ「全メニュー制覇」を狙う「焼肉倶楽部」/癒し系ラウンジ「Lounge406」(終了)/オトナの修学旅行・オトナの運動会など「オトナ企画」主催。

ランキングなど

食べログ グルメブログランキング

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログパーツ
  • ライブドアブログ