しずる!写真グルメガイド

オススメのレストランとメニューを写真で紹介する”本能直撃”グルメガイド。

石垣

石垣の黒紫米

元です。

石垣では八重山そばも結構食べたのだが、それよりも印象的だったのはお米。何度か食べる機会があった黒紫米は、そのしっかりした歯ごたえと、黒米の穀物らしい豊かな風味が、石垣島の素朴な空気と相まって実にウマイ。

DSC_0520

民宿で出たご飯。しかし、お土産用のお米はなかなかいい値段だが、こちらの人は普通に食べるのか?

続きを読む

ミニチュアシリーズ02 石垣編

元です。

ミニチュア風に見える原理を考えると、彩度を上げたほうがいいようだ。模型の色は実際より鮮やかだから。

DSC_1167-tiltshift

石垣の川平湾の風景。うちの子はグラスボートの海の中より、浜辺にたくさんいる猫と遊んでる方が楽しいみたい。

続きを読む

生のニモ

元です。

石垣は白保のシュノーケリングでは、ホテルがハウジングされたカメラを貸してくれた。そのカメラってのが、あの懐かしのレンズ付きフィルム。「カチッ」っと撮って、「カリカリッ」と巻くアレ。とはいっても、子供の不安そうな顔や、それでも本物の”ニモ”を見て喜んでる顔を焼き付けられて、シュノーケリングそのものと同じくらい、写真が楽しい。

FL000020

ブカブカのウェットスーツの裾をぐいーっと折り返して着て、浮き輪に乗って、なんて名前かわからないけど、桶の底が透明になってる海女さんが使う道具でサンゴや色とりどりの魚を見せると、最初ビビッて不安げな顔も徐々に崩れていく。

続きを読む

石垣&西表ステイの魅力

元です。

今回の休暇旅行のステイは、西表ではローカルのペンション、石垣ではリゾートホテルを選んだ。子連れなんで、滞在型でホテル完結するリゾートホテルというチョイスだったんだが、ホテルのホスピタリティや、ツアーのアレンジの手際などが温かくスマートで、とてもよかった。

軽井沢倶楽部のステイは、建物こそ古いホテルのリフォームだが、清潔で気持ちのよい時間。なぜ軽井沢?という疑問はさておき。

IMG_0060

*iphone auto stitch

部屋のテラスからは、庭とプール、その向こうには宮良湾とインターコンチを望むロケーション。

続きを読む

石垣・食堂「辺銀食堂」3

【2009年10月訪問】

元です。

石垣も西表も外食に恵まれている場所ではないと思うが、印象的な美味しいお店もあるものだ。2年ほど前に弟のお土産で頂いてから、そのウマさにハマり、在庫を見つけると買い、北海道への旅行でさえ沖縄アンテナショップに立ち寄り、なんとか手に入れ続けてきた、石垣島ラー油。このラー油を出している辺銀食堂も、今回是非とも来たかったお店。

朝の9時からラー油の販売のみスタートするのだが、観光客も地元民も入り混じって行列が出来ている。これが毎日の風景だとしたら、以前より更に人気は過熱しているようだ。

食事は、あくまで食堂としてではあるが、満足できる、楽しい料理が続く。沖縄の野菜の食感が新鮮だったり、カラフルな餃子が楽しかったり。お店の佇まいも、石垣の中にあっては、素朴だがセンスを感じる。テーブルには、ラー油や黄色いにんにく油がおいてあり、自由に食事をアレンジできるようになっている。

DSC_1472

ちなみに夜のコースを予約したら、石垣島ラー油も購入できた。

続きを読む

エメラルドグリーンの旅

元です。

石垣旅行は、エメラルドグリーンの海にまずはハッとする。こんな海のあるところで育った子供と東京で育った子供が、海を書くときに持つクレヨンの色は違うよなあと。

DSC_0067

エメラルドグリーンにやたらと囲まれる旅となったのは、海だけじゃなく・・・。

続きを読む

石垣・焼肉「やまもと」3

【2009年10月訪問】

元です。

さて、石垣でもっとも有名な焼肉屋、いや飲食店であろう「やまもと」。もちろん行かないはずがない。しかも2回も行ってしまった。片方は誕生日ディナーで妻の招待。塩の強い使い方が、肉の味をぐっと引き出すところが特徴的なお店。タレもなかなか。脂も強いので、レモンで洗うか、山葵たっぷりの山葵醤油がオススメ。フリの客が次々と断られていたので予約必須。

DSC_1690

注文後、ザザッと皿が並んでいく。周りを見ていると、だいたい1時間で回転していくテンポのよいお店だ。

続きを読む

竹富島汗だくウォーク

元です。

さて、今回の石垣休暇。西表と石垣をベースにして、離島ホッピングやシュノーケリング、ドライブなんかを楽しんだのだけど、全体に余裕のある毎日だったんで、竹富島は歩いて周ったりしてみた。ほぼ平屋で、肩丈の石垣の囲いでできている小さな島はちょっとガリバー気分の味わえる、だけど心落ち着く風景。

DSC_1574-tiltshift

”信号の青”の色した美しい海ももちろん素晴らしいけど、白砂の砂利道歩きが特にいい。10月とはいえ、汗だくですが。一周するなら、自転車借りるべきだった・・・。突然のスコールに民家の軒先で雨宿りする時間も、なんだか気分がいい休暇の時間になるから、いいとこだ。

続きを読む

石垣・ステーキ「パポイヤ」3

【2009年10月訪問】

元です。

*一眼レフ入手記念で、写真を大きくすることにしました。

遅い夏休みで、台風シーズンも過ぎた八重山諸島でのんびり。リゾート型ステイで食事も満喫。Yakiniquestメンバーより紹介していただいたステーキのお店パポイヤへ。石垣では背の高いビルの8階から、石垣港を見下ろしながら食事ができるお店。石垣牛のステーキや、事前予約で食べることができるハンバーグがウマイ。名だたるブランド牛のルーツとされる石垣牛は、その質も間違いないと、何軒かの石垣牛を食べて確認。

DSC_1318

ハンバーグ(3,200円)は、細かめにたたいてあるふっくらやわらかくジューシーなタイプ。おろし醤油で食べるということもあるが、肉質がいいためか、食べ進めても重たくならなず、爽やか。

続きを読む
しずる写真
食べログに参加してます
Blog内検索

しずる!検索 WWW検索
Twitter
問い合わせ
最近のコメント
しずる!人気レストラン
月別の記事
エリア・料理別記事
しずる!写真グルメガイドとは?

しずる【sizzle】とは、もともと英語で肉の焼ける「ジュージュー」という擬音語。「本能的に食欲をそそる、官能に訴える」という意味の言葉。

とにかく食べる事に貪欲な2人が、東京を中心にお勧めのレストランを、”本能を刺激する写真を通じて”紹介するガイドです。お店だけでなく、そのお店のオススメメニューを紹介。

【オススメ度】の目安

★★★★★ カテゴリーの最高峰で、他の追随を許さない店。最後の晩餐ならココ。
★★★★☆ 複数の観点で満足度が高く、通い続けたい愛すべき店。
★★★☆☆ 特徴が立っており、人に薦めたいと思う優良店。
★★☆☆☆ 基準となる可も無く不可も無い、多数派を占める店。
★☆☆☆☆ 存在意義を感じない店。

*文章・写真の無断転用を禁じます。使用したい場合はメールを下さい。
げんプロフィール
ランキングなど

食べログ グルメブログランキング

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログパーツ
  • ライブドアブログ