しずる!写真グルメガイド

オススメのレストランとメニューを写真で紹介する”本能直撃”グルメガイド。

/カレー・ハヤシ・スープ/

恵比寿・カレー「吉柳(きりゅう)」3

【2010年10月再訪】

元です。

恵比寿の駒沢通り沿いという分かりやすい場所ながら、看板も見つけにくく、細い階段を上がったところにひっそりとある吉柳(きりゅう)。外観や内装からはなんのお店かわかりにくい和風のカウンターとお座敷のお店。カレーがメインのお店だが焼魚定食もあり、節操無くも見えなくないが、ここのカレーはスパイシーでなかなか美味しい。カレーのお米が、白米、麦、玄米、七穀から選べるのも特徴的。 

チキンカレー02
 
ランチで食べるカレーにはお味噌汁と食後にチャイが付く。チキンカレー(850円)をオーダー。続きを読む

馬喰町・南インド料理「ダクシン」4

【2010年4月再訪】

元です。

馬喰町の高レベル南インド料理店ダクシン。インド料理は小さい子供が食べられるものが少ない印象もあるかもしれないが、実はそうでもない。ここの店のドーサやナンは、3才のうちの子が、親がびっくりするほどよく食べる。日本で食べるカレー中心のインド料理の美味しさの概念を壊して、広げてくれるのは、ダバ・インディア同様、こちらのお店の楽しいところ。

DSC_0656

周りがサクっとしたドーサはそのバラエティ豊かな中身も奥深い。スパイスワークの妙が生きたそれぞれが美味しく楽しい。 

続きを読む

京橋・南インド料理「ダバ・インディア」4

【2010年2月再訪】

元です。

週末の友人達とのランチで向かったダバ・インディア。オープンの12時直前には、店の前に客がわらわらと集まってくる。

DSC_0621

インド料理は特別好きなジャンルでもない、と思っていたが、その考えを覆されたのがこちら。カレー以外の魅力的なメニューが揃い、インド料理の新しい魅力を教えてくれる。

続きを読む

秋葉原・インドカレー「Aarti(アールティ)」3

【2009年11月訪問】

元です。

神田にキャンプグッズを買いに行く際に妻の好きなインドカレーの新規開拓へ。ランチはカレーの数とタンドリーチキンの有無で値段が変わるが、欲張りなんで、カレー3種+タンドリーチキン、ナン、サフランライス、サラダのスペシャルセット。でも1,200円とリーズナブル。ラッシーも付く。残しそうになるほど、お腹いっぱい。

DSC_0262

カレーは選べるんだが、チキン、キーマ、海老の3種をセレクト。海老が美味しかったのと、タンドリーチキンがなかなか。

続きを読む

門前仲町・薬膳料理「ディデアン」3

【2008年11月訪問】

元です。

グルメの街、門前仲町。観光地のメインストリートの周りのお店は質が低いのが定説だと思うけど、富岡神社や成田山深川不動尊などの人の集まる場所の周りにもいいお店がある。こちらのお招き屋ディデアンもそのひとつ。名前からはどんなお店か全く想像できないが、薬膳料理のお店。お昼は、薬膳カレー(940円)が美味しい。

081101ディディアン薬膳カレー

薬膳というと香りが強い、クセがあるというイメージがあるんだけど、ここのカレーはカレーとしてちゃんと美味しい。薬膳だからちょっとクセがあってもしょうがない、と味わうカレーとは違う美味しさ。辛いけど、スプーンが進む引力を持っている味。

続きを読む

東京・カレー「ドン・ピエール エクスプレスカレー」3

【2008年5月訪問】

元です。

週末の家カレー。といっても持ち帰りカレーを買いに行くパターン。一番好きなデヴィコーナーに行くことが多いのだけど、この日は新規開拓で、東京駅のドン・ピエールへ。京橋のドンピエールは、松阪牛を贅沢に使ったオムライスやハヤシライスが美味しいが、そこのカレーを中心に、カレースタンドとしてオープンさせたのが、東京駅の店。

080511ドンピエール東京キーマ

キーマ(1,180円)とビーフ(1,600円)を買って帰ったけどまあまあ。

続きを読む

丸の内・カレー&バー「curva」3

【2008年5月訪問】

元です。

丸の内の国際ビル地下に再開発されたレストラン街kunigiwaの中にあるバー。一見ココでカレーが提供されるようには見えない、高いスツールと丸くてちっちゃいテーブルの店。

080521curvaカレー

プレーンを注文すると、具の無い見た目シンプルなカレーだけど、おそらく野菜やフルーツが溶け込んでいるであるまろやかでいろんな旨みが凝縮しているタイプ。

続きを読む

品川・インドカレー「デヴィコーナー」4

【2008年3月再訪】

元です。

デヴィコーナーの便利なお持ち帰り。相変わらず最高に美味い。オフィシャルサイトを見てたら、原宿六本木にもお店があることを発見。覚えておこう。


【2007年11月再訪】

元です。

コクうまインドカレーのデヴィコーナー。自宅で子守をしている妻と遊びに来ている従弟と食べようと、テイクアウトで。

071117デビコーナー.jpg


カレー3種とタンドリーチキンとナンを。カレーは、手前がエビカレー、左上がチキンカレー、右上がほうれん草とチーズのカレー。どれも素晴らしく美味しい。我が家の人気はチキン。ここのカレーが家でも食べられるのは嬉しい。

続きを読む

銀座・インド料理「カイバル」4

【2007年12月訪問】

元です。

カレーとともにタンドール料理がスパイシーで香ばしくて美味しいインド料理屋、カイバル。お店の看板にも「インドタンドール料理&ワイン」と書いてあるようにカレー屋の枠に収まらないお店のようだ。銀座・有楽町食べ歩きさんを見ると、2006年11月にオープンしたらしい。

071218カイバル外観.jpg

お店は、銀座1丁目の昭和通り沿い。外にかかっているメニューを見ると、ランチは1,000円〜1,500円くらい。

続きを読む

田町・カレー「欧風カレーボンディ」4

【2007年10月再訪】

甘みと旨みが深い中にスパイスが効いた欧風カレーボンディ。チーズをはじめ、乳製品でコクとまろやかさも。ランチの定番のこの店も、ランチではあと半年しか通えないが、移転先の赤坂にも店舗を作って欲しいもんだ。

071030ボンディ.jpg

ビーフカレー中辛(1,450円)。ビーフカレーの中辛ばっかり食べてるな、僕。食べに来にくくなる前に、色々食べてみた方がいいかもしれない。ジャガイモバターも2個は飽きるので、イカの塩辛乗せたい。

しかし、ホームページを見てビックリしたのだが、3,000円〜でコースもあるらしい。しかも料理4〜6品。いったいどんなものが出てくるのだろう。

続きを読む
しずる写真
食べログに参加してます
Blog内検索

しずる!検索 WWW検索
Twitter
問い合わせ
最近のコメント
しずる!人気レストラン
月別の記事
エリア・料理別記事
しずる!写真グルメガイドとは?

しずる【sizzle】とは、もともと英語で肉の焼ける「ジュージュー」という擬音語。「本能的に食欲をそそる、官能に訴える」という意味の言葉。

とにかく食べる事に貪欲な2人が、東京を中心にお勧めのレストランを、”本能を刺激する写真を通じて”紹介するガイドです。お店だけでなく、そのお店のオススメメニューを紹介。

【オススメ度】の目安

★★★★★ カテゴリーの最高峰で、他の追随を許さない店。最後の晩餐ならココ。
★★★★☆ 複数の観点で満足度が高く、通い続けたい愛すべき店。
★★★☆☆ 特徴が立っており、人に薦めたいと思う優良店。
★★☆☆☆ 基準となる可も無く不可も無い、多数派を占める店。
★☆☆☆☆ 存在意義を感じない店。

*文章・写真の無断転用を禁じます。使用したい場合はメールを下さい。
げんプロフィール
ランキングなど

食べログ グルメブログランキング

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログパーツ
  • ライブドアブログ