【2008年12月訪問】

元です。

前回はフランス料理で会食した食べ仲間のひとり、P-サカナさんに連れて行ってもらった居酒屋「つず久」。すでに昨年のことになるけど、印象的な優秀店。立地も店構えも、店内の雰囲気も、この店を知っている人に連れて行ってもらわないと、なかなか足を踏み込みにくい。常連でにぎわっているお店は非常に窮屈で、「通してください〜」なんて言いながらトイレに行く感じの店だけど、人の密度が濃く、明るく楽しい。居酒屋好きのための居酒屋かも。

僕自身もどちらかといえば、こういう空間が好きで、隣の一人客や、お店のご主人とのトークが楽しい。「ご主人が多発するダジャレをうまく返せててるねぇ、カウンター客合格」なんてことを他の常連に言われたりする。

ちなみに料理も全般にウマイ。ムラもあるけど、居酒屋として納得の美味しさ、そしてリーズナブルさ。メニュー名がご主人の人柄を現していて、ダジャレものがいくつか。なので、よくわからないものもあるのだけど「これなーに?」と聞くと、ダジャレ披露が始まります。

081205つず久わさびめし

ここの名物らしい山葵めしは最高。先味でドカーンと北海道産の山ワサビが爆発して涙がでるほど辛いんだけど、引きはものすごく早い。ワサビと海苔をぶっ掛けて醤油で食べるだけだが、釜で炊いたご飯と山葵が合うこと。辛いけどウマイ、病みつきごはん。ご飯が温かいので、山葵の辛さは後半どんどん飛んでいく。早めにガツッと食べたい。

続きを読む