しずる!写真グルメガイド

オススメのレストランとメニューを写真で紹介する”本能直撃”グルメガイド。

担々麺

高岳・担々麺「ダンダン亭」3

【2011年9月再訪】

元です。

”昼しか営業してない担々麺専門店”と聞いたら、行かなくてはと思う。単品の低単価料理で、昼しか営業しないことは、
商売の事を考えたら非常にハードルが高いはずだからだ。 連想するのは、商売抜きで、拘りを突き詰めている趣味人の姿。そして、味への期待。十数席のカウンターのみの店内はラーメン屋風。ランチ時は店内に行列ができていることも多い。

担々麺の種類は、 担々麺、正宗担々麺(汁なし)、香担々麺、花椒担々麺、麻辣麺の5種類。それぞれに白ごま、黒ごまを選べるので都合10種類となる。さらに辛さをいくつかの段階で選べるスタイルだ。中国山椒をはじめとして使う素材への拘りがあるようで、山椒の香りと風味がブワッと広がって、新鮮さを感じる。潰したての粒胡椒のフレッシュさという感じか。

DSC_6985

こちらは、花椒担々麺(白ごま)の中辛。甘めのやや和風な肉味噌やスープが美味しく、シャキシャキ食感の水菜もいいアクセント。 
続きを読む

【移転】赤坂・中国料理「中國名菜孫」3

 

【2009年4月再訪】

元です。

阿佐ヶ谷へ移転してしまった孫。ランチの上位に挙がる候補のお店だった上に、夜もよかったから非常に残念。さてどんな事情からなのだろうか?美味しかった夜のメニューを反芻してたら、阿佐ヶ谷にも行かなければと思う。メニューは、北京を中心としながらも、和の素材も取り込むヌーベルシノワ。厚みのある立派な器類も、中国よりも和の印象が強い。

R0019941

牛すね肉のグリーンソース。色がキレイな一皿。夜は全体に優しい味わいが多く、素材が立つタイプの料理が続く。

 

続きを読む

恵比寿・中国料理「龍天門」3

 

【2010年5月再訪】

元です。

安定した質の高い中国料理と、圧倒的に優雅な空間と、ホテルらしい高いレベルのサービスで満足感の高い龍天門。年層の幅が広かったり子供がいる会食にはここの個室はいい選択肢で、我が家も父の還暦祝いとしてランチで利用。

NEF

子供の日に生まれた父は、既に還暦にもかかわらず、可愛らしいデザートで祝福される。 

 

続きを読む

赤坂・担々麺「希須林」3

【2010年5月再訪】

元です。

写真は普通の担々麺そのものだが、実際は全く別物である冷やし担々麺。冷やし担々麺と聞くと恵比寿の龍天門が最初に思い浮かぶのだけど、希須林にもあったことを同僚が思い出させてくれた。スープも麺も、そしてもやしなどの具材も、キンキンにシャキシャキに冷やしてあるのが特徴的なこちらの冷やし担々麺は、夏場「担々麺は食べたいけど、その後はシャワー必要なほど汗だく」なんてことを避けたい時には、いい具合。

R0022980

もやしのシャキシャキ感や、麺のコシは、温かい担々麺以上に感じられて美味しい。

続きを読む

東日本橋・中国料理「虎穴(フーシュエ)」3

【2010年2月訪問】

元です。

日本橋近辺で担々麺がうまい店があるらしいとのことで、お昼に伺ったのは「虎穴(フーシュエ)」。モダンですっきりした造作の20席ほどのお店。お昼のメニューは、担々麺や汁なし担々麺、麻婆麺、ワンタン麺というシンプルなラインナップ。胡麻のコクやクリーミーさよりも、油に通された山椒や唐辛子、桜えびの香味が、全面に立つタイプで美味しい。シンプルに海苔で巻いただけのおにぎり(50円)も嬉しい。

DSC_1438

担々麺(800円)とおにぎり(50円)で相当にお腹いっぱい。大盛りが50円増し、というのもリーズナブル。

続きを読む

銀座・四川料理「桃花源」4

【2008年6月再訪】

元です。

両親との食事で桃花源へ。こちら、麻婆豆腐や担々麺、酸辛湯麺は食べてたけど、他の料理たちも美味しいね。ゴーヤの入った回鍋肉やチンジャオロースも美味い。

080601桃花源麻婆豆腐

やっぱりここでは外せない麻婆豆腐(四川風)。今日はいつもより余計に辛かった、うまいんだけどね。ラー油の仕込みで多少辛さが変わるようで。

続きを読む
しずる写真
食べログに参加してます
Blog内検索

しずる!検索 WWW検索
Twitter
問い合わせ
最近のコメント
しずる!人気レストラン
月別の記事
エリア・料理別記事
しずる!写真グルメガイドとは?

しずる【sizzle】とは、もともと英語で肉の焼ける「ジュージュー」という擬音語。「本能的に食欲をそそる、官能に訴える」という意味の言葉。

とにかく食べる事に貪欲な2人が、東京を中心にお勧めのレストランを、”本能を刺激する写真を通じて”紹介するガイドです。お店だけでなく、そのお店のオススメメニューを紹介。

【オススメ度】の目安

★★★★★ カテゴリーの最高峰で、他の追随を許さない店。最後の晩餐ならココ。
★★★★☆ 複数の観点で満足度が高く、通い続けたい愛すべき店。
★★★☆☆ 特徴が立っており、人に薦めたいと思う優良店。
★★☆☆☆ 基準となる可も無く不可も無い、多数派を占める店。
★☆☆☆☆ 存在意義を感じない店。

*文章・写真の無断転用を禁じます。使用したい場合はメールを下さい。
げんプロフィール
ランキングなど

食べログ グルメブログランキング

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログパーツ
  • ライブドアブログ