しずる!写真グルメガイド

オススメのレストランとメニューを写真で紹介する”本能直撃”グルメガイド。

【取寄・土産・ケータリング】

緑色のたまご

元です。

呼んでいただいた青森県産品試食会でお土産にいただいた「緑の一番星」という卵。なんと卵の殻が緑色。

081214緑の一番星玉子

写真だとわかりにくいのだけど、肉眼では間違いなく緑色のたまご。青い卵を産む品種の鳥と、茶褐色の卵を産む品種の鳥を掛け合わせたそうだ。色を緑にするために交配したということではなく、美味しさと健康を考慮してこうなったそうで。αリノレン酸を含むエゴマを餌にあげている。

しかも「卵黄卵白バランス」という聞いたことのない言葉、卵黄と卵白の量のバランスのよさを追求したようだ。何の量かというと卵かけご飯。

さて、卵の中の色は・・・。

続きを読む

弁当「トゥーランドット」3

【2008年12月】

元です。

正直、”ランチがお弁当”というとモチベーションが下がるタイプ。料理のクオリティだけじゃなく、お昼は外の空気を吸って、ちょっと歩いて、仕事のモードを切り替えて会話を楽しみながら、外で食事をする。そんな外食に関わるトータルの行為がランチの楽しみだったりするから。

その分お弁当の場合は、それ以上の”何か”が欲しくなる。トゥーランドットのお弁当もその何かを持っている。中華の幕の内で、おかずのバラエティ豊かで、色味も華やか。味ももちろん、そんな華やかさで満足。花咲かランチは間違いない。

081204トゥーランドット弁当

ランチが充実すると午後のやる気につながります。

続きを読む

弁当「旬香亭」3

【2008年11月】

元です。

会社の打ち合わせでのお弁当は旬香亭。題して「大人のお子様ランチ」。割とポピュラーな料理がちょっとづつ多種類入っている。洋食の幕の内といったところ。コロッケやエビフライや、サーモンムニエルや、鶏のグラタン焼きやらが入る。

081105旬香亭大人のお子様ランチ

確かに、いろいろ食べられて、なかなか美味で満足度高し。花咲かランチのデリバリー弁当は本当にどれも外さない。お店のほうは未訪なので、今度行ってみることにしよう。フリッツも山田シェフが和食に転向してしまったエルブジ風のメルカドもなかなか面白かったし。

続きを読む

トマト嫌いのためのASOジュース

元です。

多忙&風邪でダウンにつき、ちょっくら休んでました。急に寒くなったもんだから、体調崩しやすいのに、酔ってリビングで寝てしまったのが敗因。気をつけなければ。さて、頂きもののASOトマトジュース。ヒラマツのお店でも出てくるものが売ってるようだ。

081004asoトマトジュース

*写真を拡大できるようにしてみました。

続きを読む

ペニンシュラブティック&カフェのマンゴープリンを頂く

【2008年8月】

元です。

晴れて7月に弟と入籍した義妹が我が家に遊びに来た時に、ペニンシュラで買ったマンゴープリンをお土産に買ってきてくれた。

080803ペニンシュラ箱

派手な包装に包まれたマンゴープリンは、Vシュランで見て美味しそうだったので買ってきたものらしい。FTAで最近ドンドン入ってきてるマンゴーはここ数年で急に身近になった果物かも。

続きを読む

Mishimaバナナサイダー

元です。

ジャスコでやってた青森フェアで売っていた、キャッチーなMishimaバナナサイダーを購入。

080730mishimaバナナサイダー

バナナとサイダーはミスマッチかと思いきや、意外に悪くない。と思ったら原材料にはバナナは入ってない。

続きを読む

有楽町・スイーツ「ガトーマスダ」3

【2008年7月訪問】

元です。

アド街ック天国の高島平の回を見ていたら、ガトーマスダというアップルパイで有名なお店を紹介されていた。その支店がITOCIAにもあるというので買ってみた。スイーツはあまり食べないけど、レアチーズケーキとアップルパイは割りと好きだったりするもんで。

080723ガトーマスダアップルパイ

リンゴは赤いワイン煮のものと白いシロップ煮の2種類が乗る。冷凍されていて、自然解凍で食べるのだが、パイのサックリ感が残っているのと、リンゴなのに冷凍しても離水してないのがすごい。

続きを読む

築地「マルサン三軒家」の鰹節4

元です。

築地に生牡蠣を買いに行った際にマルサン三軒家で買った鰹節、これがなかなか素晴らしい味。会社の先輩がタマタカで正月に買うというこの店の卸し店が築地にあるというので、買ってみたのだ。

築地の店は料飲店向けなんで、小さなお店の壁に値段が張ってある他はでっかい削り器があるのみ。中に入って、10種類以上の鰹節から一番上等な「血合い抜き」というのを選ぶ。

080119三軒家鰹節.jpg

500g単位で、2,100円。鰹節で2,100円って聞くと一瞬高いと思うんだけど、量あたりで考えたらそれほどでもない。一番上等とはいってもリーズナブル。タマタカではもっと高いようだけど。

その場で注文されてから削ってくれ、100gづつパッキングしてもらう。なんとも綺麗な色の削り節。羽毛のようなフワフワ感で、削りたてだからかしっとりやわらかくもある。使ってみたのは、シンプルなすまし汁とたまごかけご飯。

続きを読む

的矢カキお取り寄せ3

元です。

仕事の協力会社のグルメな方から教えてもらった的矢かきのお取り寄せ。厚岸、地御前、松島など有名な産地はあるが、こちらも有名らしい。20時間紫外線で殺菌してるんで、生牡蠣も安全なんだって。こちらで、殻つきの生牡蠣と、あとは揚げるだけになって冷凍で送られてくる牡蠣フライを注文。10〜4月までの季節限定だそうで。注文は、萬丸屋というところ

080114的矢かきフライPKG.jpg

牡蠣フライは、250gの1箱が1,600円。

続きを読む

羽田空港・カツサンド「まい泉」VS「万世」

元です。

羽田から千歳に向かう朝の腹ごしらえ。羽田で常に2つ並べて売られている万世まい泉のカツサンドは、いつもどちらをとろうか迷うもの。ならば、両方食って食べ比べようと今回は、両方購入。

070924羽田マイセンと万世.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同行している4人で食べ比べ、カツサンド対決。さてどんな違いがあるのか。

続きを読む
しずる写真
食べログに参加してます
Blog内検索

しずる!検索 WWW検索
Twitter
問い合わせ
最近のコメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
しずる!人気レストラン
月別の記事
エリア・料理別記事
しずる!写真グルメガイドとは?

しずる【sizzle】とは、もともと英語で肉の焼ける「ジュージュー」という擬音語。「本能的に食欲をそそる、官能に訴える」という意味の言葉。

とにかく食べる事に貪欲な2人が、東京を中心にお勧めのレストランを、”本能を刺激する写真を通じて”紹介するガイドです。お店だけでなく、そのお店のオススメメニューを紹介。

【オススメ度】の目安

★★★★★ カテゴリーの最高峰で、他の追随を許さない店。最後の晩餐ならココ。
★★★★☆ 複数の観点で満足度が高く、通い続けたい愛すべき店。
★★★☆☆ 特徴が立っており、人に薦めたいと思う優良店。
★★☆☆☆ 基準となる可も無く不可も無い、多数派を占める店。
★☆☆☆☆ 存在意義を感じない店。

*文章・写真の無断転用を禁じます。使用したい場合はメールを下さい。
げんプロフィール

げん

食べる事、特に焼肉が好き。大勢で食べ「全メニュー制覇」を狙う「焼肉倶楽部」/癒し系ラウンジ「Lounge406」(終了)/オトナの修学旅行・オトナの運動会など「オトナ企画」主催。

ランキングなど

食べログ グルメブログランキング

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログパーツ
  • ライブドアブログ