しずる!写真グルメガイド

オススメのレストランとメニューを写真で紹介する”本能直撃”グルメガイド。

ハラミ

南麻布・焼肉「きらく亭」4

【2010年10月再訪】

元です。

ジャンボ金竜山とともに白金・南麻布焼肉ゴールデントライアングルを構成するきらく亭。最近のこのトライアングルの安定を揺るがすお店の出現もあるが、それはさておき。このきらく亭のハイクオリティな肉質と、いつ行っても間違いない揺ぎ無い安定性は、頭が下がる思い。ビアバーだった一階にも店舗を拡張して予約が取りやすくなった今も、決して肉のクオリティが落ちることはない。ちなみに、居抜きで多少狭い1階になるよりは、予約の際に「地下で」という一言を忘れないでおきたい。

厚切りセット5000-01

1人5,000円のセットは、全て厚切りのタン、ハラミ、イチボ、ロース、ヒレのラインナップ。1人1切れとはいえ、圧巻の厚切り揃いで、お腹の満足感は結構なものだ。 

続きを読む

新三河島・焼肉「金龍苑」4

元です。

久しぶりに焼肉が食べたいと思った休日、全幅の信頼をおいているYakiniquestで最高の評価を得ていた金龍苑へ行ってみた。場所は新三河島、自分の住んでいるところからは遠かったが、最高評価とあれば行かずにはいられない。メンバーは一緒にブログをやっているアカハム他、全部で6人。

予約のために電話をかけると、「はい」というだけの返事。お店の名前をいうこともなく、決して愛想がいいとは言えない。人数変更などで、その後2回ほど電話したが、その際も同じで、「人の家に電話したみたい・・。」と思った。しかし、いい意味でその人の家という表現がピッタリなことが分かるのはお店に入ってしばらくたってからだった。

060219金龍苑外観.jpg

オープンするという18:15に予約を取って時間通りに行くと、ちょうど看板に灯りが入る。外観の決して綺麗とは言いがたい様子やガード下という立地もあり、とても一見では入りにくい。

続きを読む

六本木・焼肉「龍叶苑」3

元です。

敬愛するYakiniquestで紹介されていた六本木の焼肉屋、龍叶苑で、会社をやめ独立した友人と会食をした。場所は六本木交差点から3分とすぐ。一本うらの路地で、交差点近くとは思えない落ち着いた場所。

051208龍叶苑店内.jpg

店内は満員。トータル30席ほどの店内には、サラリーマンを中心にわいわいと賑わっていた。

ここのお店のメニューは特徴的。タンのページ、カルビのページ、ロース、ハラミ、など、部位ごとにページが分かれており、各部位の中でもその更に細かい部位、グレード、カットの仕方、味付けなどでバリエーションが選べる。

さらに、付けダレのバリエーションも豊富、鮫皮の下ろし板で自分でおろす生わさび、塩、酢橘が効いたオリジナルのあっさりダレ、甘い焼肉ダレなど、様々なタレが用意される。かといって、「コレはコレで食べるべし!」という押し付けは無く、自分でトライを繰り返しながら、同じ肉でも複数の味を楽しむスタイル。

続きを読む

目黒・焼肉「翠苑」4

元です。

「焼肉倶楽部」という月1回の頻度で大勢で焼肉を食らいまくる、という会を主催している。毎回お店を変えて(ほとんどは僕のオススメ店)行っているのだが、今月は、目黒の翠苑へ。ここは、革張りの椅子といい、蝶ネクタイの店員さんといい、紙エプロンといい、昔ながらのスタイルの同伴系焼肉屋で決して安くはないが、その肉質やサービスが素晴らしい。

店員さんに紙エプロンをつけてもらいながら注文すると、翠苑に来た!という実感が一挙にわいてくる。

051104翠苑厚切りタン塩.jpg

コチラのお店でイチ押しの厚切りタン塩(2,100円)。肉は自分で焼いてもいいが、店員さんが絶妙な加減に焼いてくれる。トングとハサミを使いながら、サイコロ状に切り分けつつ焼いてもらうのだ。店員さんによっては、鉄板の上のタンをトングで放り上げながら焼くというアクロバティックな技も見せてもらえる。

続きを読む

麻布十番・ホルモン焼き「五臓六腑」4

【2006年4月再訪】

今回は、会社の仲間で行ったが、やはり居心地がよく、長居した上に酔って店で寝てしまった。

060414五臓六腑酢モツ.jpg

モツ鍋はまだ試してないのだが、酢モツを食べる限りではモツ自体には期待できる。まあ、どんなスープかにもよるのだが。コリコリと美味しい食感。

続きを読む
しずる写真
食べログに参加してます
Blog内検索

しずる!検索 WWW検索
Twitter
問い合わせ
最近のコメント
しずる!人気レストラン
月別の記事
エリア・料理別記事
しずる!写真グルメガイドとは?

しずる【sizzle】とは、もともと英語で肉の焼ける「ジュージュー」という擬音語。「本能的に食欲をそそる、官能に訴える」という意味の言葉。

とにかく食べる事に貪欲な2人が、東京を中心にお勧めのレストランを、”本能を刺激する写真を通じて”紹介するガイドです。お店だけでなく、そのお店のオススメメニューを紹介。

【オススメ度】の目安

★★★★★ カテゴリーの最高峰で、他の追随を許さない店。最後の晩餐ならココ。
★★★★☆ 複数の観点で満足度が高く、通い続けたい愛すべき店。
★★★☆☆ 特徴が立っており、人に薦めたいと思う優良店。
★★☆☆☆ 基準となる可も無く不可も無い、多数派を占める店。
★☆☆☆☆ 存在意義を感じない店。

*文章・写真の無断転用を禁じます。使用したい場合はメールを下さい。
げんプロフィール
ランキングなど

食べログ グルメブログランキング

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログパーツ
  • ライブドアブログ