しずる!写真グルメガイド

オススメのレストランとメニューを写真で紹介する”本能直撃”グルメガイド。

映画

グストーで供されるレミーのラタトゥーユ

元です。

今更ながら見たら面白かった「レミーのおいしいレストラン」。「あの中で出てくるラタトゥーユが食べたい!」と思ったら、ねずみ年生まれの石鍋祐シェフが監修しており、レシピも公開されているので、メモと。意外にもレシピはシンプルだ。

食べ物と映画

元です。

生活の変化で最近見に行かなくなった映画。大学生時代はよく見に行ったものだ。”単館系が好き”なんていうのが、ちょっとかっこよく思えたころ。ところで、映画の中の食べ物って結構印象に残ったりする。僕の場合はツインピークスでカイル・マクラクランがよく食べていたチェリーパイ。普段甘いものは食べないのに、どうも美味しそうに感じてしまったり。ETの宅配ピザは、まだ日本に宅配ピザが普及する前で、”すごく美味しそうに感じた”という話も聞く。

そんなこと思ったら食べ物がらみの映画を見たくなったぞと。レストランや食べ物が、大きな役割を果たした、あるいは印象的だった映画をメモ。他にもいっぱいあるかも。(教えて下さい)

  • UDON
  • レミーのおいしいレストラン
  • 星降る夜のリストランテ
  • リストランテの夜
  • パリのレストラン
  • フライドグリーントマト
  • 幸せのレシピ
  • チャーリーとチョコレート工場
  • ウェイトレスおいしい人生のつくりかた
  • かもめ食堂
  • チョコレート
  • いのちの食べ方
  • スーパーサイズミー
  • ディナーラッシュ
  • コックと泥棒、その妻と愛人
  • リストランテの夜
  • バベットの晩餐会
  • たんぽぽ

見てないもの結構あるな、よし見るぞ。

映画「いかレスラー」「えびボクサー」

050626いかレスラー.jpg050626えびボクサー.jpg

「いかレスラー」は邦画、「えびボクサー」は洋画。

下らない、本当にくだらないけど、嫌いじゃない。中身よりもこういう映画を作ろうと思ってちゃんと作り上げて公開するって行動が、好きだ。

続きを読む

映画「ディープブルー」

050627ディープブルー.JPG

以前、渋谷のバー「Tight」で、BGVとして流れていた映画ディープブルーが気になっていたので、レンタルして見た。お酒が入って深夜に見始めたので、環境ビデオ的な内容だったとしたら、即寝てしまうなあと思っていた。

が、全然凝視。

続きを読む

映画「インファナルアフェア掘弖羣遏

infernal affairs.JPG

(ネタバレなしです)
インファナルアフェア靴鮓た。気鬟蹇璽疋轡隋爾埜たときに衝撃を受けた作品。兇DVDで最近見た。

続きを読む

「白い巨塔」ドラマでなく映画を見る

白い巨塔

映画「白い巨塔」を見た。ドラマでなく映画。1966年の映画、白黒。この映画を皮切りにドラマ化、そして最近ドラマでリメイクとなったようだ。 原作の山崎豊子の作品は、航空会社の会社内の利権を取り巻くスキャンダルを描いた「沈まぬ太陽」を読んで、社会の隠れた闇を炙り出して世の中に衝撃を与える人なんだという印象を持っていた。

続きを読む

映画「ヴィレッジ」はシャラマン第3位

041010ヴィレッジ

映画「ヴィレッジ」を見た。 M・ナイト・シャラマン監督の「シックスセンス」「アンブレイカブル」「サイン」に続く監督第4作目。

続きを読む

映画「半落ち」で感動しきれず

041014半落ち

芸術の秋なので、映画について。 「半落ち」を見た。

寺尾聡主演で、横山秀夫原作のミステリーが原作の映画。妻殺しで捕まった元刑事が殺害を認めて自首するも、殺害後2日間の空白について口をつぐんだその謎に迫るというストーリー。 感動の映画だが、「人を想うこと、人の苦しみを考えること」というテーマの大きさに、劇中で繰り広げられる、検察と警察の裏取引、記者が悩む不倫、弁護士の出世欲といったことがちーさくちーさく感じさせる。物事の本質を常に見つめることの大切さに、判事、弁護士、検事、記者すべてが立場を超えて気づく話がいい。

続きを読む
しずる写真
食べログに参加してます
Blog内検索

しずる!検索 WWW検索
Twitter
問い合わせ
最近のコメント
しずる!人気レストラン
月別の記事
エリア・料理別記事
しずる!写真グルメガイドとは?

しずる【sizzle】とは、もともと英語で肉の焼ける「ジュージュー」という擬音語。「本能的に食欲をそそる、官能に訴える」という意味の言葉。

とにかく食べる事に貪欲な2人が、東京を中心にお勧めのレストランを、”本能を刺激する写真を通じて”紹介するガイドです。お店だけでなく、そのお店のオススメメニューを紹介。

【オススメ度】の目安

★★★★★ カテゴリーの最高峰で、他の追随を許さない店。最後の晩餐ならココ。
★★★★☆ 複数の観点で満足度が高く、通い続けたい愛すべき店。
★★★☆☆ 特徴が立っており、人に薦めたいと思う優良店。
★★☆☆☆ 基準となる可も無く不可も無い、多数派を占める店。
★☆☆☆☆ 存在意義を感じない店。

*文章・写真の無断転用を禁じます。使用したい場合はメールを下さい。
げんプロフィール
ランキングなど

食べログ グルメブログランキング

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログパーツ
  • ライブドアブログ