しずる!写真グルメガイド

オススメのレストランとメニューを写真で紹介する”本能直撃”グルメガイド。

【銀座・新橋・築地】

新橋・割烹「ひろ作(ひろさく)」4

【2010年3月訪問】

元です。

とんでも無く素晴らしいランチはこの店をささずしてどこを、という「ひろ作(ひろさく)」。2,000円(現状は値上がり?)で7品出てくる上に、どれも丁寧に手をかけて出される。昼からお酒が欲しくなってしまうこと請け合いの上質ランチだ。締めの蕎麦も美味しく、この蕎麦だけでお店がひとつ成り立つかも、という具合だ。

せいろ01

席について、一皿食べるごとに顔がほころぶ。 続きを読む

銀座・ステーキ「加藤牛肉店」3

【2010年7月訪問】

元です。

西にくいしんぼー山中があるなら、 東に加藤牛肉店あり、ということかも知れない。山形の雌牛にこだわった、ステーキを中心として肉コースを展開しているレストラン。フライパンを使い、多めの油で周りをカリッと、中をジューシーに焼き上げる、香りのいい確かな美味しさのステーキがいただける。質のいい肉を、食感のギャップを上手に作って食べさせるタイプのお店。複数人でコースを注文すれば、メインのステーキで選べる部位を複数ミックスすることもできて、楽しさが広がる。また”牛肉店”というだけあってステーキだけにとどまらない。前菜のハムやハンバーグ、締めのお茶漬けやカレーまで、肉を美味しく食べる料理達が続くのだ。

DSC_0418

ステーキで選べたのは、サーロイン、イチボ、ランプ。遅れて合流した友人のシャトーブリアンも美味しそうだった。 続きを読む

築地・居酒屋「やまだや」3

【2010年5月再訪】


元です。

近くの魚や粋で軽く飲んでからやまだやに来るつもりが、魚や粋も美味しいもんだからお酒が進み、しっかり飲んだ後の2軒目になってしまった。しかしやまだやも素晴らしく、結果的にはこちらでもガッツリ。お酒とつまみがそれぞれ美味しく、互いを進めてしまう、ちょっと恐ろしくもあるのが居酒屋やまだや。

築地近くで期待する魚の美味しさもさることながら、工夫がつまった、そしてお酒にぴったりのつまみ達がどれも美味しい。

DSC_0310

しっかり脂の乗ったベーコンは、それに負けないように香ばしく焼いてあり、荒く削った胡椒とバランスがいいパンチのある肴。ビールによく合う。 

 

続きを読む

築地・居酒屋「魚や 粋」3

【2010年5月再訪】

元です。

「築地でサクっと、牡蠣で飲む」そんな時に最適な「魚や粋(いき)」 。最近は年中混雑して観光化する築地場内外と一線を画す、築地四丁目の交差点角にあるこちら。お土産屋を中心とする商業ビルの中という、飲食店がありそうもない場所に現れるから、場内のような混雑はないし、その一方で牡蠣を中心とした魚介のクオリティは抜群。

この店まさに”あらわれる”という表現がぴったりで、このビルの店舗のシャッターが閉まる夕方、その廊下を利用して出現するのだ。折りたたみのテーブルと椅子は、長居には向かないが、いつも人で溢れている。

DSC_0278

仲卸が展開するこちらでは、季節ごとに美味しい牡蠣を複数用意してあり、食べ比べが実に楽しい。岩牡蠣と真牡蠣を食べ比べ。 
続きを読む

銀座・割烹「明日葉(あしたば)」

【2010年7月再訪】

元です。

銀座の和食ランチとしては破格のコストパーの明日葉。ここの大きな鯛の兜煮定食800円は、味も量も満足度が高い。やや甘めの味付けはご飯のおかずとしてぴったりだし、大ぶりの身はふっくらとしてかつ食べやすい。常連になると頼める「おまかせ」は、ランチメニューを組み合わせて提供してくれて、これまた幸せな気分で、午後を迎えられる。

場所は銀座1丁目の岩戸が入っているのビルの3階。カウンターとテーブルをあわせて10数席の小箱。関西出身の一見気難しそうなご主人がカウンターを仕切る。「ぶっきらぼうだが、内側に入るとすごく気さくないい人」と知り合いの談。

DSC_0752

鯛のかぶと煮の大きさに驚くが、大きさだけでなく味もいい。味がよく染みた身も、目の周りのゼラチンもごく美味しい。そしてこれにあわせるご飯も美味しいからいうことない。ダイエット中には避けた方がいいお店なのかも(^_^;)。 続きを読む

新橋・焼肉居酒屋「和牛食堂 まるに」3

【2010年5月再訪】

元です。

立ち焼き屋としてカジュアルな業態の焼肉屋ながらその肉のクオリティが立ち焼きとは思えないレベルのまるに。ランチは500円というワンコインでリーズナブルに新橋ランチの一角を支えている。甘く煮込まれた牛トロ豆腐は、味の染みたスジ肉と豆腐と大根がごはんにピッタリ。

DSC_0375
 
しっかりパワーを充電できるランチ。 

続きを読む

築地・魚料理「あんこう屋高はし」4

【2010年5月再訪】

元です。

築地場内最高の食事処、高はし。季節の魚を、刺身、煮魚、焼魚で楽しめる。ああ、最高のランチ。キンメの煮付けと刺身をそれぞれ定食にしてシェア。しかしまだ食べたいもの制覇してないな。

DSC_0235

刺身のクオリティも間違いない。脂の質がいいから、後味もよし。ご飯がすすむ君。 

続きを読む

新富町・うなぎ「宮川本廛」3

【2009年7月再訪】

元です。

さて、そろそろ鰻が食べたくなってくるシーズン。昨年のことだが、安心して間違いない鰻が食べることができる宮川。赤坂にもお店がある(WEBに載ってないから別系列?)が、築地のお店の方がクオリティが高い。お腹が空いていた勢いで、中入れ丼(4,725円)を注文してしまう。これを選ばずともこちらの鰻の美味しさは間違いないのだけど、その鰻を「もう入らない!」と思うほど食べる子供じみた幸せを味わいたい、そんな気分だった。


R0021412

二重に乗せられた鰻のボリュームは流石に凄い。

続きを読む

新富町・蕎麦「古拙」3

【2009年4月再訪】

元です。

この辺だと、恐らくメディア露出が一番多いメジャー蕎麦店かと思うが、入り口のサインが無く見つけにくいビルの2階のお店は、まるで人目を避けているようだ。静かなお店で供されるお蕎麦は品よく、美味しい。

R0019800
 
暖かい蕎麦の小椀と、盛り蕎麦と、小鉢のついた蕎麦御膳(1,680円)を注文。続きを読む

銀座の地下で、カレーうどん祭り

元です。

銀座ベルビア館の地下で、カレーうどん誕生100周年の今年6月2日〜1ヶ月限定のイベント、カレーうどん革新ラボ が始まった。デリーのキーマカレーがのったカレーうどんやら、鰹だし香る和風のカレーうどん、カレーつけ麺うどん、カツカレーうどんなど、常時16種類以上のカレーうどんが楽しめるイベントだ。

カレーうどんの強敵「カレーの飛び跳ね」から洋服を守る完全防護服も用意されており、カレーをほとばしらせながら集中して楽しむこともできる。ルックスは完全に罰ゲームだけど。

DSC_0402

ご一緒した方々はこちら。

みんなで、ワイワイとカレーうどんを食べ分ける。 続きを読む
しずる写真
食べログに参加してます
Blog内検索

しずる!検索 WWW検索
Twitter
問い合わせ
最近のコメント
しずる!人気レストラン
月別の記事
エリア・料理別記事
しずる!写真グルメガイドとは?

しずる【sizzle】とは、もともと英語で肉の焼ける「ジュージュー」という擬音語。「本能的に食欲をそそる、官能に訴える」という意味の言葉。

とにかく食べる事に貪欲な2人が、東京を中心にお勧めのレストランを、”本能を刺激する写真を通じて”紹介するガイドです。お店だけでなく、そのお店のオススメメニューを紹介。

【オススメ度】の目安

★★★★★ カテゴリーの最高峰で、他の追随を許さない店。最後の晩餐ならココ。
★★★★☆ 複数の観点で満足度が高く、通い続けたい愛すべき店。
★★★☆☆ 特徴が立っており、人に薦めたいと思う優良店。
★★☆☆☆ 基準となる可も無く不可も無い、多数派を占める店。
★☆☆☆☆ 存在意義を感じない店。

*文章・写真の無断転用を禁じます。使用したい場合はメールを下さい。
げんプロフィール
ランキングなど

食べログ グルメブログランキング

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログパーツ
  • ライブドアブログ