しずる!写真グルメガイド

オススメのレストランとメニューを写真で紹介する”本能直撃”グルメガイド。

新橋

新橋・割烹「ひろ作(ひろさく)」4

【2010年3月訪問】

元です。

とんでも無く素晴らしいランチはこの店をささずしてどこを、という「ひろ作(ひろさく)」。2,000円(現状は値上がり?)で7品出てくる上に、どれも丁寧に手をかけて出される。昼からお酒が欲しくなってしまうこと請け合いの上質ランチだ。締めの蕎麦も美味しく、この蕎麦だけでお店がひとつ成り立つかも、という具合だ。

せいろ01

席について、一皿食べるごとに顔がほころぶ。 続きを読む

新橋・焼肉居酒屋「和牛食堂 まるに」3

【2010年5月再訪】

元です。

立ち焼き屋としてカジュアルな業態の焼肉屋ながらその肉のクオリティが立ち焼きとは思えないレベルのまるに。ランチは500円というワンコインでリーズナブルに新橋ランチの一角を支えている。甘く煮込まれた牛トロ豆腐は、味の染みたスジ肉と豆腐と大根がごはんにピッタリ。

DSC_0375
 
しっかりパワーを充電できるランチ。 

続きを読む

新橋・蕎麦「辻」3

【2009年3月訪問】

元です。

新橋の外れにある本格蕎麦屋、辻。喉越しで風味を楽しむタイプの蕎麦も好きだが、噛み応えの中に感じる蕎麦の風味もまた好きだ。この店は後者の方。北海道や福島の蕎麦粉を使っている点は、他のこだわり蕎麦屋と大きく変わらないが、細めの麺としっかりの歯ごたえは一瞬の驚きがあり、その後美味しさを実感する。角の立つ蕎麦とでもいうのか。

090323辻せいろ

ざる(650円)。つゆのバランスもよい。薬味がねぎと大根おろし。山葵ではなく、この辛味のある大根おろしもなかなかよい。

続きを読む

新橋・ラーメン「八七三家」3

【2009年3月訪問】

元です。

ヒロキエさんのエントリーで気になっていた新橋オヤヂビルの家系ラーメン八七三家。稲庭うどんの七蔵も入っているこのビルは魅力的なお店がたくさん。都内では、満足いく家系ラーメン店が少ない僕にとっては貴重。14〜18時は、八七三盛り(のり増量、ほうれん草、たまご、チャーシュー増量)が、サービスになってお得。

090311八七三家ラーメン

並(650円)を麺固めで。若干スープの匂いは気になったけど、いわゆる家系の美味しいラーメン。追加調味料は生姜がベスト。

続きを読む

新橋・うどん「七蔵」3

【2008年12月訪問】

元です。

今は太くてコシが強くて、しっかりした讃岐うどんが主流かもしれないけど、つるつるするすると喉越しがよくて味の絡みもいい稲庭うどんも僕は結構好き。サラリーマンの街新橋らしい、大人の給食的うどん店的、人気稲庭うどんの店七蔵はその稲庭うどんの店。うどんは、700円から、ミニどんぶりセットが1,000円から。

081224七蔵

これでも稲庭うどん小。給食的お盆に載せられる。まずは食券を買って、ピンクや青の札をカウンターで渡す。混雑時は席も指定されて、お盆に載ったうどんがやってくる。

続きを読む

新橋・牛かつ「おか田」3

【2008年3月再訪】

元です。

サラリーマンの街を象徴するニュー新橋ビルの地下、カウンターとテーブルで15席ほどの激狭スペースで食べる牛かつファーストフード、おか田。その雰囲気からは信じられないほど品のいい、レアのロースかつが美味い。ランチ時は常に行列。カツとはいえ「30秒で揚ります」というかけ看板と、出入りの激しさからファーストフードとして活用されている。

080312おか田ロースカツ.jpg

ロースカツ定食(1,200円)とロースカツ丼(1,100円)がある。最近は、前者を頼むことが多い。

キメ細かいサクサクの衣の中に完全にレアのロース。ソースがベースのオリジナルソースと、わさび醤油のいずれかで食べ進む。

続きを読む

新橋・イタリア料理「Fermo!」3

元です。

新橋のガード下イタリアン、Fermo!へ。ガード下なんで、時々ゴーという電車の音が響いてくるが、それが気にならないカジュアルな雰囲気と美味しい料理。特に、フィレンツェ風ステーキが絶品で、これを食べにまた来たい。

070117fermoカウンター

店内はテーブル席だけでなくカウンターもあり、そこに通される。奥行きがたっぷりあって、カウンターにもかかわらず、テーブルよりもスペースがゆったりとしている。カウンターには、小さなテレビ画面が埋め込まれており、待ち合わせや一人客にもいいのでは。

続きを読む
しずる写真
食べログに参加してます
Blog内検索

しずる!検索 WWW検索
Twitter
問い合わせ
最近のコメント
しずる!人気レストラン
月別の記事
エリア・料理別記事
しずる!写真グルメガイドとは?

しずる【sizzle】とは、もともと英語で肉の焼ける「ジュージュー」という擬音語。「本能的に食欲をそそる、官能に訴える」という意味の言葉。

とにかく食べる事に貪欲な2人が、東京を中心にお勧めのレストランを、”本能を刺激する写真を通じて”紹介するガイドです。お店だけでなく、そのお店のオススメメニューを紹介。

【オススメ度】の目安

★★★★★ カテゴリーの最高峰で、他の追随を許さない店。最後の晩餐ならココ。
★★★★☆ 複数の観点で満足度が高く、通い続けたい愛すべき店。
★★★☆☆ 特徴が立っており、人に薦めたいと思う優良店。
★★☆☆☆ 基準となる可も無く不可も無い、多数派を占める店。
★☆☆☆☆ 存在意義を感じない店。

*文章・写真の無断転用を禁じます。使用したい場合はメールを下さい。
げんプロフィール
ランキングなど

食べログ グルメブログランキング

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログパーツ
  • ライブドアブログ