しずる!写真グルメガイド

オススメのレストランとメニューを写真で紹介する”本能直撃”グルメガイド。

/しゃぶしゃぶ・すき焼き・鍋/

あけおめ、ことよろ2016

元です。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。喪中のために昨年は休んでおりました。Meat of the Year  2015は、那覇にあるまつもとのアグー豚の豚しゃぶです。

 image


夏に旅行した際に、友人に紹介されて伺ったこちらのお店の豚しゃぶは、薄く引いた昆布出汁をベースにはしているものの、アグーから出てくる出汁の味わいはこれまでに食べたことのない、深く、じんわり甘い美味しさ。最後は水炊きのように白濁してくるほど、しっかりとした味が出てくるのに、臭みや雑味はないのが不思議な、上質なしゃぶしゃぶでした。

このしゃぶしゃぶを、黒糖を使ったポン酢とシークワーサー胡椒で食べると、箸が進む進む。

サイドディッシュの、島らっきょうはそのままでも美味しいのだけど、店主に勧められるまま、しゃぶしゃぶしたアグーで巻いて食べるとまた食感と酸味が相まって、違う楽しさ。

決まりきった沖縄料理とはまた違う、地元の食材の楽しみです。

 今年も美味しいお肉に出会えますように・・・・。

Meat of the Year 2013「すっきゃねんもくもく」のハラミ
Meat of the Year 2012「馬力屋」のにんにくサガリ
Meat of the Year 2011「あさくら」の特上ロースカツ
Meat of the Year 2010 「いっしん」の泡醤油で食べるステーキ
Meat of the Year 2009 「よろにく」のヒレ
Meat of the Year 2008 「七厘」の幻のタン
Meat of the Year 2007 「金竜山」の特上ロース
Meat of the Year 2006 「正泰苑」の上ロース 

取寄・鴨鍋「きむら」4

【2012年1月】

元です。

我が家の冬のお取り寄せ定番のひとつ、鴨鍋の「きむら」。スープの甘みと旨みが深く、飲み干してしまう美味しさに加えて、フレッシュな柚子胡椒がついてくるのも特徴。鴨肉も野菜もとにかく多いので、人数分注文すると残すこと必至。我が家の場合は、3人なら2人前、4人なら3人前、という風に注文する。

DSC_0253

大ぶりの肉も美味しいが、太くて味のしっかりした野菜たちも秀逸。 

続きを読む

お取り寄せ「越後屋」のもつ鍋3

【2011年3月】

元です。

以前子供の同級生ファミリー宅にお呼ばれした際に、食べて美味しかった福岡「越後屋」のもつ鍋を、家でもお取り寄せ。鮮度の高いまま冷凍されたモツやスープは、お店で出されてもそれとわからないほどクオリティが高い。4人前単位の販売だけど、1人で1.5人前くらいはペロリと行けてしまう(というかもっと食べたい!となる美味しさ)。

DSC_1981
 
東京を離れようが楽しめる味だ。続きを読む

大井町・しゃぶしゃぶ&すき焼き「B&M 151A」3

【2011年1月再訪】


元です。

「ブロガーおすすめのひとり飯」でも紹介した、格安しゃぶしゃぶがオススメのB&M151A。大井町周辺では昔からメジャーなステーキハウスB&Mの別業態。オススメはしゃぶしゃぶだし、ディナーはそれ目当ての人が多いが、昼はハンバーグやステーキが主体。近くに寄ったついでに子連れランチでここに来たのだけど、久しぶりなもんで、やはり昼からしゃぶしゃぶを選んでしまう。価格は昼も夜もほぼ同じだが、内容は夜の方がいいので、夜のほうがオススメ。夜のほうがお得というのは珍しいパターンだ。

こちらは、白ワインを鍋に入れるようなしゃぶしゃぶの食べさせ方や、前菜やデザートの手の込みようが特に光っている。それが、豚バラの場合2,000円を切る値段の中に収まっているから驚くね。

NEF

豚バラしゃぶしゃぶ(1,980円)は、SPFポーク使用。

 

続きを読む

銀座・ちゃんこ鍋「佐賀昇(さがのぼり)」

【2010年2月再訪】

元です。

大勢の宴会で使い勝手がよく、そして塩ちゃんこの味がグッドな佐賀昇。塩味の強い柚子胡椒やうどんも特徴があって魅力的。地方から親戚が集まる宴席の店をということなのだが、小さい子供もいるので座敷は必、集合できる時間もばらつきがある、しかし何より東京らしいものを食べさせたい、という条件で選んだのがこちら。

金田中の隣という、新橋の料亭街の中のお店だが、いたってカジュアル、ワイガヤに向いた個室が充実している。

DSC_1248

小さい子供も安心して食べさせられる素材ばっかりだが、この出汁が優しく穏やかに体に染み込む美味しさ。

続きを読む

恵比寿・モツ鍋「蟻月」5

【2009年9月再訪】

元です。

モツ鍋ブーム立役者の蟻月。ブームというと盛り上がって落ち着くもんだが、この店は相変わらずの盛況ぶり。年に1回は食べたくなるここ独特の強いにんにくと甘みの味わい。定番の赤、白、金、夏場の炎に加えて、銀(テールスープ)がラインナップに加わっている。バラエティーのある中では、比較的やさしめの味わいで、「蟻月ちょっと味きつすぎるの」って人にいいかも。

R0022316

とはいっても、にんにくの強さはすごい。スープより一歩前面に来てるかもね。

続きを読む

月島・あんこう鍋「ほていさん」3

【2009年2月再訪】

元です。

冬→鮟鱇→ほていさんという、頭の流れができてしまったほていさん。肝を味付けした独特の味と圧倒的なボリューム感が忘れられない。最初に「そのまま食べてください」と言われるアンキモは、砂糖につけているのでは?という気がするが、企業秘密だそうで。鮟鱇そのもののプリプリ感もいいが、このドブ鍋の味付け自体がこちらの店のオリジナリティ。

鮟鱇鍋の写真は取り忘れですが。

090222ほていさんお造り

ここは刺身もなかなか。毎度食べきれないのだけど、毎度もったいないなあと思う。どうにか工夫はできないだろうか?生なので、持ち帰らせてくれないしなあ。

続きを読む

赤坂・薬膳鍋「天香回味別館」4

【2008年6月訪問】

元です。

お気に入り薬膳鍋の天香回味。日本橋六本木、東銀座のお店には何度か訪れているけど、今年オープンした赤坂別館は初めて。通常は、FC化、多店舗化するとクオリティが落ちるお店が多いけど、鍋のスープがコアコンピタンスのこの店は、調理技術や素材の品質ではなく、レシピそのものを横展開すればいいわけで(もちろん素材の大量仕入れができればなんだけど)、それがうまくいっているのだろう、どこの店も美味しい。

080603天香回味鍋

廊下などのスペースは若干窮屈な感はあるけど、全席個室で洗練された空間。メインの鍋は仕切られた二つのスープ。60種類の漢方食材がスープに入っているということだ。ウコンが入って、カレーの風味。見た目よりはしっかり辛いのだけど、このスープがとにかく美味い。最初に、白い方と赤い方を合わせて飲ませてもらえるのだが、このスープだけ飲んでても満足できそうな美味しさ。

続きを読む

対馬小路・水炊き「長野」3

【2007年12月再訪】

元です。

以前、出張の際に来てスープが旨かった水炊きの老舗「長野」。ガラと塩と調味料のみというスープは、すっきりと滋味深く美味しい。だけど、それ以上に特徴的なのはそれ以上にポン酢。レモンのような酸味とハチミツのような甘みもある独特のおいしさ。甘いけどすっきり度合いも強くて、鍋がどんどん進む。

今回は、出張でなくプライベートで福岡へ。

071227長野外観.jpg

まわりの風景とは違う日本家屋が間口の細い中に肩身が狭そうに立っている。玉砂利を進むと引き戸の入り口。テーブル席や座敷など奥は意外と広い。水炊きは四つ身、ミンチ、両方のどれかを選ぶ。

続きを読む

六本木・薬膳鍋「天香回味」3

【2007年12月訪問】

元です。

薬膳鍋なのだが、薬膳が体によさそう〜、という理由ではなく、スープが美味い鍋をリーズナブルに食べさせる点で気に入っているお店。日本橋や東銀座には行ったことがあるんだけど、六本木は初めて。

071214天香回味鍋.jpg

六本木交差点からほど近くのスナックかクラブの居ぬきのような内装でかなり料理内容とはミスマッチなんだが、美味しくて安いので気にならない。周りは忘年会の団体多数。宴会向きかも知れない。

続きを読む
しずる写真
食べログに参加してます
Blog内検索

しずる!検索 WWW検索
Twitter
問い合わせ
最近のコメント
しずる!人気レストラン
月別の記事
エリア・料理別記事
しずる!写真グルメガイドとは?

しずる【sizzle】とは、もともと英語で肉の焼ける「ジュージュー」という擬音語。「本能的に食欲をそそる、官能に訴える」という意味の言葉。

とにかく食べる事に貪欲な2人が、東京を中心にお勧めのレストランを、”本能を刺激する写真を通じて”紹介するガイドです。お店だけでなく、そのお店のオススメメニューを紹介。

【オススメ度】の目安

★★★★★ カテゴリーの最高峰で、他の追随を許さない店。最後の晩餐ならココ。
★★★★☆ 複数の観点で満足度が高く、通い続けたい愛すべき店。
★★★☆☆ 特徴が立っており、人に薦めたいと思う優良店。
★★☆☆☆ 基準となる可も無く不可も無い、多数派を占める店。
★☆☆☆☆ 存在意義を感じない店。

*文章・写真の無断転用を禁じます。使用したい場合はメールを下さい。
げんプロフィール
ランキングなど

食べログ グルメブログランキング

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログパーツ
  • ライブドアブログ