しずる!写真グルメガイド

オススメのレストランとメニューを写真で紹介する”本能直撃”グルメガイド。

神田

神田・ラーメン「わいず」

【2010年6月訪問】

元です。

家系好きの友人にオススメされて訪問した神田の家系ラーメン「わいず」。家系の典型で、濃厚でとろみもしっかりしてるが、臭みが少なく、まろやかなスープが美味しい。生姜が置いてなかったのは残念。黒七味が置いてあったり、「レモンを途中から絞って」などの張り紙がある辺り、つけ麺に関してはつじた風。関連があるのか?

DSC_0014

僕の家系注文パターンに沿って、海苔増し、麺固め(800円)。続きを読む

神田・うなぎ「満寿家(ますや)」4

【2009年10月訪問】

元です。

神田に座する渋い鰻店(昼)。より香ばしいのが好みだけど、太い鰻に最適なふっくら度合い。お店の佇まいもとってもいい。L字のカウンターで、よく手入れされている。老舗感たっぷり。

R0022561

うな重(2,100円)。鰻はその太さによって最適な加減があるのかも知れない。太めならふっくら。細めなら香ばしく。その加減がいい。

続きを読む

神田・つけ麺「めん徳二代目つじ田」3

【2009年9月再訪】

元です。

濃厚コクスープと食べ応え太麺と、酢橘の爽やかさがいい感じのめん徳二代目つじ田。「3分の1を食べたら酢橘を搾り、また3分の1を食べたら黒胡椒をかけるとよい」というディレクション。

R0022390

お腹いっぱいです。

続きを読む

神田・牛タン「やまし田」3

【2008年2月訪問】

元です。

豚ロース専門店や、鳥レバー専門店というお店は聴いた事がないけど、”牛タン”専門店というのは成立している。特定の肉の、特定の部位のみで、お店が成立するってのはこれはすごいことなんじゃないかと、改めて思う。牛タンという部位の魅力が1つのお店を成立させるだけの強さを持っているってことだから。そんな事を思ってしまうような、牛タンの魅力を広く楽しませてくれるお店に連れて行っていただいた。

場所は神田。長くやっているお店らしく、品がいいわけでも、綺麗なわけでもないけど、なんだか年季の入った艶みたいなものが出ているお店「やまし田」。たんや又兵衛のような高級店でもなく、太助のように定食屋でもない、リーズナブルに色々なタンの料理、味わいを楽しめる。周りのお客も古い客らしき、根の張り方をしている方々多し。

こちらの常連の先輩が、次々と注文をしてくれるので流れに任せるのみ。暗い店内で写真はブレブレ。

080228やまし田焼きタン

まずは、焼きタン。いわゆる牛タン定食で出てくる焼いたタン。これまた定番のキャベツと一緒に出てくる。ノーマルなタンをスタートにこっから段々ディープになっていく。

続きを読む
しずる写真
食べログに参加してます
Blog内検索

しずる!検索 WWW検索
Twitter
問い合わせ
最近のコメント
しずる!人気レストラン
月別の記事
エリア・料理別記事
しずる!写真グルメガイドとは?

しずる【sizzle】とは、もともと英語で肉の焼ける「ジュージュー」という擬音語。「本能的に食欲をそそる、官能に訴える」という意味の言葉。

とにかく食べる事に貪欲な2人が、東京を中心にお勧めのレストランを、”本能を刺激する写真を通じて”紹介するガイドです。お店だけでなく、そのお店のオススメメニューを紹介。

【オススメ度】の目安

★★★★★ カテゴリーの最高峰で、他の追随を許さない店。最後の晩餐ならココ。
★★★★☆ 複数の観点で満足度が高く、通い続けたい愛すべき店。
★★★☆☆ 特徴が立っており、人に薦めたいと思う優良店。
★★☆☆☆ 基準となる可も無く不可も無い、多数派を占める店。
★☆☆☆☆ 存在意義を感じない店。

*文章・写真の無断転用を禁じます。使用したい場合はメールを下さい。
げんプロフィール
ランキングなど

食べログ グルメブログランキング

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログパーツ
  • ライブドアブログ