しずる!写真グルメガイド

オススメのレストランとメニューを写真で紹介する”本能直撃”グルメガイド。

【埼玉県】

川越・ハンバーガー「OATMAN DINER(オートマンダイナー)」3

【2009年5月訪問】

元です。

ダイナーという言葉がピッタリの、ロードムービーに出てくるアメリカ中部のような内装のお店で食べるワイルドで塩コショウと肉の味がしっかりしたハンバーガーの店。グルメバーガーのお店も最近増えて、その大きさや、具材の組み合わせで目を惹くお店もあるが、パティの肉の美味しさが置いてけぼりになっている本末転倒なお店も多い。加えてブランド牛を売りにしたお店も、挽肉とハンバーグという形としっくり来てないお店もある。

基本的なパティの美味しさがちゃんと真ん中にあるっていうのが、美味しいハンバーガーなのだ、とこの店で再認識させられた。

R0020411

アボガドバーガー(940円)。 ポテトとサラダがついてくる。続きを読む

鶴ヶ島・つけ麺「富平」3

【2010年3月訪問】

元です。

超コッテリで好きな味の川越のつけ麺「冨平」。 ゲンコツ、モミジ、鶏ガラに背脂も入り、魚介出汁も加えたドロドロスープ。それに負けない太くてムッチりした麺。チャーシューも香ばしくて美味しい。

DSC_2748

川越の実家に行った際に思い浮かぶファストフード。 

続きを読む

川越・ラーメン「ひかり」4

【2008年2月訪問】

元です。

川越の最寄り駅からも遠い、周りは団地のみで明かりが皆無な、飲食店として僻地にも関わらず行列の出来てるラーメン屋「ひかり」。食べ終わった後に聞いてみるとつけ麺で有名な「頑者」の弟さんがやっているお店らしく「頑者」とは姉妹店だとか。スープはちょっと違うけど、麺は同じものを使っているそうで。

初めての訪問で、夜伺ったのだが、辺りは街灯もまばらな真っ暗闇。知っている人でないと辿り着けなそうな、工業団地の中にぼんやり光るお店。にも関わらず駐車場は一杯だったりする。

中に入って注文したのは、ラーメンとつけ麺。

080202ひかりつけ麺太麺750.jpg

つけ麺(750円)は、太麺と細麺を選べるが太麺をセレクト。出てきた麺は太くて表面が滑らかなうどんのような麺で旨い。歯ごたえもっちり。スープは、魚介とんこつで、とんこつが重たくなるほどは強すぎず、魚介が嫌な後味になるほど強すぎない。しっかり味で香ばしくてかなり好みの美味しさ。太いチャーシューが細切りで入ってる。

唯一の難点としては、スープが冷めていってしまうこと。次回は、「あつもり」だな、こりゃ。

続きを読む

川越・ラーメン「近喜屋」3

【2008年1月訪問】

元です。

つけ麺の頑者で有名な川越にある、ラーメン近喜屋。妻曰く「前は違うラーメン屋だった、ここ」とのことで、割と新しいお店なのかな?カウンターだけの雑然とした店内は黙々と作るお店の方と黙々と食べるお客さん。帰省ついでに年始に立ち寄る。

080106近喜屋メニュー.jpg

つけ麺700円、ラーメン650円、濃口ラーメン750円の他、土日10食限定のさんまラーメン750円、さんまつけ麺850円もあるようだ。「初めてきた店では一番オーソドックスなものを」というセオリーで、僕はラーメン、妻はつけ麺を注文。

続きを読む

川越・とんかつ「楽天」4

元です。

川越に所用で出かけた際に、評判がいいらしいとんかつのお店「楽天」に行く。小江戸の旧家の町並みを歩いて行って、細い路地を入るとその店はある。

070106楽天外観

地元の半径1kmに住んでいる人しか来ないのでは?という質素な外観。一見ではなかなか入る勇気はないであろう、昭和50年頃から時間が止まったような佇まい。ところが、不安を押し殺して、食べて、出てくるときは非常に晴れやかな満足感。

続きを読む

秩父・蕎麦「和味」3

元です。

紅葉を愛でに、長瀞まで足を伸ばした。岩畳からの景色も、緑、赤、黄と美しく静か。

061125和味長瀞川辺.jpg

長瀞から更に奥に行った秩父の町には蕎麦屋と「わらじとんかつ」と書いた看板のお店が目立つ。評判のいい「和味」というお店に行ってみたく、お店に向かうと、街中を外れ、山の中にグングン登っていくことになる。周りにはほとんど何もなく、このお店目当ての人しか通らないのでは?という場所に位置している。

続きを読む

戸田公園・ラーメン「石川家」3

050320石川家ラーメン.jpg

だいぶ前のことですが、弟のダンス公園を見に行った際に戸田のラーメン石川家に行った。やっぱり家系大好きです。美味しい。

続きを読む

西川口・中国料理「異味香」3

ダイエット、毎朝体重を測ってエクセルで記録をつけてグラフ化している。縦軸が体重、横軸が時系列。体重が順調に減ると右肩下がりのグラフになるのだが、これが意外と効果がある。精神的な効果。「食べたい」と思っても、「今朝は体重ステイだったからなあ」と思うと抑制できるのだ。 成果をわかりやすく目に見える形にする、コレ重要。

にもかかわらず、めしネタ。 西川口に用があり、中華料理の「異味香」で食事。この西川口は風俗街として有名だが、改札を出て階段を下りたところにすでにポン引きさんが数人、かなりビビル。 色々な国の言葉を耳にしながら、お店に着くと、30席ほどの店内には客はおらず、中国語で会話をしながら客席で料理の仕込みをするおばさまの後ろに座る。 なるほど、現地の人が集まる町には現地の人が食べるためのお店があって、それはおいしいお店もあるはずだなと思いつつ、注文。

041201煎餃子

有名でウリになっている「煎餃子」を「味がついてるので醤油はつけずに」と言われるとおり食べるが、味が薄い。こっそり醤油をつけるとようやくウマいのだが、それほど騒ぐほどのことはない。

続きを読む

鶴ヶ島・蕎麦「御縁」3

埼玉の鶴ヶ島まで陶芸をしにいった際、近くにおいしいお蕎麦を食べさせてくれるという、「御縁」に連れて行ってもらった。

蕎麦は、挽きたて、打ちたて、茹でたてという「3たて」がおいしいといわれるが、ここも打ちたてを自家挽き、自家打ち。自家ついでにいうと、お店も”自家”製。普通の2階建て木造の戸建住宅を改装してお店にしています。

続きを読む
しずる写真
食べログに参加してます
Blog内検索

しずる!検索 WWW検索
Twitter
問い合わせ
最近のコメント
しずる!人気レストラン
月別の記事
エリア・料理別記事
しずる!写真グルメガイドとは?

しずる【sizzle】とは、もともと英語で肉の焼ける「ジュージュー」という擬音語。「本能的に食欲をそそる、官能に訴える」という意味の言葉。

とにかく食べる事に貪欲な2人が、東京を中心にお勧めのレストランを、”本能を刺激する写真を通じて”紹介するガイドです。お店だけでなく、そのお店のオススメメニューを紹介。

【オススメ度】の目安

★★★★★ カテゴリーの最高峰で、他の追随を許さない店。最後の晩餐ならココ。
★★★★☆ 複数の観点で満足度が高く、通い続けたい愛すべき店。
★★★☆☆ 特徴が立っており、人に薦めたいと思う優良店。
★★☆☆☆ 基準となる可も無く不可も無い、多数派を占める店。
★☆☆☆☆ 存在意義を感じない店。

*文章・写真の無断転用を禁じます。使用したい場合はメールを下さい。
げんプロフィール
ランキングなど

食べログ グルメブログランキング

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログパーツ
  • ライブドアブログ