しずる!写真グルメガイド

オススメのレストランとメニューを写真で紹介する”本能直撃”グルメガイド。

ステーキ

銀座・ステーキ「加藤牛肉店」3

【2010年7月訪問】

元です。

西にくいしんぼー山中があるなら、 東に加藤牛肉店あり、ということかも知れない。山形の雌牛にこだわった、ステーキを中心として肉コースを展開しているレストラン。フライパンを使い、多めの油で周りをカリッと、中をジューシーに焼き上げる、香りのいい確かな美味しさのステーキがいただける。質のいい肉を、食感のギャップを上手に作って食べさせるタイプのお店。複数人でコースを注文すれば、メインのステーキで選べる部位を複数ミックスすることもできて、楽しさが広がる。また”牛肉店”というだけあってステーキだけにとどまらない。前菜のハムやハンバーグ、締めのお茶漬けやカレーまで、肉を美味しく食べる料理達が続くのだ。

DSC_0418

ステーキで選べたのは、サーロイン、イチボ、ランプ。遅れて合流した友人のシャトーブリアンも美味しそうだった。 続きを読む

右京区・定食「登喜和(ときわ)」3

【2010年8月訪問】

元です。

京都肉旅行より。京都市内から車で1時間。山道をくねくねと登っていった小さな町にある精肉店に併設された肉系定食屋(とでもいうのだろうか?)登喜和。アクセスの悪いこのお店の評価が高い、というところには無性に惹きつけられるものがある。肉好きメンバーの思いも共通のようで、足を伸ばしてみたのが、確かなクオリティのお肉をステーキやハンバーグ、炒飯、メンチカツなど様々な形で味わえる上に 、至極リーズナブル。”特選和牛”という店の肩書きに恥じないお店だ。特に印象的だったヤキメシは、これでもか、という量の高品質肉が入って1,000円を切るというリーズナブルさ。

隣席はサイクリストの一団だったが、山を登りこの店で食べて帰る、というのが定番になるのは納得できる。「他では味わえないような特別な何か」があるわけではないが、いい肉を極リーズナブルに、というところで貴重。

ヒレステーキ3670-01

大勢で伺い、主だったメニューをシェアしてみる。こちらはヒレステーキ(3,670円)。品質の確かな肉はシンプルな塩胡椒が最も美味しいが、こちらもそう。火入れは、定食屋の域をでないものの、それを超えて十分美味しい。 続きを読む

京都・ステーキ「くいしんぼー山中」5

【2010年8月訪問】

元です。

8月の京都肉旅行より。ご主人の肉への愛と拘りをすべてのメニューに凝縮している肉好きのためのステーキ店「くいしんぼー山中」。前回の肉尽くしコースにも感動したが、今回食べたヒレカツ、ハンバーグ、カレーも抜群に美味しい。特に牛ヒレカツは、人生ベスト1。これ以上、望むものが全くもって見当たらない。京都にこの店あり、だ。京都旅行回るようなエリアからは外れた場所にあるのだけど、足を伸ばして後悔することはない。

特選近江牛ヒレカツ8400-05

最高のヒレカツ(8400円)はデミグラスソースで食べる。 

続きを読む

石垣・ステーキ「パポイヤ」3

【2009年10月訪問】

元です。

*一眼レフ入手記念で、写真を大きくすることにしました。

遅い夏休みで、台風シーズンも過ぎた八重山諸島でのんびり。リゾート型ステイで食事も満喫。Yakiniquestメンバーより紹介していただいたステーキのお店パポイヤへ。石垣では背の高いビルの8階から、石垣港を見下ろしながら食事ができるお店。石垣牛のステーキや、事前予約で食べることができるハンバーグがウマイ。名だたるブランド牛のルーツとされる石垣牛は、その質も間違いないと、何軒かの石垣牛を食べて確認。

DSC_1318

ハンバーグ(3,200円)は、細かめにたたいてあるふっくらやわらかくジューシーなタイプ。おろし醤油で食べるということもあるが、肉質がいいためか、食べ進めても重たくならなず、爽やか。

続きを読む

大井町・ステーキ「B&M」3

【2006年3月再訪】

元です。

今回は実験的に新しい試みの記事でござい。動画にチャレンジしてみました。
(ちなみに、インフルエンザで1週間ダウンし、ブログに穴があいちゃいました・・・。)

最近ちょっといい感じの新業態B&M151Aを展開しているB&M大井町本店に今回は行く。地元で愛されている老舗のコストパフォーマンスの高いステーキ、ハンバーグのお店。以前も紹介したが、この新しい試みにピッタリのお店ということで、再度紹介。

大井本店は(他もそうだが)、ログハウス作りのオールドカントリー調。2フロアで80席。タクシーで自宅から向かったのだが、「品川区役所前の飲食店なんですが・・」というと「ステーキ屋ね」と即答され、タクシー業界でも有名みたい。いつもは、行列しているが、席に着いたのが22時を回っていたこともありさすがに待つ人はいない。が、周りの席にも5〜6組の客がいて盛況。ちなみに、会計を済ました帰りに、どどっと何組か入ってきていたのには驚くし、夜中26時まで営業しているのでもわかるように、夜中の腹ペコさん対応店でもある。

060301B&MBMサラダ

Mサラダ(550円)。玉葱、胡瓜、トマト、コーンなどをドレッシングに漬け込んだサラダ。詳しくはお店のWEBで。

続きを読む

恵比寿・沖縄料理&ステーキ「ラ・ティーダ」3

元です。

クリスマスも過ぎて、今年もあと数日。幸せな年末が迎えられそうでホッする今日この頃。

恵比寿で、何気なく入ろうとして「満席です」と断られて以来、気になっていた沖縄料理&ステーキのお店「ラ・ティーダ」に行った。整然と綺麗な店内は、いわゆる沖縄料理屋らしい民族音楽や居酒屋的猥雑さとは一線を画した、落ち着いて上品な雰囲気。食事をしている人もなんとなく上品な気がしてくる。

沖縄料理とステーキは一瞬相容れるものか、と?が浮かぶが、そういえば沖縄に旅行に行くと、ステーキもやたら目にするし石垣牛などのブランドもあるよな、と納得。

051220ラティーダ海ぶどう.jpg

沖縄の前菜代表、海ぶどう。キャビアのようなプチプチの食感の海藻は好きな1品。

続きを読む
しずる写真
食べログに参加してます
Blog内検索

しずる!検索 WWW検索
Twitter
問い合わせ
最近のコメント
しずる!人気レストラン
月別の記事
エリア・料理別記事
しずる!写真グルメガイドとは?

しずる【sizzle】とは、もともと英語で肉の焼ける「ジュージュー」という擬音語。「本能的に食欲をそそる、官能に訴える」という意味の言葉。

とにかく食べる事に貪欲な2人が、東京を中心にお勧めのレストランを、”本能を刺激する写真を通じて”紹介するガイドです。お店だけでなく、そのお店のオススメメニューを紹介。

【オススメ度】の目安

★★★★★ カテゴリーの最高峰で、他の追随を許さない店。最後の晩餐ならココ。
★★★★☆ 複数の観点で満足度が高く、通い続けたい愛すべき店。
★★★☆☆ 特徴が立っており、人に薦めたいと思う優良店。
★★☆☆☆ 基準となる可も無く不可も無い、多数派を占める店。
★☆☆☆☆ 存在意義を感じない店。

*文章・写真の無断転用を禁じます。使用したい場合はメールを下さい。
げんプロフィール
ランキングなど

食べログ グルメブログランキング

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログパーツ
  • ライブドアブログ