しずる!写真グルメガイド

オススメのレストランとメニューを写真で紹介する”本能直撃”グルメガイド。

若狭の海とめし

元です。

中部エリアは、関東へも、信越へも、北陸へも、関西へも比較的近い上に道路網が結構発達しているので、車で遊びに出かけるには、名古屋は絶好の居住地。我が家も周りに色々教えてもらいながら、こちらでは”お約束”の場所を潰して回っている。そして夏の海のお約束が福井の「若狭湾」。「海に行く」と言えば、「若狭?」と返ってくるようなメジャー。にもかかわらず、7月末のピーク時の土日でさえ、それほど混んでないのがいい。

DSC_5792

その若狭湾+敦賀湾の海水浴場で一番水がキレイと言われるのが水島。湾から船ですぐアクセスできる小さな島で波のほとんどない内海。水深2mくらいでも底が見え、エメラルドグリーンに光る想像通りのキレイさ。今は砂が随分と流されてビーチは狭いが、子供を遊ばせるにはいい場所だ。

とはいっても、我が家は我が家なんで、夏の日本海の食ってのが結局メイン。2泊で、夏の甘エビや岩牡蠣、三方のうなぎ、敦賀ラーメンなどを食べまくる。続きを読む

海から見ると別世界の日常

元です。

我が家の周辺は海や運河に囲まれている場所にあって、その運河や海からこの周辺を見ると全く別の景色が見えてくる。そんな発見があったのは、昨年子供の同級生ファミリーからクルージングに誘っていただいたから。浦安から横浜までを往復するデイトリップは、寒いのを差し引いても、子供も大人も楽しい時間だった。

NEF

カモメの羽のグラデーションって美しいね、なんていう発見もあり。続きを読む

キッズスキーデビュー@苗場

元です。

独身の頃は、シーズン入ると毎週水曜日くらいから天気予報とにらめっこして週末のコンディションを確認し、ソワソワしてたんだけど、子供が生まれてから雪山には縁がなくなってしまってた。

だが最近子供が幼稚園のスキーキャンプでデビューしたタイミングで、早く一緒に雪山に行けるようにと、同じ幼稚園のファミリーと一緒に、子供を苗場に連れて行った。 

子供はキャンプで滑る、止まるまでは出来るようになってると聞いてたので、スクールに入れて、親たちもそれなりに楽しもうと思ったのだけど、教え方が違うとうまくは行かないもので、うちの子はギャン泣き。ガンガン降っている雪に埋もれて遊ぶほうが楽しいようだ。

DSC_4189

新雪に埋もれる気持よさは、大人も子供も共通か。 続きを読む

ソリの意外なスリル

元です。

年越しは毎年親族30人ほどで温泉旅行なのだが、ここ数年は長野の富士見高原。温泉以外にも、スキー場八ヶ岳アウトレット大きめの神社と、正月も楽しめる場所が集まっていて、東京からも遠くない便利な場所だ。今年は子供がスキーデビューを控えているので、雪山にも慣らそうと、小さめだけど近場の富士見高原スキー場に連れて行く。

最近の流れなのか、ファミリー向けに整備されていて、独立したソリ専用ゲレンデがあったりする。リフトに乗れない子供の為に、ベルトコンベア式のスカイウォークもあって助かるし。ソリもレンタルでいくつか種類があり、大人でも楽しそう。

NEF

おかげですっかりスキーキャンプが楽しみなっている息子。ソリとは違うけどね、実際。続きを読む

簡単BBQ料理のジャークチキン

元です。

昨年「クリスマスは、暖炉のあるログハウスで過ごしたいよね」なんて会話がキャンプ仲間で盛り上がり、さっそく探して行ったのが修善寺の貸し別荘。いつものキャンプと違って、料理は持ち寄り、キッチンで料理をして振舞うルールにした。器にこだわったサングリアあり、チキンの丸焼きあり、一斗缶で登場する牡蠣あり、ジンジャーブレッドハウスありの楽しい夜。僕は、ワッキーさんに教えてもらった超簡単ジャークチキンを前日から仕込んで、当日は焼くだけ。

吹き抜けのログハウスは子どもにとってはツリーハウスのように楽しいらしく、ほっといても全く平気なんで、親たちも幸せ。 

NEF

ご近所岩見ファミリーが大きなキャリアで運んできたのは、華やかなカットのボウルとグラス。サングリアもこういう衣装を着せられて幸せそう。続きを読む

感動の結婚式とちびっ子紳士

元です。

友人よう君と景子ちゃんの結婚式で麻布十番へ。初めての子連れ結婚式だったが、うちのガキンチョは意外にも紳士で過ごしてくれた。いちごをもらいに各テーブルを回ったことを除いてはね。結婚式の参加者は、新郎新婦やそのご家族、友人たちが、みんなそろって人柄がいい。挨拶も、催し物も、ひとつひとつそのいい人柄が全面に出てくるもので、いちいち心があったまる。誰もが”こんな結婚式をしたい”と思えるだろう最高の式だったな、うん。

意地汚い僕としちゃあ、ラトゥールの70年代ビンテージが飲めたことも印象的だったのだが。

NEF
 
空も晴天の祝福。 続きを読む

美瑛に負けない豊洲の景色

元です。

“美しく、明朗で王者の如し”という意味から字を当てられた美瑛(びえい)。こちらの風景のスケールと美しさはまさに名前の通りだ。富良野や、旭川とセットで語られることが多いけど、実は美瑛メインで十分な町。景色以外にも食も充実してきている。ここ数年は食関連の雑誌でもこの土地の名前を見るようになった。地産地消レストランや、オーベルジュには最高の土地だしね。

出張だったのでここで食を楽しむことはできなかったけど、移動中の景色だけで十分楽しめた。

DSC_0414

空は広いし、緑の土地のゆるやかな曲線は心がなごむ。セブンスターの木や、ケンとメリーの木とかは、実物見てもピンとこないのだけどね。 続きを読む

GWキャンプ

元です。

GWは、3泊という比較的長めステイでのキャンプ。hirorentinaファミリーと、BBQ大学主席卒業ワッシー夫婦と、ご近所ファミリー、弟夫婦、ワッシー仕事仲間ファミリー、そしてYakiniquestのGypsyさんなど、大所帯。

食いしん坊の集まりなんで、いつも通り、食べて、飲んで、料理する、の繰り返しがベースなんだけど、3泊もあるしキッズも多いってことで、温泉や花火、オリエンテーリング、川遊び、スイカ割り、流し素麺、ピザ窯作りと盛りだくさん。あ、後半やっぱり食べ物だ。

DSC_1034

夜中にはオッサン達が集まって、花火でハート作るなんていう、お酒の入ったミョーなテンションもアウトドアならでは。今年入って一番記憶に残る、楽しい日々だったかも。続きを読む

手作り誕生日ケーキシリーズ

元です。

子供や友人の誕生日には自作ケーキを作る妻。今年の息子の誕生日には大好きなイチゴをたくさん使って、これまた大好きな車の形のケーキ。素朴だけど、子供はこういうの喜ぶんだなあ。

DSC_1443

子供の心をグッと掴んでた、妻よ頑張った。

続きを読む

ドラえもん水族館

元です。

ワッシー夫婦のお誘いがあり、子供も喜ぶかと八景島シーパラダイスの水族館に家族でお出かけ。白イルカや白クマやペンギンもいるし、ショーも見たのに、
子供が一番夢中だったのは、映画公開記念でプロモーションされているドラえもん水槽。ちなみに親が一番夢中だったのは、美味しそうなイワシ。

DSC_0251

プロモーションとしては上手なのだろうが、「またドラえもん見るー!」とダダをこねる様子を見ると、親としては微妙な気持ち。

続きを読む
しずる写真
食べログに参加してます
Blog内検索

しずる!検索 WWW検索
Twitter
問い合わせ
最近のコメント
しずる!人気レストラン
月別の記事
エリア・料理別記事
しずる!写真グルメガイドとは?

しずる【sizzle】とは、もともと英語で肉の焼ける「ジュージュー」という擬音語。「本能的に食欲をそそる、官能に訴える」という意味の言葉。

とにかく食べる事に貪欲な2人が、東京を中心にお勧めのレストランを、”本能を刺激する写真を通じて”紹介するガイドです。お店だけでなく、そのお店のオススメメニューを紹介。

【オススメ度】の目安

★★★★★ カテゴリーの最高峰で、他の追随を許さない店。最後の晩餐ならココ。
★★★★☆ 複数の観点で満足度が高く、通い続けたい愛すべき店。
★★★☆☆ 特徴が立っており、人に薦めたいと思う優良店。
★★☆☆☆ 基準となる可も無く不可も無い、多数派を占める店。
★☆☆☆☆ 存在意義を感じない店。

*文章・写真の無断転用を禁じます。使用したい場合はメールを下さい。
げんプロフィール
ランキングなど

食べログ グルメブログランキング

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログパーツ
  • ライブドアブログ