しずる!写真グルメガイド

オススメのレストランとメニューを写真で紹介する”本能直撃”グルメガイド。

ホテル

石垣&西表ステイの魅力

元です。

今回の休暇旅行のステイは、西表ではローカルのペンション、石垣ではリゾートホテルを選んだ。子連れなんで、滞在型でホテル完結するリゾートホテルというチョイスだったんだが、ホテルのホスピタリティや、ツアーのアレンジの手際などが温かくスマートで、とてもよかった。

軽井沢倶楽部のステイは、建物こそ古いホテルのリフォームだが、清潔で気持ちのよい時間。なぜ軽井沢?という疑問はさておき。

IMG_0060

*iphone auto stitch

部屋のテラスからは、庭とプール、その向こうには宮良湾とインターコンチを望むロケーション。

続きを読む

名護・鉄板焼き「龍潭」4

【2006年11月再訪】

元です。メリークリスマス。

沖縄で、初めてブセナテラスに泊まったのは、1998年。こんなに本格的で、日常離れしたリゾート空間を見て、本当にここは日本か?と驚愕したのを覚えている。1997年は、ブセナテラスやカヌチャベイの開業、プライベートビーチオクマのリニューアルと、沖縄北部の大規模ホテルラッシュ。沖縄のリゾート度合いが一段と高まったのと同時に、羽田の深夜早朝便枠がドンと増え、沖縄へのツアーが値下がりしたのもこの頃。沖縄は、安近短ならぬ、安本短(あんぽんたん=安価、本格、短期間)リゾートになったね、と会社の先輩と話していたものだ。そんなブセナテラスが、群を抜いている、と思うのは今でも変わらない。

なにより、到着して、ロータリー(というのか?)エントランスに到着して車を降りると、建物の奥には、ビーチが吹き抜けて見える。建物の作りが、ビーチ側は柱だけ、というバリやプーケットで見るような完全なリゾートスタイル。このずば抜けた開放感を感じるエントランスが、まさに日常から脱する”入り口”に見えてしまう。Koolだったか、「This magic moment 〜」という曲で、仕事中の男性がプールの写真の書いてある看板に飛び込んで、日常を脱するあのたばこのCM、まさにそんな感じ。

まあ、そんな印象の強さも手伝ってか、こちらのホテルに入っている龍潭の鉄板焼きも印象深い。沖縄に来ると、そんな非日常を求めて、龍潭へ来たくなってしまうのである。

そんなこんなで、今回も泊まってもいないのに、わざわざブセナまで足を伸ばす。相変わらずの混雑のようで、予約は21時からと遅め。

ウェイティングバー兼、デザートを食べるサロンにもなっている、お店の前のオープンテラスをやり過ごして店内を入ると、コの字の鉄板を囲うテーブルが、4つくらい。それとカウンター。

ちゃんと教育されているのであろう、丁寧だがつかず離れずの、心地いい応対で料理を進めてくれる店員さんたち。料理は基本はコースで、8,000円〜。僕らは12,000円くらいのコースを注文する。

061105龍潭焼き人

手さばきを見つつも、素材についての会話が遠慮なく出来るこのスタイルはいい。

続きを読む

汐留・中華「China Blue」3

元です。

汐留コンラッドの中華China Blueで自分と妻の両親同士が顔合わせランチ。

060708チャイナブルー個室.jpg

最近定着してきた高層階のホテルロビーを端まで歩くとある、ヌーベルシノワ。個室からは浜離宮を望み、個室内は、写真ではわからないが、10mくらいありそうな高い天井が気持ちいい。

続きを読む

汐留パークホテル東京「The lounge」3

元です。

彼女の誕生日の食事の後、ロイヤルパーク東京へ。ロビー階にあるThe Loungeで飲みなおし。

060117パークホテル.jpg

品川のストリングスホテルのように、ロビー階がビルの高層階にあり、さらにロビーから客室まで吹き抜けとなっている。そのロビーラウンジは、屋内にいながら開放感がある。ジャズピアノが静かに流れる中、席間のスペースにも余裕があり、人が疎な感じも心地いい。

続きを読む
しずる写真
食べログに参加してます
Blog内検索

しずる!検索 WWW検索
Twitter
問い合わせ
最近のコメント
しずる!人気レストラン
月別の記事
エリア・料理別記事
しずる!写真グルメガイドとは?

しずる【sizzle】とは、もともと英語で肉の焼ける「ジュージュー」という擬音語。「本能的に食欲をそそる、官能に訴える」という意味の言葉。

とにかく食べる事に貪欲な2人が、東京を中心にお勧めのレストランを、”本能を刺激する写真を通じて”紹介するガイドです。お店だけでなく、そのお店のオススメメニューを紹介。

【オススメ度】の目安

★★★★★ カテゴリーの最高峰で、他の追随を許さない店。最後の晩餐ならココ。
★★★★☆ 複数の観点で満足度が高く、通い続けたい愛すべき店。
★★★☆☆ 特徴が立っており、人に薦めたいと思う優良店。
★★☆☆☆ 基準となる可も無く不可も無い、多数派を占める店。
★☆☆☆☆ 存在意義を感じない店。

*文章・写真の無断転用を禁じます。使用したい場合はメールを下さい。
げんプロフィール
ランキングなど

食べログ グルメブログランキング

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログパーツ
  • ライブドアブログ