しずる!写真グルメガイド

オススメのレストランとメニューを写真で紹介する”本能直撃”グルメガイド。

/居酒屋/

麻布十番・居酒屋「こま」3

【2009年12月再訪】

元です。

麻布十番を代表するベタコテ居酒屋。何を頼んでも料理のクオリティが高いのが素晴らしい上に、このエリアにあって気取らない雰囲気を持っている店は貴重な存在。カウンターと座敷のこじんまりした店内には短冊が並び、酒を飲みながらどれをつまもうか?と考える楽しさがある正しい居酒屋風情。

お店の方の対応は居酒屋らしく、ぶっきらぼうだが、その実つまみ類には繊細ささえ感じる、丁寧な仕事が見て取れる。

DSC_0950

この日は、おくむらで焼肉を楽しんだ後、飲み足りなさを感じて王様と2軒目で向かう。お通しにくわいや煮こごりが出るあたりからして嬉しい。

続きを読む

赤坂・居酒屋「まるしげ夢葉家」3

【2010年2月再訪】

元です。

赤坂代表の大衆居酒屋「まるしげ夢葉家(むようや)」。無尽蔵なバラエティのお酒とつまみに、こことの長い付き合いを決め込む人が多い。日が回っても営業しているので、残業後の軽い飲みにも活躍。

R0022928

牛タン1本焼きという豪快なメニュー。食べきれないので、ハーフでお願いする。

続きを読む

銀座・大衆食堂「三州屋」3

【2010年2月再訪】

元です。

銀座の貴重な文化財とも言える大衆食堂「三州屋」。一冬に一度はこちらでカキフライを食べねばと思う店。銀座周辺にいるときに、コアタイムに食べ損なったランチ店としても、遅めの営業をしているこちらは貴重。

カウンターに座って、「カキフライ」を注文し、おびただしい数のメニューを見回して「次回はあれもいいな」と思うのだが、結局冬場はカキフライに落ち着くのが毎度のこと。久しぶりに「鶏豆腐」も追加してみる。

R0022920

無愛想に盛られたカキフライだが、ボリュームも衣のサックリ感も、噛んだ後に広がるジュワーっとした牡蠣の豊かな風味も、すべて完璧ですな。

続きを読む

赤坂・居酒屋「聳え別邸 となり」

【2009年9月再訪】

元です。

赤坂で酒を飲む居酒屋として使い勝手のいい「となり」。同じく使い勝手のいい聳えの系列で、その隣にあるから店名「となり」。聳え同様見かけはどこにでもある居酒屋風情だが、つまみが間違いないので素晴らしい。焼鳥の店というよりは、炭火焼を中心とした居酒屋つまみの店。ジュースをこぼさないように丁寧に焼いた椎茸や、なめろうなんかがうまかったりする。

R0022345

続きを読む

赤坂・居酒屋「聳え(そびえ)」3

【2009年8月再訪】

元です。

まるしげと並ぶ、赤坂の焼酎居酒屋の代表格と言えるこちら聳え(そびえ)。串かつ、どて焼きで焼酎を飲む20席ほどのコンパクトなお店。ひとつひとつのつまみのクオリティの高さと、焼酎のラインナップが豊富で満足度高し。前回は串かつを一通りという構成、今回は色々つまんで飲むというスタイル。数人で仕事帰りに飲むのにバッチリ。

R0021860

名物どて焼きはスジやホルモンがトロっと煮込まれた味噌味で、酒に合う。

続きを読む

三田・居酒屋「アダン」3

【2009年6月再訪】

元です。

打ち合わせを兼ねた食事で、久しぶりのアダンへ。待ち合わせより早めについたジメジメした日、お店の雰囲気からは想像できないモヒートで爽やかに待てるお店でもある。

なんか、揚げ物と肉料理が多くなってしまったね。

R0020780

ビールによく合う揚げ豚。サクサクほんのりカレー味。

続きを読む

西荻窪・居酒屋「しんぽ」3

【2009年6月訪問】

元です。

わずかな隙間時間を縫っての更新。友人ごうの住む西荻窪での食事。ビクラムヨガ体験後のヘロヘロな体に染み込むお酒と、魚介がうまい店、しんぽ。”コストパー”のいいお店と評される店も、魚介に関しては、安いだけでイマイチということも多い。しかしここは、ちゃんと美味しく食べられる魚介、とうことを前提にしたコストパーの高い店(刺身よりも、火の入った魚介がなおいい)。そして日本酒、焼酎もリーズナブル。

20席ほどで、隣席との距離も近いこじんまりしたお店は、4人がけテーブル、カウンター、急な梯子を上る座敷で構成されている。気軽なチョイメシ、チョイノミにぴったり。

R0020803

この日一番美味しかった甘鯛。鱗ごと、上手に火が入っていて、パリパリの鱗とジューシーにほぐれる身のバランスが美味しい。飲んで食べて5,000円以下のお店とは思えないクオリティ。

続きを読む

勝どき・立ち飲み「かねます」3

【2009年3月訪問】

元です。

勝どき、月島は居酒屋もなかなか充実している。かねますは、都内から外れた場所にありながら、営業時間が16〜20時という、地元の人しか受け付けない構えの立ち飲み屋。マンション建設の傍らで、飲みながら、相当レベルの高いつまみ類が楽しめる。値段は立ち飲み価格としては値が張るが、ちゃんとした割烹で食べられるようなつまみを気軽に、という意味では他にはなかなか無い貴重な店。

090402かねますウニ肉巻き

肉刺しと海苔で、ウニを巻いたもの。これがなかなかうまい。

続きを読む

赤坂・鯨&鮪料理「武蔵」3

【2008年12月訪問】

元です。

赤坂ランチシリーズ。ここで食べて以来、我が家でも頻出メニューとなったもち豚しゃぶしゃぶ。お出汁で食べる、そしてとんかつに添えてあるような千切りキャベツを一緒にしゃぶしゃぶする特徴的なスタイル。これがとっても美味しい。なぜ、鮪や鯨料理の店で豚しゃぶ?という疑問は忘れよう。

外食の魅力は家で作れないものを食べられること、とは思うのだけど、こちらの料理は新しいメニューの発見、という意味でグッド。

081216武蔵もち豚しゃぶしゃぶ

しゃぶしゃぶはランチでも食べられる。1,000円のもち豚しゃぶしゃぶランチ。

続きを読む

広尾・居酒屋「こんや」3

【2008年12月訪問】

元です。

昨年先輩の送別会で行った居酒屋「こんや」。料理教室も大人気の笠原氏(賛否両論)や、川越達也氏(タツヤカワゴエ)、桝谷氏(ルッカ)、吉岡氏(なすび亭)など、この近辺で人気のお店を持つ方々の共同経営のようだ。超人シェフ倶楽部つながりが、この店のきっかけか?スタジオタキトーの人気料理教室も同じキャスティング?なすび亭のWEBでオススメ店舗として他のシェフのお店も載っているあたり、この方々仲良し。

靴を脱いで上がる2階は、おうちのような落ち着きがあるのだけど、外観も内装もメニューのラインナップも、そして値段も、言ってみればよくあるダイニング。ただ料理のひとつひとつが間違いないので、気の置けない仲間同士でフラッと行くにはリーズナブルで使い勝手のいいお店だ。

081212こんや穴子焼

穴子焼き。火入れが上手。添えてある揚げた牛蒡も美味しい。

続きを読む
しずる写真
食べログに参加してます
Blog内検索

しずる!検索 WWW検索
Twitter
問い合わせ
最近のコメント
しずる!人気レストラン
月別の記事
エリア・料理別記事
しずる!写真グルメガイドとは?

しずる【sizzle】とは、もともと英語で肉の焼ける「ジュージュー」という擬音語。「本能的に食欲をそそる、官能に訴える」という意味の言葉。

とにかく食べる事に貪欲な2人が、東京を中心にお勧めのレストランを、”本能を刺激する写真を通じて”紹介するガイドです。お店だけでなく、そのお店のオススメメニューを紹介。

【オススメ度】の目安

★★★★★ カテゴリーの最高峰で、他の追随を許さない店。最後の晩餐ならココ。
★★★★☆ 複数の観点で満足度が高く、通い続けたい愛すべき店。
★★★☆☆ 特徴が立っており、人に薦めたいと思う優良店。
★★☆☆☆ 基準となる可も無く不可も無い、多数派を占める店。
★☆☆☆☆ 存在意義を感じない店。

*文章・写真の無断転用を禁じます。使用したい場合はメールを下さい。
げんプロフィール
ランキングなど

食べログ グルメブログランキング

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログパーツ
  • ライブドアブログ