しずる!写真グルメガイド

オススメのレストランとメニューを写真で紹介する”本能直撃”グルメガイド。

恵比寿

恵比寿・カレー「吉柳(きりゅう)」3

【2010年10月再訪】

元です。

恵比寿の駒沢通り沿いという分かりやすい場所ながら、看板も見つけにくく、細い階段を上がったところにひっそりとある吉柳(きりゅう)。外観や内装からはなんのお店かわかりにくい和風のカウンターとお座敷のお店。カレーがメインのお店だが焼魚定食もあり、節操無くも見えなくないが、ここのカレーはスパイシーでなかなか美味しい。カレーのお米が、白米、麦、玄米、七穀から選べるのも特徴的。 

チキンカレー02
 
ランチで食べるカレーにはお味噌汁と食後にチャイが付く。チキンカレー(850円)をオーダー。続きを読む

恵比寿・中国料理「龍天門」3

 

【2010年5月再訪】

元です。

安定した質の高い中国料理と、圧倒的に優雅な空間と、ホテルらしい高いレベルのサービスで満足感の高い龍天門。年層の幅が広かったり子供がいる会食にはここの個室はいい選択肢で、我が家も父の還暦祝いとしてランチで利用。

NEF

子供の日に生まれた父は、既に還暦にもかかわらず、可愛らしいデザートで祝福される。 

 

続きを読む

恵比寿・イタリア料理「Ristorante Massa(マッサ)」3

【2009年12月再訪】

元です。

久しぶりのMassa(マッサ)で、優雅な生パスタランチ。生パスタを季節の素材と共に楽しむ時間。光が気持ちよくさす、ゆとりのある空間で。

DSC_1544

プリフィックス2,100円のランチだが、どうしても、+○○円のメニューへ目が向いてしまう。鱈の白子と葉にんにく、カラスミのパスタ。+500円。生パスタに変えて更に+500円。本能に刺激する白子やカラスミという文字にやられる。

続きを読む

恵比寿・和食「かどた」3

【2009年12月再訪】

元です。

恵比寿ランチで「魚食うぞ!」という時の定番「かどた」。カウンターとテーブル20席ほどの店に人がどんどん吸い込まれて、行列必至。駅の側でボリュームたっぷりの焼き魚のランチが食べられる。大根おろしがテーブルにどんと置かれているのも好み。脂の乗ってパリっと焼きあげた魚は、おろしもたっぷりで食べたいものだ。

R0022823

さわらの塩焼き(1,050円)。隣にタバコを置きたくなるボリューム感。

続きを読む

恵比寿・魚介「魚のほね」4

【2008年2月訪問】

元です。

すっかりアップしわすれて2年近く立っているが、記憶に残る美味しい魚介中心の和食のお店「魚のほね」。なぜアップし忘れてたのか、それはお店にカメラを忘れたことと関係あるのか。無いのか。上質な季節の魚をこれまた上質な料理や鍋で食べさせてくれるお店。美味しさ再確認に伺わなければいけないな。

R0015546

10席強の小さなお店の雰囲気もいいし、料理もいい。

続きを読む

恵比寿・モツ鍋「蟻月」5

【2009年9月再訪】

元です。

モツ鍋ブーム立役者の蟻月。ブームというと盛り上がって落ち着くもんだが、この店は相変わらずの盛況ぶり。年に1回は食べたくなるここ独特の強いにんにくと甘みの味わい。定番の赤、白、金、夏場の炎に加えて、銀(テールスープ)がラインナップに加わっている。バラエティーのある中では、比較的やさしめの味わいで、「蟻月ちょっと味きつすぎるの」って人にいいかも。

R0022316

とはいっても、にんにくの強さはすごい。スープより一歩前面に来てるかもね。

続きを読む

恵比寿・イタリア料理「フレーゴリ」3

【2007年12月再訪】

元です。

1年以上前の記録を載せ忘れ。イタリア料理をベースにして、男らしい肉料理を、これまたダンディな男性2人で供してくれるフレーゴリ(現在お一人は、しんへ)。カウンター6席とテーブル席12席の最近増えたこじんまりダイニング。ワインで楽しむ料理はそれぞれなかなか食べ応えがある。友人との気兼ねない飯にはぴったり。馬肉などを男らしくがっつり”居酒屋”として、というときはしんへ。同じかっつり感をイタリア料理ベース、というときはフレーゴリ。

071219フレーゴリ馬肉のカルパッチョヒレたてがみレバーバラタン

こちらの定番、馬肉のカルパッチョ。タンや、ヒレやタテガミやレバーなど。

続きを読む

恵比寿・フランス料理「ジョエル・ロブション」4

【2009年1月訪問】

元です。

タイユバンの頃、バブルの残り香がして、どうも足が伸びなかったが(お財布も届かなかったけど)、ジョエル・ロブションになって、4年くらい(?)経過。評判もいいということで、妻の誕生日に予約を入れる。

今の世間の不況感を一気に忘れさせてくれる、非日常の空間、サービス。お店にいる時間は、現実から気持ちをパツッと切り離してくれる隙のなさはさすが。料理も素晴らしい。柑橘やハーブ類を多く利用したり、エルブジ的技巧で味に広がりのある創作フレンチながら、フレンチらしく1皿ごとに味はしっかりしている。そして、美味礼讃に描かれたような、食べきれない量の料理の贅沢を目で楽しんでた時代を想像させるような贅沢感を、パンやプティフールのサービスでは感じれたりもしたり。

090117ロブション15プティフール

夜のコースは、22,500円と36,000円の2つ。カルトもあるけどお初なのでコースで。

続きを読む

恵比寿・中国料理「筑紫樓」3

【2008年9月再訪】

元です。

よく行く筑紫樓で、お昼をご馳走していただけることになりフカヒレ姿煮かけご飯を注文する。

080926筑紫楼フカヒレご飯

出てきた瞬間は茶色の液体が一面に広がっているので、通常のフカヒレ煮込みかけご飯との違いは分からない。レンゲですくってみると、あらわれたフカヒレさん。味が違うわけじゃないので、フカヒレの食感で贅沢感に浸る、というものかな。

続きを読む

恵比寿・焼肉「チャンピオン」4

【2008年8月再訪】

元です。

焼肉を寿司のコンセプトで供するチャンピオン。オープン3年のこの店の人気は未だ衰えないようだ。細分化された部位ごとの味の違いを、全般にかなり薄めに、しかしとても美しいカットで楽しむお店。機械でカットしたような薄切りの綺麗な肉は、カウンターを覗き込むと上手に手でさばかれている、扱いが丁寧。

カウンターの冷ケースには、お肉が部位ごとに寿司ネタばりに並べられ、メニューは木札でカウンターの上にずらっと並んでいる。

今回は、新店舗が出来たとのことで電話してみたが、いっぱいだったので本店の方に向かうことになった。

080822チャンピオンザブトン

見事なザブトン。こちらの肉は脂が特徴かもしれない。ライスを頼んで肉でパクパク食べる若者向きな感じは、芝浦にも似ているかもしれない。薄切りの肉は網に乗っけたあとボーっとしている暇はなく、食べごろに注視してないとすぐに焼きすぎてしまうから、談笑するときと焼くときを切り分けないといけないかもね。

ガスのロースターなんで、均質には焼けるけど、スモークされない分脂が前面に出てくるのは惜しい。脂の美味しい店こそ炭火なのかもしれない、と思う。

続きを読む
しずる写真
食べログに参加してます
Blog内検索

しずる!検索 WWW検索
Twitter
問い合わせ
最近のコメント
しずる!人気レストラン
月別の記事
エリア・料理別記事
しずる!写真グルメガイドとは?

しずる【sizzle】とは、もともと英語で肉の焼ける「ジュージュー」という擬音語。「本能的に食欲をそそる、官能に訴える」という意味の言葉。

とにかく食べる事に貪欲な2人が、東京を中心にお勧めのレストランを、”本能を刺激する写真を通じて”紹介するガイドです。お店だけでなく、そのお店のオススメメニューを紹介。

【オススメ度】の目安

★★★★★ カテゴリーの最高峰で、他の追随を許さない店。最後の晩餐ならココ。
★★★★☆ 複数の観点で満足度が高く、通い続けたい愛すべき店。
★★★☆☆ 特徴が立っており、人に薦めたいと思う優良店。
★★☆☆☆ 基準となる可も無く不可も無い、多数派を占める店。
★☆☆☆☆ 存在意義を感じない店。

*文章・写真の無断転用を禁じます。使用したい場合はメールを下さい。
げんプロフィール
ランキングなど

食べログ グルメブログランキング

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログパーツ
  • ライブドアブログ