しずる!写真グルメガイド

オススメのレストランとメニューを写真で紹介する”本能直撃”グルメガイド。

/洋食/

原宿・自然派洋食「kurkku kitchen(クルックキッチン)」3

【2010年3月訪問】

元です。

オーガニック、無農薬、産直、循環型、野菜がウリ、などという店は左脳的コンセプトが先走って、外食店として人を惹きつける「家では食べられないものを美味しく提供する」という最も根本的な右脳的概念が抜け落ちている店が多い。しかし、そういう話は過去のものになってくるかもしれない、とこの店に来て思った。

kurkku kitchenは、小林武史さんや櫻井和寿さんのAPバンクがプロデュースするお店。しかし、プロデュースパワー以上に、運営側のパワーを感じる力のある素材と、調理が前面に出ている。故に、コンセプトだけでなく、美味しいのだ。メインの肉はとても美味しいし、それを支える野菜たちも美味しい。いい素材をいい調理で、という外食の原則が高いレベルで実現されている。

NEF

ここは、豚が美味しい。以前イベントに呼んでいただいた鹿児島エコファームの豚は、プリフィックスコースのメインにラインナップされてあり、肩ロース、モモ、バラなどが選べる。その他チキン、羊、牛もあるけど。

続きを読む

西調布・洋食「クリスマス亭」3

【2008年9月訪問】

元です。

調布でドミナント展開するい志井グループの洋食店、クリスマス亭。都内ではミッドタウンの東京ハヤシライス倶楽部のハヤシライスを生んだお店だ。実家が近いので、伺う。

080921クリスマス亭外観

印象的な洋風の外観は調布の住宅街の中では目立つ存在、夜はライトアップされてたりする。裏がお墓ということもあって、墓参りシーズンは、その後ここで食事という人が多いそうだ。

続きを読む

調布・洋食「CAFE BUNS」3

【2008年5月訪問】

元です。

調布の実家近くで評判のいいうなぎを食べようと思ったら、13:30でお昼は終了していた。しかたなく近くをふらついて、調布にしては(と言ったら失礼だけど)気を使った外観の洋食のお店に入る。お店はBUNS

080517buns外観

「東京ハヤシライス」というお店のメニューにどうも見覚えがあると思っていると、ミッドタウンに入っている東京ハヤシライス倶楽部と同系列の店だと判明。六本木の店は調布のクリスマス亭の系列だと聞いていたが、どうやらこの会社、2、3店舗の規模ではなく、多業態で多店舗展開するい志井グループというところらしい。母が気に入っている調布の焼鳥屋もい志井、ちょっと歩いて見つけたもつ焼き屋もい志井だったから、調布付近ではドミナント展開しているようだ。

080517bunsハヤシ甘口

注文したのは、オムライス甘口。ミッドタウン同様辛口も選べるみたい。やはり、黒いハヤシライスは香ばしい。小麦粉を焦すという工夫がそんな香ばしさを作っているんだろう。他にも面白いサンドがあったりする。

お店の方の対応が非常によく、気持ちよく過ごせるお店。

続きを読む

築地・フライ「八千代」3

【2008年4月訪問】

元です。

この店のウリのひとつになっている大車海老のフライは、その大きさに華やかさはあるものの味はどうかと思う。それでもアップするのは、帆立フライが美味しいから。まだ一度しか伺ってないのでその真価を知る由はないが、大車海老・帆立・カキのミックスフライで一番美味しかった。

080417八千代大海老帆立カキアップ

大きすぎてあらかじめ半分にカットされて供される帆立のプリプリと衣のサクサクが帆立好きの僕の心を満たす。大車海老を注文しなければ、1,000〜1,500円で色々なフライが楽しめるから、それで十分かもしれない。

帆立は半生でこんな感じ(マッシーのグルメ日記さん)

続きを読む

神保町・洋食「レストラン七條」4

【2008年4月訪問】

元です。

神保町小学館ビルの1970年代をイメージさせる地下の食堂街の有名洋食店「七條」。ランチ時には行列しているが、ダメもとで13時頃トライすると空席で滑り込む。

ランチの定番ミックスフライランチ(1,300円)。エビフライ2つとクリームコロッケと帆立フライが付く。4月から「タルタルソースの追加は100円頂きます」とのこと。

続きを読む

芝浦・洋食「キクヤレストラン」3

【2008年3月再訪】

元です。

芝浦のキクヤレストランが新装開店していたので、行ってみる。外見からすると、2階も客席?という雰囲気だったが、階段や2階フロアは見当たらず。店内もあまり前と変わらない。

定番のオムコロも変わらぬ懐かしさ。

やっとかめどっとこむさんにある改装前の外観を改めて見ると、前の建物のままの方が”古きよき洋食屋”のイメージでよかったのでは・・・。しかし、創業61年とはすごい。あ、そういや上のマンションだか、ビルだかは以前はなかった!

続きを読む

田町・洋食「グリル満天星」3

【2007年12月再訪】

元です。

ランチの定番満天星では、いつもワンプレートミックスになってしまうので、最近は勝手に「色々食べてみようキャンペーン」中。前回行ったときに「次回は牛テキ丼」と決めてたのに、牡蠣フライの誘惑に負ける。

071212満天星牡蠣フライ.jpg

さっくり揚った牡蠣フライ。次回こそは牛テキ丼だぞ、と。

続きを読む

中目黒・洋食「キサブロー亭」3

なつです☆

中目黒のお気に入り?のショップに行った帰りに、何か食べようということになり
はじめは以前一度伺った「マタギが街へ降りてきた」さんへ行くつもりだったのですが
ちょっとまだ準備中だったこともあり、そのお隣のお隣にあった「キサブロー亭」さんが
とっても美味しそうな予感がしたので、伺ってみることにしました。

 

キサブロー亭 メニュー




























本格洋食がメインのお店のようですが、お酒のおつまみになるメニューもいろいろとありました。
カウンターとテーブル2つほどの15人も入れば満席になってしまう、とても小さなお店です。

続きを読む

宝町・欧風創作料理「Dozen Roses」3

元です。

ブイヨンが効いて、煮込まれたコクも強く、肉料理としても成立するヒレ肉が乗っかった決して家庭では食べれない洋食屋さんのハヤシライスが食べられるDozen Roses。しかも、そのハヤシライスは真っ黒。その他ランチメニューのカレー、ピラフも明らかに手が込んでいる。

ここは、じぶん日記の55aiaiさんのエントリーを見て以来、近くに来たら行きたいと思っていたお店。仕事で、宝町付近をうろうろしていることが多いのだが、昭和通りから1本入った消防署の前にあるこのお店、外観は趣のある洋食屋だが、決して恵まれた場所にあるわけではない。こういうお店、当たりの可能性高いんだよな、と期待が膨らむ。

ランチは、
・カレー     1,365円
・ハヤシライス 1,575円
・魚介のピラフ 1,575円
が基本の3つのようだ。

カレーとハヤシライスで迷うが、ハヤシライス大好き人間としては、洋食屋→ハヤシライスという公式(なんのこっちゃ)に則って、ハヤシライスに決める。なにより「和牛ヒレ肉使用」の文字に、焼肉好きとして引っ張られたのだけど。

座ったカウンターからは、厨房と、おそらくご夫婦で作業されるご主人の動きが覗ける。

070402dozenrosesサラダ

最初にランチのサラダが出てくる。サラダをつつきながら、やはりハヤシライスをどう仕上げていくのかに釘付け。

ソースはフライパンで温められ、それとは別にヒレ肉をその場でカットして、ソテーする。生のヒレ肉はその姿を見るだけで間違いなくおいしいはず。おいしい焼肉屋で目にする肉だ。大きな炊飯器からご飯が盛られ、肉が載ってルーがかかって完成。

さて、そのハヤシライスは・・・・。

続きを読む

東銀座・喫茶店「YOU」3

元です。

今年最後のエントリーになりますかね。このブログもはじめて2年半になり、食い物ブログに変えてから、1年ちょい。今年は、頼もしい食いしん坊の女性も2人協力してくれるようになって、ずいぶん見に来てくれる人も増えました。見ていただいてる方々、ありがとうございます。来年もぼちぼちやりますかね。

さて、今年最後は、オムライス。オムライスといっても、喫茶店のオムライス。割と有名なようですが、場所は東銀座の歌舞伎座となり。昔からある渋くて落ち着く喫茶店がYOU。お店の肩書きは「コーヒー&オムライスのお店」とある。

061226YOUオムライス.jpg

オムライス(880円、写真は大盛り+200円)は、ケチャップライスの上に、オムレツが乗り、さらにケチャップが乗る。横には、福神漬けがそえらえる。テーブルに置かれると、オムレツ部分がプルプルと、プッチンプリンのように震える。

続きを読む
しずる写真
食べログに参加してます
Blog内検索

しずる!検索 WWW検索
Twitter
問い合わせ
最近のコメント
しずる!人気レストラン
月別の記事
エリア・料理別記事
しずる!写真グルメガイドとは?

しずる【sizzle】とは、もともと英語で肉の焼ける「ジュージュー」という擬音語。「本能的に食欲をそそる、官能に訴える」という意味の言葉。

とにかく食べる事に貪欲な2人が、東京を中心にお勧めのレストランを、”本能を刺激する写真を通じて”紹介するガイドです。お店だけでなく、そのお店のオススメメニューを紹介。

【オススメ度】の目安

★★★★★ カテゴリーの最高峰で、他の追随を許さない店。最後の晩餐ならココ。
★★★★☆ 複数の観点で満足度が高く、通い続けたい愛すべき店。
★★★☆☆ 特徴が立っており、人に薦めたいと思う優良店。
★★☆☆☆ 基準となる可も無く不可も無い、多数派を占める店。
★☆☆☆☆ 存在意義を感じない店。

*文章・写真の無断転用を禁じます。使用したい場合はメールを下さい。
げんプロフィール
ランキングなど

食べログ グルメブログランキング

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログパーツ
  • ライブドアブログ