しずる!写真グルメガイド

オススメのレストランとメニューを写真で紹介する”本能直撃”グルメガイド。

銀座

銀座・ステーキ「加藤牛肉店」3

【2010年7月訪問】

元です。

西にくいしんぼー山中があるなら、 東に加藤牛肉店あり、ということかも知れない。山形の雌牛にこだわった、ステーキを中心として肉コースを展開しているレストラン。フライパンを使い、多めの油で周りをカリッと、中をジューシーに焼き上げる、香りのいい確かな美味しさのステーキがいただける。質のいい肉を、食感のギャップを上手に作って食べさせるタイプのお店。複数人でコースを注文すれば、メインのステーキで選べる部位を複数ミックスすることもできて、楽しさが広がる。また”牛肉店”というだけあってステーキだけにとどまらない。前菜のハムやハンバーグ、締めのお茶漬けやカレーまで、肉を美味しく食べる料理達が続くのだ。

DSC_0418

ステーキで選べたのは、サーロイン、イチボ、ランプ。遅れて合流した友人のシャトーブリアンも美味しそうだった。 続きを読む

銀座・割烹「明日葉(あしたば)」

【2010年7月再訪】

元です。

銀座の和食ランチとしては破格のコストパーの明日葉。ここの大きな鯛の兜煮定食800円は、味も量も満足度が高い。やや甘めの味付けはご飯のおかずとしてぴったりだし、大ぶりの身はふっくらとしてかつ食べやすい。常連になると頼める「おまかせ」は、ランチメニューを組み合わせて提供してくれて、これまた幸せな気分で、午後を迎えられる。

場所は銀座1丁目の岩戸が入っているのビルの3階。カウンターとテーブルをあわせて10数席の小箱。関西出身の一見気難しそうなご主人がカウンターを仕切る。「ぶっきらぼうだが、内側に入るとすごく気さくないい人」と知り合いの談。

DSC_0752

鯛のかぶと煮の大きさに驚くが、大きさだけでなく味もいい。味がよく染みた身も、目の周りのゼラチンもごく美味しい。そしてこれにあわせるご飯も美味しいからいうことない。ダイエット中には避けた方がいいお店なのかも(^_^;)。 続きを読む

銀座の地下で、カレーうどん祭り

元です。

銀座ベルビア館の地下で、カレーうどん誕生100周年の今年6月2日〜1ヶ月限定のイベント、カレーうどん革新ラボ が始まった。デリーのキーマカレーがのったカレーうどんやら、鰹だし香る和風のカレーうどん、カレーつけ麺うどん、カツカレーうどんなど、常時16種類以上のカレーうどんが楽しめるイベントだ。

カレーうどんの強敵「カレーの飛び跳ね」から洋服を守る完全防護服も用意されており、カレーをほとばしらせながら集中して楽しむこともできる。ルックスは完全に罰ゲームだけど。

DSC_0402

ご一緒した方々はこちら。

みんなで、ワイワイとカレーうどんを食べ分ける。 続きを読む

銀座・ちゃんこ鍋「佐賀昇(さがのぼり)」

【2010年2月再訪】

元です。

大勢の宴会で使い勝手がよく、そして塩ちゃんこの味がグッドな佐賀昇。塩味の強い柚子胡椒やうどんも特徴があって魅力的。地方から親戚が集まる宴席の店をということなのだが、小さい子供もいるので座敷は必、集合できる時間もばらつきがある、しかし何より東京らしいものを食べさせたい、という条件で選んだのがこちら。

金田中の隣という、新橋の料亭街の中のお店だが、いたってカジュアル、ワイガヤに向いた個室が充実している。

DSC_1248

小さい子供も安心して食べさせられる素材ばっかりだが、この出汁が優しく穏やかに体に染み込む美味しさ。

続きを読む

銀座・大衆食堂「三州屋」3

【2010年2月再訪】

元です。

銀座の貴重な文化財とも言える大衆食堂「三州屋」。一冬に一度はこちらでカキフライを食べねばと思う店。銀座周辺にいるときに、コアタイムに食べ損なったランチ店としても、遅めの営業をしているこちらは貴重。

カウンターに座って、「カキフライ」を注文し、おびただしい数のメニューを見回して「次回はあれもいいな」と思うのだが、結局冬場はカキフライに落ち着くのが毎度のこと。久しぶりに「鶏豆腐」も追加してみる。

R0022920

無愛想に盛られたカキフライだが、ボリュームも衣のサックリ感も、噛んだ後に広がるジュワーっとした牡蠣の豊かな風味も、すべて完璧ですな。

続きを読む

銀座・割烹「唐井筒」3

【2009年11月再訪】

元です。

数年前に先輩に連れてこられてから、こちらのランチで食べる鰈の揚げおろし(1,100円)を時々思い出して食べたくなる唐井筒。名前通り鰈を揚げて、大根おろしと、ひたひたにかけられた、しっかり味の天つゆ出汁で食べる。揚げたてでしっかり火の通った鰈は、身がホクホクでウマイのはもちろん、ヒレが煎餅のようにサクサクと美味しい。ヒレまで美味しい鰈のランチとなるのだ。

R0022803

サクっ、ジュワーがたまりません。

続きを読む

銀座・フランス料理「le 6eme sens d'oenon(ル・シズィエム・サンス・ドゥ・オエノン カフェ・バー)」3

【2009年11月訪問】

元です。

店名を見た瞬間、覚えるのを諦めたくなる気持ちを乗り越えてお店に行くと、コリドー街に面した大きなガラス張りの窓とオレンジの椅子が鮮やかに目に飛び込んでくる。3年連続で星を維持しているダイニングは、カフェとはまた違う暖炉のある落ち着きを持っているようだが、カフェのランチもそのコストパーが抜群。

DSC_0143

ランチは1,500円〜だが、気持ちのよい、美味しいランチ時間を銀座で、という日にはいいお店だ。

続きを読む

銀座・牡蠣「楸(ひさぎ)」

【2009年10月訪問】

元です。

牡蠣のお店のようだが、ランチのカレーが有名な、銀座ランチの店、楸(ひさぎ)。10席程度の小さなこじんまりしたカウンター店で、ボリュームたっぷりの、満足行くステーキカレーが食べられる。ステーキもカレーも美味しく欲張りさんにぴったり。かつ、1,100円とリーズナブル。牡蠣も乗ってるし、サラダとデザート付き。

R0022522

こちらは、ステーキ2倍のWステーキカレー(1,700円)。黒くて香ばしい深いカレーと、シンプルな塩胡椒のももステーキ。ソテーした牡蠣も乗る。午後からのパワーになる。

続きを読む

銀座・中国料理「全聚徳」3

【2009年10月訪問】

元です。

子連れ銀座ランチで重宝する全聚徳。ゆったりとした席で、ちゃんとしたサービスで食べられる中国料理。北京ダックがウリとのこと。

R0022588

ランチは、北京ダックのあんかけご飯(1,180円)がある。北京ダックの皮というより、身の部分がころっと入っている。やさしい味わいで美味。

続きを読む

銀座・割烹「金田中 庵」4

【2007年7月訪問】

元です。

最近通い始めたビクラム前のランチをどこにしようかと思い、気になっていた金田中の庵へ。金田中の質の高い料理を気軽なカウンターに持ち込んだスタイルのお店。土曜日の昼は、空いていて、ゆったり。

R0021416

夫婦2人の時間を楽しむのにちょうどいいカウンターと20席強の箱。ランチは3,000円足らずで楽しめる。鯛のあら炊きも、鯛茶漬けも、丸玉地ご飯とすっぽん大根鍋も、どれも気になるけど、「名物」と説明されて決めたのは三色半の東丼。

続きを読む
しずる写真
食べログに参加してます
Blog内検索

しずる!検索 WWW検索
Twitter
問い合わせ
最近のコメント
しずる!人気レストラン
月別の記事
エリア・料理別記事
しずる!写真グルメガイドとは?

しずる【sizzle】とは、もともと英語で肉の焼ける「ジュージュー」という擬音語。「本能的に食欲をそそる、官能に訴える」という意味の言葉。

とにかく食べる事に貪欲な2人が、東京を中心にお勧めのレストランを、”本能を刺激する写真を通じて”紹介するガイドです。お店だけでなく、そのお店のオススメメニューを紹介。

【オススメ度】の目安

★★★★★ カテゴリーの最高峰で、他の追随を許さない店。最後の晩餐ならココ。
★★★★☆ 複数の観点で満足度が高く、通い続けたい愛すべき店。
★★★☆☆ 特徴が立っており、人に薦めたいと思う優良店。
★★☆☆☆ 基準となる可も無く不可も無い、多数派を占める店。
★☆☆☆☆ 存在意義を感じない店。

*文章・写真の無断転用を禁じます。使用したい場合はメールを下さい。
げんプロフィール
ランキングなど

食べログ グルメブログランキング

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログパーツ
  • ライブドアブログ